直観と直感、ハートと本能

父が亡くなって1年が経ちました。震災前と後で世界が変わったように、父の他界の前と後では微妙にその世界が変わったと感じています。

この肉体はかりそめのものであり物理次元は幻想とはいえ、意識と肉体の別れというのは、いえだからこそ、地殻変動なみの大きな衝撃をもたらすものなのだと実体験いたしました。たかが肉だけのことなのならこれほどのことはなかったはずです。

ヨガナンダ先生も『あるヨギの自叙伝』で、まことにそのように語っておられることは、救いと確信を与えてくれます。

改めて、魂の乗り物であるこの肉体がある意味というものを実感しています。

生きているだけで尊い、ということの意味は、深遠すぎて一言で語れません。しかし私はそれを思います。

みなさんがどう考えようとなにをしていようと、それ以前にみなさんは存在しています。意識として。

その意識がどうあるのかで世界は彩られています。

潜在意識である肉体の記憶が洗い流され解体されていくと、その奥に肉体と時間を超越して記憶されている魂の体験である「愛」が目覚めます。私たちが肉体を持つ理由はただひとつ、これを実体験し、表現し、育て、成長することだけです。

父と私は関係のなかでこれに成功しました。その体験は奇跡そのものでしたしその経験があってこそ、今の喪失感があります。愛する者がこの世を去るのは、生きているものにとってはかけがえのないものを手放すことになるのです。

もちろん、魂の次元では失うことはないのですよ。でも「だから、平気、感情は動かない」ということと高次元であることは違います。

スピリチュアルを学ぶ人の中に、この、感情を無視してしまう人が多いことによく驚かされます。感情でいやな思いをしているので、感情にはなるべく触れないようにしている、という感じです。これは、トラウマによる体験の回避と言えます。

この状態が長く続くとどうなるかというと、ハートが無感覚になり、一番感じたいもの~高次元の愛~が感じられなくなります。すべては思考に判断させるようになるのですが、結果的には潜在意識の浄化もストップしてしまうので(癒すのは心でありハートとその奥にある内なる神とその愛だからです。)結局は肉体意識と思考が戦い、それに振り回されることになるのです。

私たちが癒されるということは、体験を回避しなくて済むようになることでもあります。あるがままというのはハートが開いていることですが、ハートは逃げたり隠れたりすることなく、堂々と向き合って、選択し、体験し、感じて、対処します。

ついでに、なんでもかんでも拒まないということと回避しないことの違いも感じてみてください。拒絶と選択の違い、流されると受け入れるの違い、従うと委ねるの違いと言えばわかりやすいでしょうか。後者には直観と内なる信頼が不可欠なのです。

私たちが自由であったり幸せであったりあるがままであったり今にいたりするには、たくさんの罠があります。自分の意識で仕掛けた潜在意識の罠です。それを解除しないうちは、その罠をよけるために本能や思考を一生懸命使わなくてはなりません。多くの人が本質的導きである直観と、本能の働きである直感を混同していますが、両者は似て非なる、というか、次元の違うものです。罠を解除していけば直感ではなく直観が取り戻され、自由、幸せ、あるがまま、今にいることが自然なことになっていくのです。

ややこしいと感じる方、すみません。その場合はぜひセッションを受けにいらしてください。じかにお会いすると、理解していただくのがとても容易になります。


クリックの応援、ありがとうございます。

直観と直感

真実を見るのは難しい。難しいというのは、いくつかのひっかけがそこに潜んでいるからだ。

見た目。

雰囲気。

数値。

体感。

感覚。

直感。

人間が判断する材料は五感を通して体験した過去のデータの蓄積を使う。このデータが潜在意識の記憶。確かに潜在意識の記憶は思考の理屈よりは真実を含むこともある。訓練、または刷り込みもこの領域。でも、誤解、思い込みがとても多いこの領域。

潜在意識の形成期はお母さんのおなかの中に始まって3歳までがピーク。13歳くらいにはほぼ完成という風に言われる。となるとその時期の環境、お母さんの接し方やお母さんの意識がほぼその基盤を作る。誤解が多いのはそういうわけだ。人間は大人になって、違った人間になっていくように見えるが、根っこが変わらない。三つ子の魂百までってよく言ったものだと思う。

感覚的な誤解は、例えばおなかがすくと不安、とか、寒いと悲しいとか、風の音がこわいとか、そんな風にインプットされている。

例えば私には風の音がなんとなく不穏。つい最近まではこの感覚は普通、当たり前だと思って気にしていなかった。豊崎のマンションはいつも風があり密閉性の高い部屋にはビューという音がよくしていた。こわいと強く思うのではなく、無意識に近いレベルで漠然と心地悪く感じている。そこになにか1つでも負のイメージの要因がプラスされるととても不安になる、というような仕組みだ。例えば電話の音にすごくびくっとするとか。(電話は今はそんなことはないのですが昔とてもこわかったのです。なにかよからぬ知らせが来るといつもおそれていたから。)

これ自体はたいした問題ではないので多くの人は気にかけたり対処しようとはしないのですが、これにさらに目に見えるプレッシャーが加わると、心はとても追い詰められたような感覚にとらわれるようになります。

そこで多くの人は原因はその目に見えるプレッシャーだと思うのですが、心を掘っていくと、幼少期に台風の夜、部屋に置き去りにされたという体験から、風の音は心細くとても不安、という風に記憶されていたります。これは実話で、私の母が最近になってふと笑い話で私に話してくれたことです。みおちゃんを部屋に置いてお隣さんのところに避難したんだよ、という風に。私はとてもびっくりして「どうして置いていったの?!」と聞くと「だって赤ちゃんだからわかんないもん」と平静に言われました。かくして気づきは促されたわけです。あとは浄化あるのみ。

多くの人が直感を信じる、と語っているのも実はこの潜在意識の感覚的記憶から来ているものを指していることが多い。幼少期や過去世の記憶によって良し悪しの基準が決められている。それは信じるに値するものとは言いがたい。本当は「直観」を養わなければならないのです。直覚を使って判断するのです。

直感は、本能の領域であり動物的な感覚によって肉体と肉体意識を守るという目的のために使われるもの。ですからなんとなくこっちに行ったら安全だったとかいうのは確かにある。ですが、それが神聖な導きだったり高次の目的を示すかというとそうではない。高次の目的、魂の目的、人生の指針などは直感ではなく直観に従ってください。

直観を養うには潜在意識、つまり自己意識、肉体保存の本能を浄化し続けることです。そして内なる神を求める生き方を望み、歩むことです。