祈りと尊さを知るスピリットのみなさん

祈りと尊さを知るスピリットが躍動しています。スピリットは過去というデータの集積による予測をしません。なぜならそれは3次元式の足し算引き算にすぎないからです。真実というものは普遍であり無限です。真実に触れた時、その躍動は無限に向かって前進するしかなくなるのです。

こんばんは。政治という愛の具現化のお話は続きます。

前々回に書いた「詩」に登場していただいたおばあのことです。主人の往診先の、沖縄のおばあ。戦争を体験しています。選挙の話を主人がすると、「選挙では何も変わらん」と言ってたおばあのことです。以下引用します。

普段穏やかで優しいおばあの癒されない痛みと怒り。あの、戦争の痛みは、体験しないとわからない。だから体験してみればいい、という。その悲しみを、私たちは愛でわからなきゃいけない。だって、それが人間だから。みんながどん底をわかるためにどん底を作り続けるやり方はもう終えよう。私たちのそれが使命。

「あんたは得するのか」「いいえ、みんなが幸せになってほしいだけ。生意気言ってすみません」「いや、そういうことじゃない」・・・

今日はその日以来の往診の日でした。気にかかっていたので尋ねると、施術のあとご近所の人と一緒に選挙に出かけて行ったそう。絶対に行かないと言ってたけど、戦争止めるために、動いてくれた。きっといろんな思いを感じ、思い出し、乗り越えて決めてくれたんだと思う。私にも遊びにおいでと言ってくれたおばあ。本当にありがとう。とても言葉では言えません。

主人の患者さんもブログを読んで三宅洋平くんを調べてくれて、教えてくれてありがとうと言ってくださり、日曜日(選挙に)行ってきますと笑顔で伝えてくださいました。本当に愛というエネルギーは壁を超えて人々の魂に届くのですね。そして魂に触れるとそれが希望となります。

一方で、選挙に全く関心のない方が多いという情報も目にします。まったく無理もない話だと思うのですが、今回だけは、知らなかったではすまないような大きなリスクとチャンスが含まれる選挙です。もし身近に知らない方がいらしたら、今回自民(公明・みんな・維新)に入れてしまうと大変なことになるということを教えてあげてほしいのです。そしてできたら、愛と平和の使者、代弁者である三宅洋平を全国比例区から国政に送り出すよう助けてください。日本全国どこからでも個人名で投票できます。

変化はもう始まっています。これまで通じなかったと思える祈りもこれからは違います。どうぞ存分に神に話しかけ、全力で助けと導きを願いましょう。

車の中でこれらの奇跡の数々について主人と話しているうちに主人が「気になってたんだけどさ、どうして今回ネット選挙が解禁になったんだろう」と言いました。私も今朝同じ事を考えていました。今回ネット選挙が解禁にならなければ三宅洋平くんにおそらく勝機はなかったし平和の革命の波動はここまで深く広く大きくは成らなかったと思えます。自民党に有利とは思えません。

「きっと安倍さんはネット選挙が自分にもっと有利だと思ってたんじゃないかな。」言われてみたらそうです。彼はネットを利用し前回衆議院選でもネトウヨと呼ばれる人を煽って選挙を盛り上げていました。

「そうか、三宅洋平は誤算だったんだ」山本太郎だけでなく三宅洋平が出たことでネットは彼らの独壇場となりました。「でもそうだとすると、彼らを守らないと危ないね。」

私は7月4日、公示日初日に彼の「唄う選挙演説」の映像を見て魂が打たれました。あらゆる面ですごかったし、無数のメッセージをそこから受け取ることができました。でもとても強く感じたのは「彼は絶対に彼の平和と愛に対する信念を曲げない。そのために殺されたとしても」ということでした。それはとてもリアルにまっすぐに私の意識に響きました。それで涙が出ました。その時彼はそのことを言葉で言っていませんでしたが。でもその後、彼はこう言いました。

「防弾チョッキ来て演説している山本太郎を見ていたら、こんなに本当のこと言って彼殺されちゃうんじゃないかと思った。そしたら俺も次(参議院選)出るって言っちゃってた。的は多いほうがいいと思ったんだよね」

やっぱり、と私は思いました。そういう覚悟が彼の全身から滲み出ているのを容易に感じることができました。彼の言葉が真実であること、一言一言の重さの中に思いの深さ、強さ、優しさ、葛藤と乗り越える力などあらゆるものが詰まっています。

どうか彼のパワーに当てられてみてください。古いものを手放し、希望へと歩き出す力になってくれると思います。

三宅洋平街頭トーク(大宮駅2013.7.18)【参議院選挙2013】

神の使者からすごい応援

今日のセッションのことです。「今日のテーマからお話ください」というと、「アズさんのブログ、選挙のことで、すごく伝わってきて、自分にはなにができるだろう、って考えたら、今日ここに来ることだ、って思って」

世間というものではご法度と言われる政治のお話。でも、私は選挙じゃなくて、意識と世界と愛とその具現化の話だと思っています。それは彼、三宅洋平くんの演説を聞いてくださればわかると思います。だから、私はまっすぐに彼のことを伝えたいし伝えられるし、こんなにも勇気とパワーが出るのだと思う。でも今日の応援には本当に恐れ入りました。私の発信をこんなにもストレートに受け取ってくださる方がいて、こんなにも直球で投げ返してくださる方がいるなんて。これが、神と私で創造した世界なんだ、と今日も実感させられました。その顕現をありがとう。世界は光に満ちています。どんなときでも。

この後押しを受けて今日も書きます。

「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有する」(自民党 憲法改正草案から削除されている 憲法前文)

まるで神の言葉のように真実であると感じます。まるで私たちの究極の目的みたいです。こんなことが保証されている国家の国民であるというのはなんと恵まれ守られていることだろう。これまで当たり前と思ってきたこの加護。間違いはあってもそれは修正されるべくして修正されるし私達には平和を求める権利があったのです。でも、それが削除されようとしています。その結論はあと数日ではっきりします。

でもこれを削除するってどういうことなんでしょうか。

「恐怖と欠乏から免れることはできず、平和のうちに生存する権利を剥奪される」

わざわざあるものを削除しようというのは、このよう変えるということでしょうか。このように変えるにはその後ろに目的と意図があります。それは想像に難くありません。

みなさん、想像してみてください。そして平和もたらす憲法をもう一度私たちの手に取り戻したいと思われるのであれば、参議院選挙へ行って、改憲に明確に反対する意志のある政党と人に投票しましょう。

今回の選挙はこれまで投票に行かなかった若きおとな達が立ち上がってくれています。分母が変わります。一人でも多くの、平和を守る意志のある人に議席を与えましょう。あなたがたった一票入れるだけでもこれまでと違う重さが出てきます。本当です。

私は全国比例区に立候補している、緑の党推薦の三宅洋平くんを応援しています。日本全国どこからも、個人名で投票できます。まだの方はこちらの映像をご覧ください。今日のこの演説は、一段とすばらしい。彼どんどん進化しています。私達もどんどん進化しましょう。

三宅洋平 選挙フェス@仙台ー7/17/2013