神の使者からすごい応援

今日のセッションのことです。「今日のテーマからお話ください」というと、「アズさんのブログ、選挙のことで、すごく伝わってきて、自分にはなにができるだろう、って考えたら、今日ここに来ることだ、って思って」

世間というものではご法度と言われる政治のお話。でも、私は選挙じゃなくて、意識と世界と愛とその具現化の話だと思っています。それは彼、三宅洋平くんの演説を聞いてくださればわかると思います。だから、私はまっすぐに彼のことを伝えたいし伝えられるし、こんなにも勇気とパワーが出るのだと思う。でも今日の応援には本当に恐れ入りました。私の発信をこんなにもストレートに受け取ってくださる方がいて、こんなにも直球で投げ返してくださる方がいるなんて。これが、神と私で創造した世界なんだ、と今日も実感させられました。その顕現をありがとう。世界は光に満ちています。どんなときでも。

この後押しを受けて今日も書きます。

「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有する」(自民党 憲法改正草案から削除されている 憲法前文)

まるで神の言葉のように真実であると感じます。まるで私たちの究極の目的みたいです。こんなことが保証されている国家の国民であるというのはなんと恵まれ守られていることだろう。これまで当たり前と思ってきたこの加護。間違いはあってもそれは修正されるべくして修正されるし私達には平和を求める権利があったのです。でも、それが削除されようとしています。その結論はあと数日ではっきりします。

でもこれを削除するってどういうことなんでしょうか。

「恐怖と欠乏から免れることはできず、平和のうちに生存する権利を剥奪される」

わざわざあるものを削除しようというのは、このよう変えるということでしょうか。このように変えるにはその後ろに目的と意図があります。それは想像に難くありません。

みなさん、想像してみてください。そして平和もたらす憲法をもう一度私たちの手に取り戻したいと思われるのであれば、参議院選挙へ行って、改憲に明確に反対する意志のある政党と人に投票しましょう。

今回の選挙はこれまで投票に行かなかった若きおとな達が立ち上がってくれています。分母が変わります。一人でも多くの、平和を守る意志のある人に議席を与えましょう。あなたがたった一票入れるだけでもこれまでと違う重さが出てきます。本当です。

私は全国比例区に立候補している、緑の党推薦の三宅洋平くんを応援しています。日本全国どこからも、個人名で投票できます。まだの方はこちらの映像をご覧ください。今日のこの演説は、一段とすばらしい。彼どんどん進化しています。私達もどんどん進化しましょう。

三宅洋平 選挙フェス@仙台ー7/17/2013

潜在意識というのはたとえばこういうものです

昨夜の渾身の思いでのfacebookへのつぶやきですが、大事なことですので再度ここへかかせていただきます。文体がいつもと違うのはつぶやきだから(笑)

♥♡♥♡♥以下つぶやき♥♡♥♡♥

毎日選挙のことでうちなーのおばあとチャランケしてくるうちのだんなさん。(※チャランケとは…参議院議員比例区候補、三宅洋平の映像もしくはこんなサイトをご参照ください。)

確かに平和のためにここまで来た。戦争を勉強するためにここに来た気がしている。

普段穏やかで優しいおばあの癒されない痛みと怒り。あの、戦争の痛みは、体験しないとわからない。だから体験してみればいい、という。その悲しみを、私たちは愛でわからなきゃいけない。だって、それが人間だから。みんながどん底をわかるためにどん底を作り続けるやり方はもう終えよう。私たちのそれが使命。

「あんたは得するのか」「いいえ、みんなが幸せになってほしいだけ。生意気言ってすみません」「いや、そういうことじゃない」・・・

いつもおこりんぼのおばあが「いい話をありがとうございます」と言って缶ジュースをいつもより余計にくれた。

戦争だけは止めたいと選挙に行きたいけど寝たきりのおばあ、車椅子のおじい。

みんな戦争を体験している。どん底の地獄を見てる。そのことを簡単に、戦争はなくならない、なんて言わないで。なくそう。やめよう。やめると決めよう。それができるのが人間だ。

みんな、許すのに必死だ。許せない十字架を背負う人の、その重荷を少しでも分けてもらって私はかたづけを手伝いたい。なのにもう一度戦争なんて。簡単に譲らないで。そんな簡単なことじゃない。人が人のいのちを奪うなんて。その傷が全く癒えないのに、その傷は私たちの意識の中に引き継がれているのに、それを見ないふり感じないふりはもうやめよう。

