健康と自分の取り扱い

特定検診を久しぶりに受けました。豊見城に住んでいたときは歩いて、健康管理センターという立派な施設まで行けたのですが、こちらは徒歩圏内には公園と海と畑、あと聖地しかありません(笑)。聖地があるってところが最高なのですが。

知念に来てあっという間の5年目で、本当に時間の感覚がちょっと、あれな私です(笑)。

それから驚いたことに、特定検診の結果は郵送されてくるものと思っていましたら、市役所の方が直接持ってきてくださるということも初体験でした。東京育ちの私にとっては軽いカルチャーショックです。直接持ってきてくださった上にいろいろと解説してくださって、担当の方がとても勉強されていたこともあり、好奇心旺盛な私は結局1時間半くらいお引止めしてお話うかがいました。マンツーマン、贅沢過ぎます。

健康についてのお話なので、うちの家業とも関係してきます。その時に、印象的なことがありました。

基本に立ち返ってしろうとながら鍼灸のこと申し上げますが、鍼灸師になるには専門学校に3年通い、国家試験を受けて資格を取ります。夫と出会ったとき夫は専門学校を受験する前の受験生でした。

実は専門学校を一浪中だったようです。結構難しいものなんですね。彼も多分最初は簡単に考えていたんじゃないでしょうか。

学校では解剖学、生理学など、人体についての基本的な西洋医学的な知識を学びます。学校では様々な先生が教えていて、先生方によって考え方も違います。

夫は賀偉先生という、中国国宝級の老師と言われる先生のご子息との出会いがあり師事しました。陰陽五行説など興味のある方はご存知かもしれませんが、中医学と言われる中国の伝統医学を学び、それを主軸に鍼灸の施術を行っています。

たとえば頚椎ヘルニアの症例でも、見るところは首とか骨ではなく全体を診ます。わかりやすい記事がありますのでよろしければ夫のブログをご覧ください。あなたに合った治療法―頚椎ヘルニアの症例

これは人体という生命を扱う上での捉え方(哲学をも含むといってもいいでしょうか)を楚にし、非常に多くの臨床のデータに基づいて構築され体系化された学問です。簡単に言えば、西洋医学ではからだを見る時、正常範囲がありそこからはみ出たものは病気という異常だと見ますが、中医学ではそこにある生命の働きというものを視野に入れますので、その生命力の流れ、バランス、働きなど、それを阻害するものの原因などから診ていき、未病の状態から改善を図り、体質改善などを試みることが可能です。

この作業は施術者の視点が重要になり、それによって施術の方針が違ってきますから、自ずと結果に影響してきます。しかし、この見方から行くと、すべての症状に対して有効に働く可能性を持った療法であるということができると思います。

私は夫と出会う前から、鍼灸治療が好きでした。というか、とても頼りにしていました。というのも私は幼少期からあまり丈夫ではありませんでした。まず扁桃腺が肥大で、しょっちゅう高熱を出していました。

熱を出すと母が自転車の荷台に私を乗せてえっちらおっちらと小児科医の先生の所へ連れていってくれ、そこでは最高に強い抗生物質をいつもいただいていました。母がよく、うちの子には弱い薬じゃ効かない、というようなことを言っていました。

母の母は成人するころまでとても虚弱だったようで、そのためもあり健康法に熱心でした。うちには当時話題になる健康法が次々とやってきました。また今でこそ少し有名かもしれませんが、操体法なども祖母はコツコツと実践していました。一体どうやって情報収集したんだろうな。とても知的で頭のいい、優しい人でした。

私ときょうだいもみなどこか弱いところがあり、それぞれいろいろと与えてもらい、今更ですが随分いろいろ試してもらったんだな、と思います。

でもほとんど芳しく効力を感じたことはありませんでした。独特な鍼灸整体をする先生とあとは演劇の世界に入ってから野口体操や演劇仲間の意識の高さに救われたというのが実感です。その後いろいろと体験し、結局私の行きついた所はすべては意識のエネルギーが作り出している、ということです。

