RUACHより、お知らせとご報告です

こんにちは。いつもお読みくださってありがとうございます。

今日はお知らせとご報告があります。


 ◆勉強会のお知らせ
昨年末に行わせていただいた勉強会をRUACHにて再び行いたいと思います。

■内容と目的 心のセラピストAZUがこれまで探求しまたセッションで学ばせていただいた叡智をみなさんと共有し、ともに探求を深めることが目的です。

みなさんのご興味に沿って自由に、有意義にご一緒に過ごさせていただけるよう進めてまいります。セッションメニューや内容、また施術者にご興味のある方、はぜひお気軽にご参加ください。

■期日 2月11日土曜日 ※祝日 14時30分~17時

■ご参加費 3500円

■最小催行人数 3名様 最大5名様までとさせていただきます。人数に満たない時は延期の可能性がございますがご了承ください。

■場所 トータルヒーリングスペースRUACH

■ご予約・お問い合わせ ruach@live.jp  ℡098-948-3925

※初めての方は、お名前、生年月日、お電話番号、メールアドレスをご明記ください。セッションご体験者の方はお名前だけで結構です。

※テーマやご興味あることなど、よろしければ合わせてご連絡ください。


◆ヒプノセラピストのための講座を始めます

長い準備期間を経ましたが、講座を始めたいと思います。追ってセッションメニューにも掲載いたしますが、こちらにご報告します。いつものことなのですが、先にご依頼をいただき、ようやく立ち上がった次第です。後押しいただき本当にありがとうございます。

私が初めてヒプノセラピストの養成講座を受け資格を取得してから、ちょうど20年が経ち、またプロのセラピストとしての始動からも15年以上の年月が経ちました。

この仕事には常に新しい発見と喜び、学びがあります。皆さんが必要としてくださり役立ててくださること、また友人、夫、そして内なる指針がいつも導き方向付けてくれたことに本当に感謝がつきません。

ヒプノセラピーは、人間の心、意識、また脳の仕組みに基づいた非常に理論的で理にかなった心理療法である一方、その深みでは、インナーチャイルド、過去世、ハイヤーセルフ(高次の意識)に及ぶ非常に神秘的な部分にまで及ぶ、自己探求のツールであります。

ヒプノセラピーは、誘導瞑想と原理は同じです。催眠という名前がついていますが、これはあまり適切だとは言えません。私はよく、二人でする瞑想、と呼んでいます。

瞑想とは内なる神、つまり超意識、宇宙意識への到達を目指す技法ですが、ヒプノセラピーではその前段階として、まず潜在意識への刷り込み、つまり古い概念、思い込み、滞った感情のエネルギーを解除解放し、より高次の意識(愛)を深く受け入れる準備をしてくれます。

この変化変容は一時的ではなく、永続可能なものです。私が一生もののセッションを目指す根拠でもあります。

通常のヒプノセラピー(催眠療法)はここまでを網羅することなく、変性意識状態(脳がリラックスした状態)でネガティブな暗示の上に、ポジティブな暗示を上書きする方法などが知られています。

しかし潜在意識がもっとも多くを吸収し形成されるのは幼少期と言われ、その時期にベースとなっている観念はそれぞれ違っています。一見ポジティブな言葉の暗示がどのように意識に届けられるか、という点で効果には差があり、またその効果が一時的なものとみられる原因はこの辺りにあります。

また、ネガィテブとポジティブというのは相対の世界です。その基準は時と場合により定かではありません。その時々でより良い変化は望めても、恒久的な目的に向けての前進とはまた違っています。

人間にはそもそも、本質的な叡智がすべての人に備わっています。それは生命力、自然治癒力などと同じように、人を本質的な前進に向かわせる力でもあります。プラスの暗示を上書きする以上に、古いプログラミングをリセットすること(自己意識の浄化)こそが、この本質的な叡智を迎え入れるのに対して重要だと私は学んできました。

本質的な叡智とは、恒久的に人を幸せに向かわせるものです。それにはこの世の2元的な価値観を超越した、高次の愛という価値基準が不可欠です。

私は数々のセッションの中でその叡智を体験と意識そのものによって享受してきました。そして自分が教わってきたことをぜひ次の一人へと伝えたいと願うようになりました。

一般的な講座では学びきれないと思われる細部にわたり、ご本人の現状までの意識とエネルギーへの認識と浄化を加味しながらのセッションを含めた講座を開講いたします。

ご興味のある方はぜひご検討の上ご相談ください。

ベーシックコース(必須)※RUACHからの認定書をお出しします。

  • 全体で50時間前後を目処とします。ただし、これまでの学びにより個人差がある可能性があります。お話合いの上必要が認められた場合には延長の可能性もあります。
  • 最初にご一緒に質疑応答しながら内容とペースなど全体の計画を立てます。すでに学ばれている部分などを伺うことで、重点を絞ります。
  • 料金はスピリチュアルカウンセリングの価格帯と同等とします。毎回のお時間や間隔など、ご自身のペースで受講が可能です。

