悲しみを慈しむ、慈悲

なんだか嗚咽してしまった。

きっとみんないろんなことを考え思っているけど
感じてしまうことを少しづつ我慢してる。
例えば、どうしようもないことを悲しむことを。

悲しむ代わりに怒ったりイラついたり疲れたりうんざりしてみたり
さらには理論だててみたり。
なにかのせいにすることで片付けようと必死なのだ。

私たちは真実ではないことに少しづつ傷ついている。
その傷を無視することで少しづつすり減る。

今日私の胸はいっぱいになり、パンクした。
たいしたパンクではない。
小さな日常のひとこま。
ただ、真実じゃないことに疲れただけ。
そして優しい何かに触れて
がまんが崩れた。

そんな風に悲しめたことで心底ほっとした。
疲れもパンパンなからだもゆるんだ。

悲しいことを悲しむことは真実だから、
そこには神の光がある。
あたたかい優しさが来る。

別のことであるふりをしている間には
決して癒されない。

私はただ、真実が好き。自由が好き。平和が好き。
理解や助け合いや優しさやユーモアが好き。

溶け合ってひとつになっていくことが幸せ。

対立の根底にある平等さや
議論の基盤にある誠実さや
闘いの奥にある真摯さなどがとても好き。

平等なき対立や
誠実さを欠く議論や
真剣味のない闘いは
まったくの無意味。
それらはただの暇つぶしか搾取の一種だとさえ思う。

そういうすべてを乗り越えた向こうにある信頼が好きだ。

例えば、他者を思う思い。
全体を思いながら持ち場を全うする責任。
そういうことを背負う幸せも。

それが人の本質だと私は思う。

本能を本質と取り違えないことだ。

人間は弱い。ライオンよりオオカミよりヘビよりゾウより。
しかし私たちは彼らに愛を教えることができる。
そのお手本を示すことができる。

それが地球を預かる引き換えの責任。

サルがイヌを愛するのは
人間が見守るなかで起こること。
自然の厳しさから守ってあげたとき
本能を超えた優しさが目覚める。

人間はそれを考え選ぶことができる。
本能には選べないものまでも。
想像して、選び、与えることができる。

神が人間に与えたものは
神に似たちから。

いまだ無いものを創るちから。

しかしそのちからさえ、与えられている。
それが真実。

神は愛。人間も、愛。
それを創造することだけが使命だと思う。

お読みくださりありがとうございます。
このブログの応援、感謝します。

宣言してしまいます。

紋羽の木(もんぱのき) 薬草でもあり、日本で最初の水中眼鏡が作られた木でもある。きれいで大好き。

みなさんおはようございます。
こんなハイペースの更新、未だかつてない、状況です。

まず、一緒に実感のある寄付しよう!プロジェクトは
第一幕を閉じました。
昨日現場を撤収し、今日杉山優さん、無事に帰路についているはずです。

いただいた寄付は現地で今一番必要、と
優さんのハイヤーセルフ
(本人には未承諾ですが多分納得してくれます・笑)の采配によって
物資へと換えられ届けられています。
最後まできっちり仕事をしてくれています。