そしてそう言った面でも鍼灸は心と感情のエネルギーとその作用を理解していてそれらを含めた全体的な治療ができてすばらしい、と私は思っています。

夫と出会う以前の私は本当に生きるのに精いっぱいで綱渡りのように人生をつないでいた感じです。HSPやエンパスにはど真ん中に当たる人間だと思いますが、自分の取り扱い方がわからないまま荒波を乗り越えるのは本当に大変でした。

感情が揺れやすく過敏で、疲れがたまると鬱っぽくなりますし、PMSもひどかったので親しい友人に言わせれば「月いちで落ち込んでるよね」という感じでした。

あの手この手でなんとか日々の荒波を乗り越えますが、度々転覆しますし、一度転覆すると復旧することに多大なエネルギーを要しますので、生きることは困難の連続、というイメージでした。

しかし家族には私よりももっと重篤な人が2人もいたので、自分のことはとにかく自分でなんとかするしかありません。その2人は精神科のお薬がないと生きていけないというような状態でしたから、自分としては薬を否定してはいないけれど、その作用についてもだいたいわかっているという感じでした。

そんな自分が困ったときに頼るのは鍼灸治療院でした。風邪で熱を出すととてもしんどいのでお薬で緩和させますが、充分養生するゆとりもなく、なんとか治る力を出したいとき鍼灸院へ、という感じでした。風邪が長引いて受けるダメージや薬代を考えると、鍼灸は一度の施術でも力を引き出してくれるので自分に希望も持てるし心にも元気が出ました。

一度は大事なイベントでのライブがあるときに熱を出してしまい、薬を飲んで数日寝ていても一向に良くならないことがありました。思い返せばこのようなことへの恐れは表現の仕事をしていて常に私を脅かすものでした。その時ちょうど、近所にすごい鍼灸の先生がいるという話を、まったく別の所で3人の人から聞かされていました。

それで私はもうろうとした中で起き上がり支度をすると、その鍼灸院の前まで歩いて行きました。予約がいっぱいで、多分電話では埒が明かないと思ったのです。ライブは明日です。今日希望が見えなければ明日ステージに立つこと自体を見直さなければなりません。準備に時間をかけていましたし、そうなれば関係者に多大な迷惑をかけざるを得ない状況に追い込まれていました。

大通りから鍼灸院のあるビルを見上げながら、祈る気持ちで電話をかけました。先生が直接出られ、事情をお話しているうちに先生が「もしかして、うちの前から電話している?」と気づかれました。はいと答えると、やっぱり。車の音が電話から聴こえるのと同じだからさ、と言われました。

先生の見解では明日に間に合うかどうかは五分五分、とのことです。もしかしたら今より悪化して完全に声が出ない可能性もあるとのことでした。しかしなぜなのかその時私に迷いはありませんでした。他に希望がなかったですし、なぜか怖くありませんでした。

先生は「上がっておいで」と言って治療を引き受けてくださいました。喉にながーい鍼をぐぐぐぐっと刺していきます。4本、5本と鍼が入りました。これでいい、という手ごたえを先生が得ているのがわかりました。

結果としては、その直後からまるで憑き物が落ちるように症状は軽くなり始め、翌朝には病み上がり感はあるものの、熱が下がり、喉がはれ上がってつぶれるような感覚や痛みは消え、むしろ普段より軽やかに開いている感じさえあります。リハーサルまでは本当に張り詰めた気持ちでしたが声が出ました。それも普段よりむしろ楽に。それはまるで奇跡のようでした。

実を言えばそのイベントこそが、主人との出会いでもありました。私の扁桃腺はそれ以降とても良くなり始めました。鍼灸学生になった主人は会うたびに(練習台でもあり愛でもあり)私への施術を熱心にしてくれました。根本的な体質の変化もあったと思います。それからは自分が実はもとから健康体だったかと思えるような変化もありました。

冒頭の市役所の方に鍼灸のお話をしたとき、「鍼灸こそ、予防医学なんですよねえ」と、ふと口にすると「え、そうなんですか?それこそ対処療法ではないんですか?」と言われました。その方が健康についてとても勉強なさっていたので逆に私がその言葉に軽く驚いてしまいました。