アドバンスコース 

  • ベーシックコースを満了した方の補足とプラスアルファを目的とします。
  • より実践的な部分にも具体的なアドバイスをいたします。
  • 料金、時間などはベーシックコースに準じます。

ご質問やご希望、お申込みなど、ご連絡をお待ちしております。

何卒よろしくお願い申し上げます。

愛するちから

「やりたいことがなんなのかわからない」という声をセッションでよく伺います。また、「なにかやらなければならないことがある気がするけれど、それがなんなのかわからない」という声もあります。

ひとつには、それを思考で解析しようとしているうちは、たとえ候補があがっても、行動に移すには至らないものです。思考は何かを行う原動力にはなり得ません。私たちを揺さぶる心の要求の声は普通、感情・感覚・本能を通して発動します。

そこで世では潜在意識を活用(活性)せよ、というふうに言われたりします。しかし、潜在意識というのはあくまで欲の世界です。しかもその欲とは、からだが学習したことをもとに設定されています。からだが習慣としている反射がほとんどを占めます。欲がなくなったら死ぬよ、なんて言う人もいますが、欲が最低限命を守ろうとする力はそうそう抑えられるものではありません。いざとなったら働いてくれます。そんなことより私たちの欲求が普段、本当はしあわせになるためにいらないものを欲しがってみたり、それが必要だと思わせるよう私たちを仕向けているところが問題です。本当はその欲求を吟味し、手なずけたり手放していくことが重要なのです。

「やりたいこと」とみなさんが表現されるものの中味はそんな欲ではなくて、心底意義を実感できるような、人生や自分そのものを愛さずにはいられないくなるような、本当の満足のことを指しているのではないでしょうか。しあわせ、というのはその中身を手に入れいることに他なりません。

すべての人に可能で、そしてそれが最も地上で価値あるものだと神さまが人間に保証してくれているもの、それが、愛することです。「愛です」と言ってしまうと多くの人は、愛を手に入れるとか、愛されることを連想するかもしれません。しかし、愛を求めていても愛しているとは限りません。

愛することを始めるのに必要な準備は、それぞれに完璧なかたちで魂と内なる神から与えられています。その愛は内側で準備され、発動命令が下るのを待っています。

しかしそれを始めない限りは、そのレッスンを始めることはできません。自転車についていくら考えたとしても、自転車に乗ってみないと上達はしません。愛することも同じです。愛について知っているつもりでも、愛してみないことには問題点にすら気づけません。

現代では愛する前に問題点に気づきたいと考えている人も多く見受けられます。しかしそこでいう問題点とは他者の体験であって、自分のものではありませんから、いくら吟味しても自身に役立てることは難しいのです。わかったつもりでもいざ自分のこととなるとうまくいきませんから、余計にイライラしたり否定的になってしまう弊害も起こります。

愛に向かうための問題とは本当はそれ自体喜びです。向き合うほどに、愛が育つわけですからね。

すべての人は、生まれながらに愛を求める強いちからに動かされ、まず親からそれを受け取ります。そして同時に親を愛します。しかしその愛は、本能や刷り込み的な学習によって裏打ちされた、条件付けによる愛です。欲しい、という気持ちと表裏一体なのです。

ですから思春期に異性に抱く愛情もそれに似て、欲しいの裏返しの感情です。どうりで相手を思うと苦しかったり怖かったりしますよね。幼少期に愛情の欠乏感(寂しさ)を強く持つと、思春期的な愛情欲求が長く続いてしまうものです。求めては失望することを繰り返し、それを超えることができません。欠乏状態では信頼関係を育てることが困難なのです。

トラウマ(心的外傷)というと暴力を連想しますが、多くは共感力の強さ、優しさから傷つく人がほとんどです。他者にフォーカスすることに慣れすぎ、自己の欲求を抑え込んだ体験が寂しさ、欠乏につながって、インナーチャイルドが不満、不安を抱えたままになっていることが愛することを妨げています。ですから人一倍愛を求めていながら、恐れによって愛を遠ざけているのです。愛せていないのです。

一方で、強い欲求なしには人間はなかなか愛のレッスンに取り掛かれないのかもしれません。愛は受容や忍耐や理解や、自分の慣れ親しんだ世界観までもを差し出すことを私たちに求めます。そうすることで他でもない、自分自身が内なるスペースを広げ、養い、成長し、新しいものに生まれ変わるというしあわせを享受することが可能になります。