また、アマゾンから送ってくださった物資に関しても
すでに同じように使われ、メッセージとエネルギーとともに
手渡されている状況です。

この点の詳細が完全につかめていないかもしれませんが
後ほど報告があるかと思います。

私の予感ですが、このプロジェクトは続くというか
拡大するのではないでしょうか。

発信源はまだしばらくここにありますが、
発信源自体が拡大し、そしてそれ同士がつながる
可能性があります。
増殖ですね。

増殖したくてうずうずしているエネルギーを感じます。

さて、私は個人カウンセラー、個人セラピストであって
個の幸せ、と真理を探究しています。
真理はそもそも個の幸せのためにあります。

これまでの世界では
なにかのプロジェクトをするとき

枠組みとシステムを作って
それに個々がはまって、
役割を果たすことで
全体を回す、

という仕組みになっていたかと思います。

それがまあ、今の社会です。すごくおおざっぱですが。

そしてそのシステムは目には見えやすい(思考では解析しやすい)
けれども難点がありました。

全体の調和ために個のエネルギーが非常に制限されるという点です。

社会は、役割からなるべくはみ出さない規格品を望み、
それを育てるべく、教育をしました。

結果、個のエネルギーは損なわれ、病理を産み
個の幸せ、果ては人間の生きる目的意識や
感覚そのものの創造性も奪ってしまうことになりました。

しかし、その芽は滅びたわけではありません。
私たちはそれを、外側の世界に同調しながらも
温存してきたのです。

温存したままそれをなるべく素早く蘇生可能にしておく状態で生き抜くのは
容易なことではなかったはずです。

ほとんどの人は、その芽がなんのために存在しているかにさえ
懐疑的にならざるを得なかったでしょう。

これがいったい自分を幸せにするんだろうか、世の役に立つのだろうか、
いや、まさにトラブルの元凶だったではないか。

私がまさにその一人です。
「なんか、輝かしい才能とか素質みたいなものをもらったようだけど
(これは、子供時代、学生時代には随分輝いていた記憶があったためです。)
生きるために役に立たないものばっかりだ。
というか、邪魔だ。
というか、私には役に立てる能力がない。
つまり、私はダメな人間なんだ。」

そんな気持ちで大人になってからは過ごしました。

私が自分を蘇生させるためには
ものすごく複雑な手続きが必要でした。

それは、周囲にそれをしているお手本がなかったため
自分でみつけ、切り開き、体感し、進んで失敗を冒し、
立ち直ってまた進まなくてはならなかったからです。

でもいつか、自分の人生がそのまま
同じ誰かの役に立つだろう、という希望だけが
私をあきらめなかった支えです。

私を根本から救ったものは
私の内なる神=真の自己です。
私はその神の使者になりました。

私の人生の目的はこれでした。

神の使者にできることは
実際になってみると本当に小さな事ばかりです。

前述しましたように、
社会は枠組みとシステムを作り、人間をそこにあてはめて起動します。

しかし神の使者はそのシステムを覆します。

まず自分の内側に潜り
自分の中の不純物を排斥する、
つまり自己意識のおそうじをこつこつやります。
古い観念、想念の解体ですね。

そして中心とのつながりをなるべく透明に保ち
しかもそのことに固執しない付き合い方をからだで覚えます。

からだで覚える、というところが肝心です。
それには稽古が必要なのです。

そして今生きるステージの中で
その稽古が活かされるよう
小さな実践を重ねるのです。

そのころにはもはや
世界を変えるために大きな仕掛けが必要ないということに気づいています。
小さな実践に対するフィードバックをいやというほど見せつけられ
体験させられるからです。

神の使者は、この創造の源とのつながりを確立し
それを意図的に実践して生きる人のことです。
肉体のある次元でいうのならば。

優しい人(天使的な人)の中には半無意識的に、
自分なんてなんでもないものです、という気持ちで
善い行いをしている人も大勢います。

また一方、使命感というものに固執するあまり
自分を確立したいという欲求のほうに傾いてしまう人もいます。

ですが、両者とも本当の使命を果たすには不充分です。

自分を忘れて奉仕するというのは、自分の価値を見出さないこととは違います。
自分の価値を見出さないということは神の価値、働きを見出さないのと同じです。

また使命感からくる自分を確立したいという欲求は、
自分を完全なものにしたいというありえない目標を掲げるようなものです。
すべては過ぎ去ります。
自分を探して自分にばかり投資して、人生を消費してしまいます。

確立すべきものは関係性です。
神の、愛の、光りの通り道を自己の内に確立し
すぐさまそれを周囲との関係性に反映できるように
準備することです。

先日あるかたがSNSで
「私は架け橋である。
そう思えたら楽になった。
意味や何の為ってことを考えているうちは自分が終着所のようだったが、
流れの一環だとみると、自分がやりたいと思える事をする、そうするだけ。
そこに間違いはないのだからね。」とおっしゃっていた。
(公開モードだったので、そのまま転用させていただきます。
お名前出してもいいかな)