私のおじいちゃんのからだも、私の暮らす近くのどこかでこの島の土になってる。おじいちゃんは陸軍で島の人は嫌っている。でも、おじいちゃんは本当はアーティストだった。美しいもの、表現、人間、言葉。好きで兵隊になったわけじゃない。私は感じる。おじいちゃんはきっとこの島の優しい女の子に優しくされたんじゃないかって。母も妹もひめゆりの塔で手を合わせた時なぜか同じこと思ったって。とってもお世話になって、本当にありがとう、って、なぜか少し嬉しい気持ちで泣きながらそう言った。

沖縄へ来る前は心配だった。おじいちゃんもすさんだ心で亡くなっていったんだろうか。でも海軍壕へ行った時、私はもしそうでもおじいちゃんを赦せると思った。誰だってこんなにも怖い目に合ったら、おかしくなって当然だ。だから私は赦せるって。海軍壕の守衛さんも怒っていた。海軍は立派だった。陸軍は人間じゃなかった。

でもしばらくったって、やっぱりおじいちゃんは最後まで人間らしく、死んでいったんじゃないかと思った。ただ、そうわかった。沖縄の優しい女の子の優しい気持ちをちゃんと受け取って死んでいった。なぜならおじいちゃんも優しい人だったから。33歳という若さで4名の子どもと若く美しい妻、祖母を残して。

人間らしい心のまま地獄を味わうなんてどれほど辛かったかと思う。この島では心を無くす訓練も受けないまま、家族みんなで戦争に参加させられ島民の4人に1人は亡くなった。家族や親戚のうちの誰かが痛ましく亡くなっている。その思いをどうやって乗り越え、あるいは乗り越えることもできずに胸に抱えて、みんなが生きているか。

私の母はそうして父親を亡くし、いろいろなものを諦めて、そして求めて生きてきた。何が足りないのかもよくわからないまま。誰かの利益、誰かの得のために誰かがそんな思いをするなんて、絶対にいけない。得した人も等しく背負う十字架だ。人間はすばらしい。そう思えるような人間を生きよう。

Don’t give up to stop the fight.

いのちより愛

ツイッターなんかで社会科のお勉強をしていると、「お金よりいのち」という言葉をよく目にします。これを見る度になにか引っかかって気持ちが悪かったのですが、それがなんなのか最近はっきりとわかりました。

お金よりいのち、と言っている人は善意ある、311以降脱原発などを訴えている人がほとんど。脱原発は私自身も賛成です。賛成というか、目指していることですから、この点では同志です。

ですが、お金といのちって、比べるものでしょうか。そして比べて確認して、何か意味があるのでしょうか。例えば政府や国家が国民すべてのいのちを軽んじて、経済優先にしていることに対する反論としての言葉だとしても、お金よりいのち、なんて言っては大切なことが遠くへ行ってしまうように思える。

なぜならまず第一に、国民のいのちを軽んじている政治家だって、お金より自分のいのちのほうが大事だと知っていると思うから。というよりも自分のいのちがなにより惜しいと思っていると思うから。お金にしがみつくのといのちにしがみつくのは同じことだから。彼らがもしわかっていないとすれば、自分のいのちと他者のいのちは等しく尊いということがわかっていない。(いのちは等しく尊い。このことはとても重要です。平和を訴える意識の根っこになくてはならないから。)

それから、お金というのは単なる道具、エネルギーの対価としての仮のしるし。それとわざわざいのちを並べてみることがいのちをとても軽くしてしまう。(結果的にいのちを軽く扱うこととなってしまう。)

それから、お金と並べてしまったいのちというのは、肉体のいのちのことにしか見えにくい。(自分のいのちにしがみつく、というふうに使われる意味でのいのち。)でも本当はいのちというのは宇宙と同じ。意識のことであり、神のことであり、愛のことだから。お金と並べてしまうなんて、物事を明らかにするどころか混乱へと向けることにしかならないと思う。(いのちとは肉体のことではなく意識とすべてのこと。)