つまりは愛を学ぶことが即ちしあわせなのです。手放すとは、愛するもののためにスペースを明け渡すことです。愛は古い価値観を捨てるにふさわしい理由です。

その過程で、私たちは幾重にもがんじがらめに巻き付けられた恐れに出会うことでしょう。この恐れに直面させ、そのまやかしに気づかせてくれるのもまた、愛のちからです。

ではどうやって愛すればいいのでしょう? 未知を体験するにはそれを想定してやってみることです。最大限の想像力で、あなたが最上だとイメージできる限りの愛と見当をつけて。そうしてみるとき、魂のちからが発動します。悠久の時間を超えて、神の愛とともに歩んできた魂の記憶があなたの意志のちからに触発されて、魂が廻り始めます。あなたとともに。

するとあなたは気づきます。なんだ、なにも大げさなことじゃなかった。どこへ行く必要も、持ち物を変える必要もなかった。私はひとりじゃなかった。すべてはここにあったんだ、って。

…***…***…

東京勉強会へのお申込み、ありがとうございます。残席おひとり分ございます。お声がけください。
感謝とともに

AZU拝

11日火曜日、東京勉強会のお知らせです

みなさん、いつもご愛読いただきありがとうございます。9月5日の勉強会、奇跡的にすばらしい集まりになり、いらしてくださったみなさんに感謝いっぱいです。

今月も所用ができ、また東京へ参ります。東京勉強会を開催したいと思います。

シリーズというわけではありませんので、また新たに準備し、内容など吟味したいと思っておりますので初めての方も歓迎です。また前回ご参加くださった方にも新たに楽しんでいただけるように考慮いたしますので、継続していただければ幸いです。

今回も3名様にお集まりいただければ開催いたします。

場所も前回同様、銀座近辺で行いたいと思います。ご希望などお聞きしたいと思いますが、前回のロイヤルクリスタルカフェはとてもいい空間でしたので念頭に置いております。

「普段なかなか、こういうお話を突っ込んでする機会がない」というご意見をよく伺います。複数の方と共通のテーマで対話、交流することの意義深さを前回私も実感できましたので、できる限りがんばっていきたいと感じております。

 

〈心のセラピストAZU主催の勉強会〉

期日:10月11日16時30分~約2時間。

場所:銀座周辺

テーマ:ご参加くださる方、ぜひご提案ください。私の体験と仕事で題材にできることのすべてからなんでもシェアリングしたいと思います。

参加条件:過去に私のセッションをお受けいただいた方も初めての方も歓迎です。顔を見にいらしていただけたら幸いです。

ご参加費:2500円とさせていただきます。また恐れ入りますが飲食代はご実費でお願いいたします。(前回は食べ物はご遠慮いただいたのですが、今回はスイーツなどご自由に召し上がっていただこうかと考えております。)

お申込み先:✉ ruach@live.jp  📞098-948-3925 お名前、ご連絡先(メールアドレス、お電話番号)をご連絡ください。初めての方は生年月日も添えてください。

締め切り:お席の予約などございますので、取り急ぎ7日金曜日午前中までにご連絡ください。

ご質問などなんでも承ります。どうぞよろしくお願いいたします。

AZU拝

勉強会での学び

みなさんこんにちは。

東京の勉強会からあっという間の一週間でした。

お集まりいただいたみなさんには本当に感謝につきます。素晴らしく深いお時間でした。改めまして、ありがとうございました。

いろいろな方とのセッションを重ねていると、そこには自分の知識や経験を明らかに超えていると思えるような導きがあります。その方との間にしか引き出されないであろうと思えるような言葉やたとえが出てきます。ワークの内容を引き上げたり明らかに誘導してくれるちからを感じます。ほぼ毎回、それは一瞬の出来事のようですがそれは起こり、私はそれを感じとりながら、そして感謝しながら、セッションを進めます。

今回はグループでのワークで、8名の方がお集まりくださり、私含め9名でのセッションでした。

セッションを導く存在と私とのセッションは前日の午前中から始まりました。それは私の準備が整うと自動的に始まります。

私の意識のスクリーンのホワイトボードに絵や言葉が描かれ始め、それを見ながら私は心の中でしゃべり始めます。一通りの事前セッションが意識の中で行われるのです。

これを、シミレーションと呼ぶ方もいるかもしれません。しかしその原案は私の辞書にあるものを引き出してくるのではなくて、初めてのものがほとんどです。私にとってそれはまさに聖霊とのセッションのようです。

今回私に叡智を受け取る準備ができると、唐突に大きな白いテーブルがドン、とスクリーンに描かれました。そのテーブルには書類や書物が積んであります。大小さまざまな束になっていて、その大きな一つは「お母さんから引き継いだ資料」。また別のは「お父さんから引き継いだ資料」。また「過去世からの資料」は結構膨大です。