使命、持ち場を満たすというのはこういうことだと私は感じました。
与えられた場のなかで、精いっぱい自分であること。
例えば今回の優さんのように。

そして為したことに執着せず、全体と共有、共存すること。

その関係性のなかで、私たちは体験するものを選びます。
選ぶものが、なんなのか、それが次の場へ、私たちを運びます。

できる限り正しい善きものを探しながらも
私たちは関係するすべてに愛を見つけるという選択ができます。

実は正しい善き行い以上に、関係するすべてに愛を見つける選択のほうが
はるかに良い結果を産むというのがエネルギー的に真実です。

ですから往々にして、神の使者は小さなものに、より狭いところに宿っています。
そのほうがはるかに仕事がやりやすいからなのです。
枠組みに縛られないし摩擦が少なくて済みますからね。

新しい世界の創造はこうして起こると確信しています。
でも、ただ待っていてはだめです。
自分を点検し、蘇生すべき芽を今すぐ見つけてください。
P1000007

クリックでこのブログを支えてくださりありがとうございます。

創造する意識、それが人間

みなさんこんにちは。AZU WORLDへご訪問くださりありがとうございます。

お盆も過ぎ、先日は台風が来ました。今年は梅雨入りしたかと思うと雨が降らなくなりそのまま毎日快晴の繰り返しでしたが、ようやく変化が出てきた感じです。

本当にあっという間に時間が過ぎてしまいます。私も今年は47歳という年齢になりました。お祝いの言葉をたくさんいただき、この場で改めてお礼を申し上げます。私がこの世に生まれてきたことにありがとうを言ってくださる人がいるというのは本当に幸せなことです。そういえば、そんな人になりたかったんだった、と、本当に日々感謝ばかりが浮かんできます。主人と出会ってからちょうど10年なのですが、ついこの間という感じすらします。沖縄へ来てからは5年目です。はばからず言いますが、主人は私にとってこの地球に生まれてきて最大の贈り物です。もしこの贈り物がなければ、こうも穏やかに、地上で平安に生きることはできなかっただろうと思います。私がもっとも大事だと思っている瞑想すらも、こうも深く触れ合うことができなかったでしょう。地にこのような磁場を一緒に築いてくれるパートナーがいなければやはりインドの僧院にでも行かなければ瞑想していられなかったと思うのです。この幸せが世界の磁場を創る一助となることを祈ります。

私は人間がこの世に生きることは苦難に満ちていると思います。生きるのは誠に厳しいものです。私のセッションにいらしてくださる方は、よくおっしゃいますが、周りを見回すとみんな普通に生きていて、苦しんでいるのは自分だけのように思えます、と。でも本当はそんなことはありません。多くの人が人に言えない、見せられない苦しみを抱えています。また、それを忘れている人もいます。無感覚になって、外側を比べて自分を納得させている人も大勢います。どこをとっても不足していないのだから幸せに違いない、というように。ポジティブシンキングを遂行するために、内面を感じないよう蓋している人も大勢いるでしょう。とにかく地上の多くの人が、ライフスタイルを維持するために昨日のように今日をやり過ごすことに集中しています。不幸というハプニングが起こるまではなんとかこのまま行くのだというふうに。向きあおうとするのは、そのライフサイクルが破綻して、あるいはそれが形骸だけになり心がついていけなくなって、どうにも自己が変わらないことには進めない、と感じた人です。

多くの人は、不運は不運な人にだけ起こるものであって起こらない限りは自分にも平等に起こりうるのだということを忘れています。また不運な人は自分の中に何か重大な欠陥があってそれを修復しなくてはならないと思っています。でも、それらのすべては私たちの誰にでも起こりうることです。そこで、想像力の薄い人は起こるまではあり得ないと信じてるし想像力の強い人はもし自分に起こったらどうしようと恐れます。通常問題があるように見えるのは想像力の強い方の人です。