比べて意味がないばかりか弊害が大きい気がしてならない。

もし私達が本気で世界を変えたいと思うなら、真実を語ろう。真実の言葉の中には莫大なパワーと奇跡の素が備わっている。

私は「いのちより愛」と言いたい。ここでいういのちは小さい意味のいのち。肉体に縛られた意識という意味のいのち。「子どもたちのいのちを守れ」の意味がこのいのちであるなら、私達は子どもを守るなんてできないと思う。すべての人は神の子ども。大いなるちからに生かされた宇宙の意識をわけた子どもだ。この地上でどのくらいの時間を生きたかどうか、その小さな差なんて問題ではない。すべての人が、今を、愛を生きることができるかどうかが問題だ。

もし私達が今を、愛をいきることができるなら、それはすべての人に伝わり、世界に伝わり世界を変えられる。結果的に子どもは守られ愛を受け取り学ぶこともできる。

すべての人のいのちを思いやることができるとき、人は自分という小さないのちの枠を超える。そのとき私達は愛であり、宇宙であり、真実であり、奇跡そのものになる。

愛が私達の中心であることがわかった人から、まだそれを見つけられない人を助ける。私達にできるのはただそれだけだ。地球を守るのでも子どもを守るのでもない。それは自分を救うことであり、同時に世界を救っている。

よびかけます

先の戦争で空軍の兵士だったおじいさんが「戦争では人間はただの道具なんだとわかった」と言ってました。颯爽と志願した時には気づかなかったと。本当にそうなのだろうと思います。

私は人間は道具ではなく、無限の愛を持った神秘の生命だと信じています。

私が戦争に反対なのはそういう理由です。

いくら安倍さんが優れた政治家だとしても、自民党がすばらしい政党だとしても、日本を戦争に導き、国民から基本的人権と尊厳を剥奪するのであれば、その方針には断固反対しいたします。

私はただの道具ではないですし、人類の誰に対してであれ、そうみなすことはできません。

すべての人が、道具ではなく、無限の愛を内包する尊い存在なのだと目覚めてほしい。それが真実だと思うからです。そのことは誰もが本当は知っているはずなのに、自分や隣人を無価値で無力だとみなして目を背けてしまう。

自分に対して、人間のおろかな面に対して、寛大で忍耐強い態度を持つことさえできたら、やがて誰もが偉大な価値を見出すことができます。その寛大さ、忍耐強さのために助け合うことが必要です。本当に必要なパワーをそこに使うことができたら奇跡を体験できます。本質的に世界を変えることができます。

私たちの意識は拡大してきており、本質的な変化を迎えるのにあと一歩のところにいます。その本質的な変化というのは、奪い合い競い合うという価値観から、補い合い分かち合うという価値観への変化だと思います。

実際私たちは家族や小さなコミュニティーで助け合いを経験しています。しかし、社会の機構、システムがそうはなっていません。ですから一歩外に出たら戦争、などと言われます。戦争というのは古い価値観、自然界の生き物のやり方を模倣した古いやり方の踏襲です。しかし人間は科学というテクノロジーを持つため、破壊しすぎるのです。進化した私たちは高度な新しいやり方を採用しなければ自滅します。

戦争は目先では奪い獲得する目的で行われますが、実際は自殺行為です。すべてを著しく衰退させます。わざわざ貧困を作り出しては欲望を掻き立てて再び奪い合うというからくりを人為的に起こします。このことは有史以来繰り返されてきましたが、殺人の技術は飛躍的に進化していますからその破壊力は破滅的です。

実際に今日本に54基ある原発は核の貯蔵庫のようなものですが、この状態が自殺行為そのものです。ですが、欲に目がくらんで目先だけを追っていると、この自殺行為が見えません。危機を危機と感じることができません。また、放射能の危険や電気の不足(それは捏造ですが)の危機感にさらされていれば、今度はもっと大きな危機に対して感覚を閉じてしまい、やはり大局を見失います。

今日本という国家は自殺前の開き直りのような状態にあるように見えます。これに対してストップをかけ、正しい方向、つまりより人間的で人の本質~無限の愛を持つ神秘の存在~にふさわしい道を選ぶのはその存在一人一人の気づきと選択にかかっていると感じています。

どうか、愛をもって現実に目を向け、ご自身の運命をご自身で選ぶ決意とコミットメントを、また必要な助けを求める勇気を、思いを言葉にする努力を、真実を求め見つけ出す一歩を、と、すべての人の心に呼びかけたいと思います。