痛みを取るだけというような対処だったらそれこそ薬でいいや、となるでしょうし、逆に薬を使うのが嫌だから代わりにもう少し効果の薄い昔の方法を用います、というイメージが代替療法という言葉の意図なのでしょうか。

催眠療法の領域でも時々みかけるのですが、「薬を使わない」といううたい文句があります。私は改めて思いますが、薬を使わないことが良いことだとは本当に思っていません。薬がない世界のほうが今より良い世界だとは全く思いません。お薬で楽になるたびに、本当に今の時代に生まれてありがたいな、と思います。ただ、お薬にできることとできないことがあるし、お薬には弊害があるという事実があるだけだと思います。

そんな才覚はありませんが、もし私がお医者さんだとしてもきっと、できることを一生懸命やるだけだと思います。西洋医学の先生の言葉で「西洋医学の治療に限界を感じたことから」代替医療を学んだとおっしゃる方はよくいらっしゃいます。双方で補い合うことができれば、その恩恵を受けるのは地球に生きとし生けるみんなだと思います。

心のエネルギーと、からだの気の径は関係しあっています。私たちが知らずに思い続けていることは何かを創造もし、破壊もします。完全に破壊してしまう前にそれをサインとして受け取り、気づきと見直し、そしてバランスを促し調整することは、まさに自分の取り扱い、自分との付き合い、自分の生き方とつながっています。

自分の生き方をみつけるのは自分しかいません。その生き方を助けてくれる味方を地上にみつけるのは幸せなことです。なんだって敵じゃない。味方にするかどうかは自分が決めます。

そういったことを考え選ぶ権限を持てるということ自体がもう、天から与えられた贈り物だと私は思います。自由であるということの在り難さよ、と思います。自由の行使には理解がとても大事なのだと改めて思います。自分の知ったこともできれば多くの方に活用していただけたらと願っています。

夫と2人でやっているセラピーサロンでとても大事にしていることは「あるといいながある」なんです。コンビニエンスストアの宣伝とおんなじですが、自分たちにとってのあるといいなをかたちにし続けたいと願っています。

私の願いは実現し続けています。

この世に広まってほしいもの、と考えると、瞑想、カウンセリング(セルフカウンセリングというものがあるのですが、これは本当にすばらしいです)、ヒプノセラピー、レイキ、鍼灸と、手前味噌のようになってしまいます。でも本当にそう思うので仕方がありません。逆に言えば、自分の人生にとって決定的に重要だったものを仕事にしているから結果的にそう思うので仕方ありません。

鍼灸は主人の専門ですが、私は主人と出会う前から鍼灸を普通に頼りにしていました。風邪をひいても鍼灸院に行っていましたし、扁桃腺が腫れて、ライブの前日、このままでは薬で抑えても歌えないと思い、鍼灸院の前まで行って電話して、予約いっぱいの鍼灸院で無理やり診てもらったもらったこともあります。

高円寺のうめちゃんという先生で、私は全く別の3人の人からすばらしいという話を聞いて行きました。なが~い鍼を首から喉に向けて5本刺されました。それも「治るか、もっとひどくなるか、どっちかだな~」と言われながら。私は迷いなく受けましたが。数十年自分の身体と付き合った感触で、他に良くなる見込みがまったく浮かばなかったからです。

結果、翌日は奇跡のように普段以上に声が出てライブも成功しました。もっと言えば、そのライブから主人と親しくなったというおまけ(本筋?)がつきます。主人はまだその時、鍼灸の学校の受験生でしたが。

さらに、それからもう10年以上経っているのに、以前はしょっちゅうだった扁桃腺の腫れは起こっていません。子供の頃から風邪と扁桃腺と高熱がセットで、この世の恐怖のひとつだったのに、あれ以来起こりません。もっとも、主人と付き合うようになって、鍼の練習台として予防的にいつも鍼を受けられるようになったことで体質が変わったというのもあると思います。内面も強くなったり変わったところもあります。