ですが本当は、その問題のすべては人類が潜在的に持っているものであるにすぎません。誰が先に気づいて自分のこととして取り組むかの違いがあるだけです。

私は想像力というのは人間の能力の進化だと思っています。想像力というのは本来、愛を感知し、肉体に降ろすために使われるべきものです。また愛を表現し、他者へ届ける時に使うものです。ですが、多くの想像力豊かで愛情に満ちた人が、そのパワーをおそれのために消耗して来ました。それは無理もないものです。地上にはサバイバルの意識で成り立つ社会が構築され、そのルールに則って幻想が展開されているからです。想像力は常に危機にさらされ脅かされる心を守るために使われてきました。

その想像力の使い方を、私たちは今、軌道修正する時に来ています。本来の使い方に戻してあげるのです。そうすると私たちは内なる源泉に繋がり、無限の力とともにこの地上を創造するものに戻れるのです。私たちは弱者ではありません。一人にひとつずつ、無限のパワーがついていて、それを使いこなすやり方が地上には降ろされています。瞑想と祈りがそれです。

やり方をマスターしてください。探求してください。正しく知れば、誰もが望む存在になることができます。必要を感じて、近々瞑想とスピリチュアルのガイダンスのためのワークショップを、できたら定期的に行えるよう準備しています。ご要望などありましたらご連絡ください。

多数決の虚しさをいつも私は思います。しかし、一方で、一人の人がなにを思いなにを信じ、なにを希望し、なにを感じて生きているか、それだけが世界を彩り形作っていくのだという真実に希望を持っています。社会の実情を知ってなにになると思う人もいるかもしれませんが、私は、なにを祈るのか、より明確に意図するためにできる限り今の状態状況を知っている必要があると思っています。カウンセリングと同じです。社会の病理や隠された要因に明かりを当ててよく見て、そして気づいていながらにして祈ることが必要です。それはすべて人が作り出しているものだからです。それも、私たち兄弟姉妹の意識が織り成しているものです。私たちはすべてつながっています。誰がやっているように見えても、私たちの意識がやっています。ですから他者のしわざに見えるのは私の無意識がそう見せているだけなのです。

今日も、自分がなにを思いなにを感じなにを信じているのか、ひっくりかえしながら探求したいと思います。

現実を変える

現実って一見厳しいけど、向き合おうと決めた瞬間に優しくなる。向き合う決意というのが次の現実を作り、ものごとの変化を形作っていきます。現実は創造物。創造に参加しないと満足のいく作品は作れない。と、これまでの人生で学びました。

通常、現実と呼ばれているものは、内側から出てきた映像が周囲に投影されているものなので、私たちが創造しようとするならその映像を作っている内側に戻らなくてはできません。

創造は最初の段階としてはまず、この映像をもっとよく変えたいな、とか、どうしたら変えられるのかな、という気づきから始まるでしょう。

次にするのは多分、この映像に向かって働きかけること。映画でいうなら、スクリーンに向かって力を加えたり、つまり押したり引いたり叩いたり、説得したり、或いは整理したり、理論付けたり。整理したり理解したりするので、少し良くなったり、進んだ感じがするかもしれませんが、これはとても骨が折れます。

これを繰り返していると、だんだんと不満が大きくなると思います。同時に自己の無力さ、この世の不条理さにがまんがならなくなるでしょう。このまま生きていくのに対して不安や悲嘆、恐れと怒りが、実は少しも解決されていないことに気づくことでしょう。いくら生活が楽になっても、社会的に成功しても、世の中で価値あると言われているものがいくら手に入ったとしても。3次元的な解決法に絶望すると、人間はようやく内側へ向かう気になるかもしれません。