魂が身体に宿ると、肉体の五感を通しての知覚によるデータがどんどん積まれていきます。

私たちはそれらを土台にして、更に学びを進め、整理したりもっと書き加えたりしながら人生を歩みます。

まじめで熱心な人ほどその資料はどんどん増やされていき、その山積みの山が高いほど優秀で、天に届くことがゴールなのかと錯覚してしまうほどです。

さて、一方に登場したのは寝室とベッド。ここは心を静めてからっぽにする場所。実は人生でメインなのはこちらだ、というのがこのセッションのテーマです。

この寝室は私たちのひとりひとりの誰もが、この世に来る前から慣れ親しんだお部屋です。この世に生まれてくると私たちはテーブルでの作業に夢中でつい忘れがちになってしまいますが、私たちの人生の主役である「魂」にとっての本当のお部屋はここです。

寝室に戻ると私たちの頭と心とからだは休まり、私たちが本当は何のためにそんなにも忙しくテーブルにかじりついて作業に追われていたのか、その目的やなにかを思い出します。

私たちは作業していくうちに作業の効率を上げる方法が必要になってきて学んだり、また落ちてしまった効率を取り戻すためのやり方を学んだりして、それなりに賢くなります。もちろん努力する人は、ですが。しかしそんな作業に没頭しているとつい、その作業そのものが人生の主役のようになっていき、それ以外のものは脇に押しやられ、時には犠牲にしたり、抹殺されたりしていくこともあります。

子供の時、大きくなったらナニナニ(職業)になりたい、などと言いますが、おとなたちの作った集合意識の観念が子供たちにそういう資料を手渡して、子供なりにそれが人生の目的なんだ、と理解しているのかもしれません。

 

さて、作業に没頭していて久しぶりに寝室に戻ってきました。戻ってみると私たちは魂がふるさとに戻ってきたようにほっとします。心が静まり、頭がクリアになって、身体はエネルギーを充電し始めます。そこで私たちは本当の自分、内なる神の声を耳にします。私たちは思い出します。大事なことはなんなのか、本当の想いはどこにあるのか、そしてそれを大事に生きるには何をどうすればいいのかが、心の中に流れ込んできます。

そうか、そうだったんだ、と、気づきを得て、さて、再び作業テーブルに戻ってみると、一見して必要のない束や、大事なものに交じってそうでもない、もう使い道のない資料がたくさんあることに気づきました。

寝室に入る前は確かにそれらは全部有用で、これから一生かけて全問を解かなくては、と考えていたものばかりでした。

そしてその問題を解くためにはまだまだ膨大な量の資料を取り寄せなくてはならず、それらを手に入れるためにはたくさんのお金と時間が必要で、それらを準備するにはまだまだ相当余分に働いてそれらをプールしなくてはならない、と、そのための完璧な計画を立ててもいました。

この準備に要した時間と労力が、いきなり無用になってしまったことはショックです。でも古い計画に後戻りすることはやはりどうしても考えられません。私たちは未練がましくも、慣れない新しい道を選びおずおずと進みます。

ではこんなにも寝室に疎遠にならずに、もっと頻繁に戻るようにしてはどうでしょう。できるだけ多くの時間をここで過ごすのです。たとえ作業の途中でも、もう少しで何かが達成できそうでも、その成果を味わうという甘美な誘惑も手放して、ただはたと手を止めて、寝室へと戻るのです。

戻ると私たちは我に返ります。またしても、テーブルではゲームに夢中になっていた自分に気づきます。勝ったり負けたり、優ったり劣ったり、得たり失ったり、そんなゲームに夢中でした。

寝室の世界は全く異なっています。そこには足りないものはありません。余計なものもありません。ただ平安があります。その平安のために必要なすべてがあります。それは、完全な秩序(真理と叡智)と愛です。

寝室にいてそれと一つになっている間に、私たちの意識は引き上げられます。そうして作業テーブルに戻ってみると、その机上にあるものはすでに置き換えられています。聖霊が、誰かの、何ものかの手を遣わせて、それらをより高い波動にふさわしく彩ってくれるのです。自分の手だけで片付けなくてはならないと思い込んでいた品々も、今必要な人の手にわたったりして、あなたのテーブルから優しく去っていくこともあります。彩られた世界は、このように違って見えます。

もうお分かりかもしれませんが、寝室とはあなたの内なる神の居所で、寝室に行くことが、瞑想や祈りです。

あなたは寝室でただ過ごすだけでもいいですし、対話したり質問したり、または話を聞いてもらってもいいのです。ひたすら、癒されることもできます。

できるだけリラックスし、本音をさらけ出し、素直になれれば最高です。

最初の東京勉強会のお話に戻りますと、勉強会で輪になって過ごした時間は、各人が寝室に戻って、その寝室で輪になってみんなでお話したような会でした。自分以外のみんなは自分の分身のようでもあり、神が見せてくれた神の化身の姿のようでもありました。

ブログランキングのクリック、シェアといいね!の応援

いつもありがとうございます。