2014年へのごあいさつにかえて。

1日1クリックの応援、本当にありがとうございます。来年もまたよろしくお願いいたします。

みなさん、今年もまもなく過ぎ去ろうとしています。

AZU WORLDをお読みくださったみなさん、また、ブログランキングへのクリックで応援くださったみなさん、自分以外の人にもこのブログが読まれることをご自身の事のように喜んでくださった方々、そして、私のセッションをお選びくださり、お手伝いをさせてくださったみなさま、本当にありがとうございました。琉球の島に根をおろし、導かれるように今日まで毎旬を踏みしめて生きて来られたことに、本当に感謝しています。少し早いですが、来年もどうかよろしくお願いお願いいたします。

ごく私的に今年を振り返らせていただくなら、今年は父との別れというイベントにつきます。今年は自分の干支である午年でもあり、48歳の誕生日に父の葬儀を行うという、一生に一度の体験をしました。父と私の関係はとても濃密な付き合いだったと、振り返ることができます。父との関係を癒やし、浄化し続けることが私の人生を形造ったといって過言ではないでしょう。父との生前の関係を終えて、私は父との関係の完全な修復と癒やしと浄化に成功したのだということがわかりました。私の中に、父への完全な愛があるという結論がはっきりと認識できました。一点の曇りなく、私は父を愛し、また父からの愛を、一滴残らず受け取ることができたと思います。父がなくなって私を取り囲む父の記憶は、まさに溺愛されているという感覚でしかありません。これは、自分の人生を客観的に、思考レベルで観察するならあり得ないことではないかと思います。しかしこれが現実でした。

父と別れて感じたのは、ただ、もっと一緒にいたかった、もっと話したかった、とても寂しい、悲しい、という思いです。そんな、まるでただただ円満な父子のような思いを自分が体験することになるとは、自分の人生の大部分で想像もできないことでした。でもそうなりました。
これはひょっとして私が自己意識の、インナーチャイルドの癒やしに完全に成功したということなのだ、と気づいたのはしばらく経ってからのことです。

もしかしたら読者の方の多くは、私が死を達観していて、父との別れなど幻想なのだから、少し風が吹いたくらいの感覚で通りすぎているのでは、とお感じかもしれない、と思ったりもします。しかし結論からすると、親密な者との死という別れは肉体レベルの幻想だとしても、それは純粋な悲しみを伴います。パラマハンサ・ヨガナンダジは、母との別れも、そして師であるスリ・ユクテスワジとの別れも大いに悲しみ悲嘆にくれ、そして瞑想を通して師と再会したとき、師の足にしがみついてはなさなかったと言います。私はそのヨガナンダジの姿を思い浮かべては自分を励ましました。そして、癒されることにも癒やされないことにもどちらにも良い点と良くない点があるものだ、と思いました。つまり体験はいかなるものも等価だという意味です。

これは、あるお客さまが教えてくれたのですが、おばあさまの死の直前になって、なぜか二人の関係性が非常に悪くなって、心が通じなくなったとのことなのです。そしてほどなくおばあさまは他界されました。その頃はあまりにひどいことばかりされたもので、別れもそれほど堪えなかったということなのです。もし、そういうことがなかったら、耐えられないほど辛かったでしょう、それほど祖母を慕っていましたから、と。

私にとってはとても強いメッセージでした。学びをしたからといって、人間の感情の体験が薄れるものではありません。当然のことですが、感情の中に愛情があり、愛情の更に奥に、真に出会うべき愛を私たちは心の中に秘めています。私たちは体験によって学ぶために地上へやってきています。どう体験するかはある程度選ぶことができます。現実を変えることが可能です。ですが、必要なことを体験しないという選択はありません。いずれにしろ、それは起こるのです。

父との体験は、これ以上ないほど、見事に、芸術的に、この地上での体験すべきことを私に見せ、私を巻き込んでくれました。そのすべてが父から私に存在を通して与えてくれた愛だというふうにしか、今の私には感じることができません。

今はまだ、じっくりとその私の体験から来るエッセンスを飲み込み吸収している時期かもしれません。日々、その体験を与えられ、与えられたものを受け取っています。

これを実りと言わずなんと呼べばいいのかわかりません。私は父の死に対し、それで良かった、とかなんとかはまったく思っていません。父の人生もこれで良かったとも、良かったのか、とも思いません。しかし、そこから受け取り得られるものはすべて自分のものにしたいとは思っています。