さて、そこまで遠回りをしなくても、内なる導きを感じるとこのできる現代の魂である皆さんはうすうす、気づいているかもしれません。この人生は魂が見ている夢で、その夢は私たちの内なる創造主とともに自らが作っている。その創造のやり方には少しコツがある。それには気づきと立ち位置が重要で、作業方法は、いらないものをどんどん手放す、赦すことである。そしてもっとも大切な真の自己というものをみつけてそれとともに進むことだ、と。

内側に入っていくやり方は、何千年も前から人類に提示されていました。瞑想というのがそれです。でも私たちは生存競争というゲームがあまりに過酷で、肉体を生かすことに必死でした。ですから生存競争から解放された人も、まだその感覚の記憶の残像によって、競争という観念が消えません。他者と比べ、他者に勝ること、他者より強靭であることが存在価値だと無意識に信じてしまいます。

その無意識であまりに当然だと受け入れている価値観をベースに世界を見ています。平和や愛、優しさを本当は奥底では求めているのですが、それをどう物理次元に創造していいかわっていません。それでまた古いやり方に戻っていってしまいます。わかりやすく、前例のあるやり方で幸せを目指します。もしかしたら、もっともっとずーっと勝ち続ければ、強ければ、それが得られるかもしれない、と、ささやかな理屈と慰めとともに。

ですが、私たちの魂は、神のやり方へと前進します。いつか私たちがエゴの恐れを超えて、神の愛の中へ飛び込み、そのやり方をいつでもマスターできる準備がこの宇宙にはあります。

私は、世界が変わるには一人一人の潜在意識の記憶が癒されることに尽きると思っています。癒されないと私たちは古い記憶の残像によって自動的に反応して、その反射と反動から選択をします。無意識に、過去を反芻してしまうのです。また、真実や現実を受け入れたり信頼するというスペースが足りません。敵に攻撃されるのを恐れて、先にやっつけるか、またはやり返すか、抵抗して防御し続けるかという反射を繰り返します。癒しというのうは、とても具体的に、受け入れることが可能になった状態であり、愛の法則を信頼できることであり、一見奇跡に見えるその法則を自己のものとして創造できるようになることです。

それができている人が地上にその法則によって生きることを始めると、人を恐れさせるものが軽減し、共有という連帯が可能になります。そのとき人間の創造による成果は爆発的に飛躍するでしょう。地球上をまかないそれを上回る豊かさで包まれることは容易に想像できます。

実際に、例えばアフリカではどうして私が子供のころからずっと、食べ物や水がない、危機的状況があちこちに起こるのでしょう。その飢えと危機が何十年も続き、世代間を引き継がれているのはよく考えると不思議なことです。その理由のひとつは内戦です。人が破壊にエネルギーを使うことで多くの創造力(生産能力)は奪われます。90年代にNHKのドキュメンタリー番組で、12歳で兵士としてスパイ活動をしていて両足を失った女の子の吹き替えをやって、そのセリフが「この国は本当はみんな働き者でいい国なのに、戦争があるたびに貧しくなり貧困から抜け出せない。どうしてこんなことになるのか不思議なんです。前に進めないんです」でした。日本が飢えていたのも戦争によって多くを奪われたからです。でも多くの偉い人は国内外の軍事費用を支払うことで日本国家の豊かさが存続できていることに気づかないのはばかだ、という風に誘導します。つまり貧困を恐れて戦う(強くなる)というのがその言い分です。でも、実際には戦いこそが貧困を作っています。奪い合い、つぶしあうという競争原理が。本当にこんな過去の遺産を早く清算したいと思う。したいと思うから、私は瞑想し、自己を浄化する。その意識世界への取り組みは、あまねくいきわたる宇宙意識とつながり働くことができるからだ。私が世界に対して不満を持って誰かに訴えるよりもはるかにはるかに有効だと知っているからだ。

自己の恐れと分離という隔たりを癒し統合する。一つなる意識を体験しそこに感謝し願い委ねる。愛という法則による創造のコツはこんなことだ。大変そうだけど、今から私が国会議員になるよりはうんと簡単だと思うしこの法則は誰にでも本当は優しいのだ。