ストーリーか、愛か、

波動が高い、波動が低い、

高いのは愛、神、高次元。では低いのは?それは3次元のすべて。

3次元は、時間と空間、そしてストーリーでできている。

ストーリーには始まりと中と終わりがあり、
原因と結果がある。

つまり、地上の物語のすべて。

それは悪いわけではない。
ただ、そこには平安がないだけ。真実がないだけ。
だから幸せもない。

そしてそこには
勝ち負けがあり、優劣があり、価値と無価値があり、順番があり、

過去があり、理由があって、今がある。
今は過去の集大成であり、未来はその延長上のいずれかにある。

今がこうである理由を過去の出来事にみつけ、
過去を裁き、未来に備える。

そこでの最善とは、今を分析し、過去の誤りを挙げ、
過去の反省とともに過ごすことに専念すること。
しかし誤りはまた起こる。
努力ほど報われず、恐れは膨らみ、時間はすり減っていく。

そこに愛や平安が存在できるのか?あると考えるには矛盾がありすぎる。
なのにヒトはその延長上に愛を求める。

ストーリーに愛を組み込み、それを証明したがる。
ストーリーは自分を縛り、他者をそこへ当てはめる。

ちっぽけな枠に愛を、神を、はめ込み、カテゴライズする。
神を矮小化することでヒトは守られず、恐れ苦しむ。

波動を上げるとは、

この、ストーリーのすべてを離脱することだ。
時間と空間を離脱することだ。

すると、ヒトは魂を思い出す。
存在する意識を。ふるさとを、根源を。中心を。

高次元であるヒトは、3次元にはいない。
そのとき、ヒトは、今ここにある。

今ここを3次元内で理解しようとしても不可能。
それは、ヒトの内側にしか存在しない。
外側に今ここなどない。

今にいない限りはあるがままでいられるわけがない。
ストーリー上にいるヒトは、役を演じなくてはならない。
そこにあるがままはない。

内側にいるには、自分の中身をみつける必要がある。
中身とは意識だ。

意識をみつける必要がある。
意識を外から眺めるのはなく
意識の底へ、降りなくてはならない。
降りて、降りて、中心をみつけなくてはならない。

中心をみつけない限り、ヒトは外から中を眺める。
外にいる限り、ヒトはストーリーの流れにいる。

その中心を、宇宙意識と言う。神とも言う。最高次元とも、根源とも言う。

神から私はまる見えだが、私から神は見えない。
だから私は見えないものに祈る。

私のなかにあなたがいることを私に示してください。
私にあなたを感じさせてください。
あなたのご意志を私にわからせてください。
そしてそのように導いてください。
どうぞ私をお使いください。
あなたから逸れないように、
私のなかにあるストーリーをどうぞ手放させてください。
外側に対して自動的に反射してしまうあらゆる本能の選択を
過去のストーリーに基づく予測から
あなたのご意志による選択へと置き換えてください。
私の内側に刷り込まれているあらゆる思い込みによって築かれた価値観を
どうぞ解体し、あなたのものへと置き換えてください。
私は私の小さな枠を解体してくださるよう祈ります。
小さな枠の中にある、古い、学びを終えてしまったエネルギーを手放し
あなたへ明け渡します。
どうぞ、ここへ、住まわれてください。

すると、中心が、私の中へ広がってくれる。

その時、私は、自己の中心を感じることができ
中心から外を眺めることを知る。
外にはストーリーがあり、
自分はそこにはいない。

ストーリーを眺めることができ、
時間に縛られない自己を観じる。

ただ、今の連続が在るのだということがわかる。

未来は来ない。

来ないものを恐れる必要がなくなり、予測は消える。

過去が消え、原因が消え、今のあるがままが自己となる。
消えたものを認識することがなくなり、
それらは、今に目覚めさせるための幻想という仕掛けだったとわかる。

どのような悲惨なストーリーを見たとしても、
今に目覚めないという悪夢よりはずっと幸運だったと認識する。
ストーリーを感謝とともに、赦し忘れることができる。

あの頃に比べたら、今はずっといい、というのがストーリーだ。
今が至福だということは、ずっと至福だった。

だから、感謝がある。

あなたも引き寄せている

「感じ切ること」という画期的な変容のワークに人気が出ない理由のひとつにきっと、「引き寄せ」が流行したことがあるのでは、と思っています。

引き寄せというと、あたかもツキがどんどん来る!みたいに宣伝されていた気がします。
スピリチュアルと言えばいつもツイててラッキーで笑顔、もしくはお化けかオーラか神さまが見える、というイメージがあります。
そうなってくるとツキがない自分って、行いが悪いのか、みたいな気さえしてきそうです。