みなさんにもどうか実りのある今が毎旬訪れますように。
またこれからもよろしくお願いいたします。

感謝とともに
AZU

新年によせて。

平成26年、2014年、あけましておめでとうございます。沖縄はお正月、素晴らしいお天気に恵まれました。渡沖からあと6日でまる5年になります。なかなか沖縄ビギナーの気持ちが抜けませんが(それほどに奥が深く学ぶことが多いから)少しずつうちなーのちむぐくるに寄り添えるようになっているのも感じるこの頃です。主人とともに、沖縄へ来てくれてありがとう、と言っていただけることに深い感謝を感じます。本当に、来てよかった。ありがとう、沖縄とうちなーんちゅのみなさん。

知念具志堅に住んで初めてのお正月です。除夜の鐘は聞こえなかったけれど、花火の音で新年を知りました。あれは糸満の観光農園だったのでしょうか。今年はまだイルミネーション見ていません。今日までですね。このイルミネーションは、平和への祈りが込められているそうです。すべてのイルミネーションがそうであればいいと思います。美しいものを見て心動かされるのは、人間の心が美しいものだという証です。心が内なる神を思い出しているからそうなるのです。この世のあらゆる美しいものはそういう役割を持っています。

音を聞いて窓から花火を探しましたが見えませんでした。でも音で充分。それから夫とふたり、ヨガマットの上で正座で(笑)向かい合って新年の挨拶と抱負を互いに言葉にしてから、瞑想しました。根源なる神とすべての聖なる存在、それから家族全員、私と御縁のある人すべてに感謝を伝えていると、あっというまに30分以上が過ぎていました。途中、自分のからだのことを思い出そうとしましたが、よく思い出せませんでした。意識(スピリット)の次元にちゃんと行けているんだなーと、あとで思いました。でも意識では、ただ、感謝を伝えているだけです。そうしていると、感謝が拡大していって、世界が感謝だけになってしまいます。瞑想って、とても楽しいですよ。あれが現実世界で、こっち(物質界)が幻想世界なんです。瞑想するってことは現実世界に戻ることなんです。現実世界に戻る道と癖をつけてくれるのが瞑想です。そのクセづけができてくると、祈りは神との直接対話になります。

翌日元旦は首里末吉町の末吉宮へ初詣。神社仏閣巡り大好きな風間家二名は、普天間宮以外の沖縄八社にはすべて詣でています。そして金武以外すべてを自転車で廻ったことがあります。しかしこちらへ来た当初は初詣ひとつとっても沖縄の歴史を学ばずには通れない道がありました。神社とは。信仰とは。歴史とともにそれらの出来事に対する思いがわからないと、習慣の違いを理解することも困難です。

末吉宮と、社がある末吉公園も、戦火に焼かれたそうですが、今は本当に美しい場所です。ダイナミックな自然の様相も、人びとの思いによって守られています。1485082_438026042993275_694223578_n

1521997_438026036326609_1307581788_n元旦でありながら、行列も混雑もないところも私たちには魅力なのですが、それでもさすが元旦の日中で、人がいるね、と何度も小さく驚いてしまいます。

帰ってきて心の中に楽しい記憶として残っているものを探ってみると、それは道々、すれ違う人と交わした挨拶でした。「こんにちは」「おめでとうございます」。実は、人を元気にするのはこういうことかもしれない。主人から全く同じ感想が出てきたのも印象的です。

10年以上前になりますが、NYに歌を歌いに何度か行って、心から魅力を感じたあの町の思い出も実はそんなところです。あれだけ人が多く文明が進化した町で、目が合うと挨拶したり、後からくる人のためにドアを開けて待っていてくれたり、電車で隣り合った時間だけ、身の上話をしたり、ちょっと肩が触れただけでも目を見てごめんね、と言ったり。そういうことが普通にできる町って、歩くだけで元気になるのです。10年以上経っているのに、そういう言葉を交わしたシーンをはっきり思い出せるから不思議です。NYでやっているのだから、東京でもできるのではないかと思うのですが。最近の東京はそうなっているかしら。だったらとてもステキだけど。

私自身もとても警戒心の強い怖がりさんで、そうそうオープンにできない心情にも共感します。本当に必要な場面もたくさんありますし、それによって、予め避けることのできる困難がたくさんあります。NYなどという場所は、そういうことをきちんとしていないとひどい目に合う可能性は東京の何倍も大きい。もしかしたら、そういう暗黙の了解(自己責任)の認識を共有できているからこそ示すことができる友愛なのかもしれません。

今年も、みなさんの意識とともに、世界をともに創っていきます。ますます意図的に、意識的に。どうぞよろしくお願いします。


心理療法 ブログランキングへ
1日1クリックでご協力をお願いします❤