しかし鍼灸の素晴らしさは、根本的に変えてくれる力を持つところです。鍼灸のなかでも中医学と言って、中国の伝統医学に基いて弁証をして治療してくれる鍼灸師さんは少ないと思いますが、それをしてもらうというのは「ただ単に元通りに修復する」のではなく「体質そのもの、生命力そのものを活性し、全体を高める行為になる」ところが素晴らしいのです。

中医学ではさらに、感情の働きと内なるエネルギーの繋がりを捉えることができていて、それをバランスするという治療もできます。私はこの点をさらに深く理解し探求し、治療してくれる鍼灸師さんがいっぱいいてくれたらな~と願っていましたが、時を経て結婚したこの人がそうなってくれました。こうして振り返ると私は心のそこからこうなるといいな、と願ったことはたいてい時間をかけてもかなっているように思います。決して棚ぼた的な幸運は多くはないのですが。

振り返ると、自分のなかで研究して検証してこうだと思った理論などもしばらくすると世に出てくることはとても多いです。例えば健康法とかダイエットとか、断捨離のようなものとか。むかーしからコツコツと一人でやっていたことです。ダイエットは究極、我慢の習慣が余分な脂肪になるのでストレスを無くすと自然な体重になります。多くの人が、我慢していることにさえ気づいていないので、内側の制限をみつけて取り外すことで、不要な習慣が必要なくなるのです。自然な体重以下にしたい場合は別のコミットメントが必要になります。こういうのもある時雑誌などに出てきたりして、やっぱり、内面と外側は繋がっているんだな~と思いました。結果すべてはスピリチュアルの法則通りです。当たり前なのですが。

社会問題は今私の心に負担をかけて悩ませてくれていますが、諦めることなく向き合っていればおそらく「やっぱりね」という、すっきりとする結果がやってくることと思います。

私のセラピーのようなものは、まず多くの人が、ネガティブなことを正常に戻すためのものだというふうに理解されているのではないでしょうか。インナーチャイルド、という本を開いてみると、理論や書いてあることは正しいのですが、心の傷が要になり傷を与えた人と受けた人というくくりがやはり私には気になります。私は自分の人生をかけて内面の探求をしてきて、また多くの人の内面に向きあわせていただいてきて、時間と体験を経なければ絶対にわからなかった大事なことを発見しました。

鍼灸治療が最終的には人間の持つ本来の生命力と出会うためのツールであるように、心の探求もそうだということです。私たちは内面の、一見問題に見える壁に当たることで、自分のなかに存在している制限と出会います。その問題に取り組むということは、その問題を解決して、人並み、正常範囲、社会的強者や優等生になるということが目的では断じてありません。私たちはその問題と向き合い取り組むことで、人間の内面、心、意識のエネルギーがなにをしているか、その仕組を知り、人間とは何かを知り、その制限を超えた本来の自分になることを目指しています。制限のない無限の領域が自己の中心にあって、それと出会う旅を、ずっとしているのです。

私たちが差し迫った問題に出くわすところから、もうすでに内なる神の導きは始まっています。あるいはその問題をどんなものにして、どんなふうに出会うか、どんなタイミングでぶつかって転ぶか、そんなことまで計画しているのがハイヤーセルフ(内なる高次元の意識)です。ですから私たちはやってくることに向き合い、自分を知り、仕組みを知り、無駄な抵抗をやめて内なるパワーを使って生きることを始めればいいのです。

沖縄に来て、目の前の大きな壁を乗り越えた後も、コツコツと通ってくださる方が多いことに感動しています。きっと多くの方が、起こった問題に感謝することができるほどの境地に進まれているからだと思います。ワークはネガティブやポジティブを超えた、真実というギフトを与え、またそのギフトとともに生きる素晴らしさをサポートします。

地球という星に生きるすべての人に私はみつけてほしいと願います。内なる自己と、その自己に出会うチャンスを得てやってきたすべての人に。

にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ
1クリックでご協力お願いします❤