引き寄せというのは波長の法則で、近い波長のもの同士は引き寄せ合うという宇宙のエネルギーの原則に基づいています。
私は最初に読んだスピリチュアルの本でこの法則に出会いました。
エドガー・ケイシーの宇宙と意識とエネルギーの原則についてのリーディングが書かれた本でした。

2冊目に読んだマインドトレーニングという本はこの法則のことがさらに詳しく厳密に説明され、この本のワークの実践によって初めて自分を変えることに成功しました。というより、本当の自分と真実に出会う旅が始まったと言うほうが正確かもしれません。

私たちは自分が内包しているエネルギーに見合ったものと出会っていきます。
ですから自分の周辺や自分に起こる出来事を見まわしてみることは、まず自分の内面を探索していく最初の時点では重要かもしれません。
いくら自分を変えたつもりでも、起こる出来事や周辺の状態がまるで変わらないか、或いは繰り返していると感じられるのであれば、何かを見落としていると考えて見直すチャンスになります。

私はと言えば、状況があまりに苦しかったところから出発していましたので、とにかく状況の変化を望んでいました。
少しでも好転すればと必死の思いで自分の人生をかけた実験に挑みました。
そしてその実験は着実に、というよりは劇的に、結果を出してくれました。
途中まではそうやって、内面の変化も周辺の変化というはっきりした姿を見せてくれなくては意味がないと信じていました。

それはある側面では正しいことです。
化学変化と同じで、それは厳密に作用し変化するからです。

とても強い負の想念からの出発をすると、私たちは延々と上昇しなければならない錯覚にとらわれます。
そうでなければ帳尻が合わないし、今のこの状況も自分が創っているのだと認めてしまうと、あとどれだけ努力して変わればこの状況は良くなるんだろうという思いがするのはもっとものことと思います。
そういう考え方をする人はだいたいにおいてまじめで、それまでも結構努力をされてきた方が多いものです。

それで、なおさらなおさら、突っ走っていきます。
これくらいの変化なんかじゃ、追いつかない、という気分で。もっと、もっと、もっと、と。

私も、法則を知ってしばらくは、突っ走りました。
恐れが追いついてこなくなるまで逃げ切らなければという勢いで。

もしその頃の私になにか言えるとしたら、言えることが山のようにあります。
その、心の底から、自分を幸せにするために言える言葉を、今はセッションを通じて皆さんにお伝えすることができています。

どんな状況のときにも、私は私なりに本当によくやってきました。
いつも最善を尽くすことに一生懸命でした。
そのすべての時の私に、今はありがとうと心から言えます。
私をここまで連れてきてくれたのは、あなたたちです。
すべての瞬間に存在していた私の思いです。

もし今の私が彼女たちにアドバイスするとするなら、こう言うでしょう。
OK,よくやった。さあ、では立ち止まって。今を感じてごらん。そして感じていることを全部教えて。
そうしているって?本当かな。
じゃあ、こうしてみて。・・・・・

良くないと思えるフィーリングを一人で感じ切るのは難しいことです。
コツも必要だし、なにより恐れがわきます。
そんなもの、なるべくなら一生胸や身体にしまい込んでおいて、墓場まで持っていこう、と、多くの人がひそかに思っています。

でも、そのしまい込んだ良くないと思える、という思い込み(あくまで、そう思い込んでいるのです)こそが、潜在的なエネルギーとなってあなたの世界を創造していくものなのです。

あなたは本当は、世界に向かって、すべての天使と神々に向かって、この大自然と大宇宙に向かって、言い放てばいいのです。
私は悲しい!寂しい!こわい!だから、助けて!と。

そしてやっぱり何も解決しない気がして、丸まって自分を抱きしめて、泣きながら、でも優しい音楽とろうそくのともし火のなかで、あるがままの姿で眠ればいいのです。
そんな夜も世界はあなたを抱きしめているあなたを、その存在のすべてで抱きしめているのです。

本当のフィーリングこそが、私たちのパワーです。
それを感じ切ることが癒しであり、愛です。

私はそうして自分に正直になることで少しずつ、幸せになっていきました。
たくさんの助けを借りながら。
笑顔ばかりは返せませんでした。
それでも。

あるときから、取り巻く状況というのは、本当は全く目的じゃないということがわかってきました。
結果のために努力してきたのが逆転し始めました。
そうじゃなかった、結果と思ってきたのは単なる映し出された背景であり、この自分との深いかかわりだけが本当の目的だったのだとわかりました。

この深いかかわりの中に、宇宙が存在しています。


クリックの応援、いつも本当にありがとうございます。
順位は問題ではないのですが、でも、皆さんの応援がそうしてくださるのだと、今日は嬉しくなりました。