筋肉と意識

みなさんこんにちは。

最近ネットでたまたま、正しいスクワットのやり方というのを目にしたのですが、それがこれまでそうやったことなかった、というかたちだったのです。おしりを反らせて骨盤を前傾させて、足は肩幅、つま先は45度開く。そう、これはウェイトリフティングで見たことのあるかたち。

ためしにやってみたら、なーんだ、これまでで最高じゃん、という効果を感じました。劇団員だったころは、部屋にマドンナの腹筋写真を貼って筋トレしていた私です。筋肉は付きやすく、芝居の稽古に入るとおもしろいように変身していく体験があります。しかし、イメージ(目的、ビジョン)なしにやると、いびつに無駄についてしまって、決して美しくはなりません。ですから目的がないときは筋トレはしないようになりました。

仕事で歌っていたときは、歌に効く筋トレばかりしていました。歌っている人共通の体形の特徴も、使う意識、神経、それによって使われる筋肉で形作られるのだと思います。

メンタル面でも、筋肉があるほうが自信や前向きさを感じやすいというのを実証実験したりしていました。体を筋肉が正しく支えてくれていると、安心感が出ます。

内面の状態と姿勢というのも直結していて、例えば役を演じるときにその姿勢をとればそういう気持ちがわいてくるというように、人の意識はイメージとともに神経を通してからだにメッセージを与え、それが習慣となり形作られるのだと理解しています。

ここ数年は、「外面を忘れる」がテーマだったので、犬の散歩で坂を歩くのと、最低限のアーサナくらいしかしていませんでしたが、いつもと違う筋肉を刺激したことで脳の違う記憶や興味の部分が刺激されているわけね、と実感しています。

筋肉は年齢にかかわりなく使えば進化してくれるそうです。脳細胞も、最近の研究では死ぬまで新しく生まれることがわかっているそうですが、活性している部分とつながらないとそれは使われることがないそうです。

人生は蓄積ではなく、今というエネルギーなんですよね。

「感じる」ことをしないと人間は蓄積する人生をいつのまにか生きているものです。「思考」は足し算引き算という価値観を基準に働くからだと思います。思考から離れ、感じることにギアをシフトするとトンネルから、今というステージに戻って来ます。

そこでさらに、外にあるものを感じることから内側を感じることへ、もう一段階ギアを入れ直してみてください。そうすると、外側を作って見せている自分のフィルターがわかるようになっていきます。ステージの中心に立つ自分と、立っている自分を客席から見ることが同時にできるようになっていきます。

本当の自分の姿がそこに在ります。

完璧な今を生きる

みなさんこんにちは。
今日も、長年のおつきあいをいただいている方からいただいたご質問への返信を掲載させてください。

正直、上手に書けているとは思えませんし、もっと簡潔にわかりやすい書き方がたくさんあると思っていますが、今の自分なりに精いっぱい、ある意味必死(笑)に書かせていただきました。

いただいたご質問は、「どんな状態でも完璧」と言われる概念についてです。難しいですよね!

以下、私からのご返信です。気がついたところを少し加筆させていただいています。

「どんな状態でも完璧」という概念は、何を、どの視点(次元)から観るかによって全く意味が違います。

まずどこからみても完璧なのは神だけです。

「状態」というのは移り変わるものなので、そもそも完璧ではありません。例えば「正しさ」というものも、状況によって変わるのであれば本当の正しさではありません。つまり本当に正しいものというのは真理だけですよね。

生きるということは変化するということです。この世界での真実は変化するということだけだと思います。

変化とは今の状態から次の状態へ移るだけなので、本質的な変化というものは確かに、本当は無いとも言えます。

そういう意味では、私たちは神という永遠無限の真理の中で、ただ移り変わるかに見えるものを体験しているに過ぎません。

それはある言い方で言えば、そのままで完璧です。でもそのことを、どんな状態であろうとそのままでいい、というふうには言えませんよね。

「どのような状態も完璧」の意味の一つは、今その状態であることが今のあるがままであって、それ以上も以下もない、ということではないでしょうか。完璧にそれでしかないのです。そして変化というのは、今の完璧な状態から次の完璧へと移り変わるだけ、という意味です。

私が(以前にお話した)他者(セッションであればクライアントさん)の内に対して観る完全、というのは状態ではなく本質で、魂と内なる神のことです。この場合の完璧は、それ自体が本当の意味での全き愛です。全き愛とその人の「状態」との間の壁がどこにあって、その人が今どういう状態に「陥って」いるのかな、という観方をします。

魂と神に対して開いていない状態はすべて陥っている状態です。そしてすべての人は、みな等しくどこか陥っています。陥っていなければそれはすでに完全に神と一体ですよね。

私が相手の方に見る魂や神は、自分の中に観るのと同じ程度にしか見えません。ですから私は、自分の中に日々神を観ることを求めます。

ご質問に対しての端的な答えとしては、自分の中の神をみつけることがすなわち、世界の完全さと出会うことになります。神をみつけるには、深い瞑想が必然となります。それ自体が答えです。

セッションでは私は自分の分と、相手の方の分を両方、神にお願いします。

まずはその壁を互いがはっきりと観ることができますように、そしてそれが本当に必要なのか、必要がないものなのか、明らかに気づけるようお導きください、そして、不要なものであれば、それを手放せますように、さらにその壁や鎧の代わりにあなたが護ってくださいますように、というふうに。

陥ったところには必ず影である闇と無知があり、それを維持するための恐れがあります。私たちはそれらから、自由になる努力が必要です。それが、内に神を宿す私たちの必然であり使命だと思うからです。そうしなければ、愛を生きたことにはならないと思うからです。

その努力にあたって人が変化する時、今の状態を受け入れることができないままに次に移行しようとしても、その人の世界では、不完全さから次の不完全さへ移行するだけになってしまいます。物理次元を主体に観ているとみなそれをやっています。

意識(スピリット)が主体の世界での法則はこうです。

今があるがままの100%であることを認めると、次の、別の100%へ移行できるようになります。つまり、変化の中にいて、常に新しい完全な自己へと移行できるようになります。

その時に人は初めてあるがままに、今にいる、ということがわかるようになります。完璧な今にあって初めてこれまでのすべてが完全であったと悟るのです。

つまり、「どんな状態でも完璧」というのは、今という完全さに目覚めた瞬間の中にだけ存在することなのであり、この世、幻想世界での現象を示してはいない言葉だと思います。つまり、神をみつけたときにだけ在り得るのだと。

自己に取り組むワークというのは、今を完全に認めることに他なりません。その作業があって、私たちは次への変化を進むことができます。それらの工程は自分の枠の中にある自己意識だけでは不可能なのです。必ず、それ以上の意識、つまり超意識以上の、魂、神という意識が伴ってこそ可能になります。それで初めて、不完全から不完全への移行という幻想を退け、完全から完全への移行が可能になるのです。

魂の連帯に、今日も感謝いたします。
AZU拝

ストーリーか、愛か、

波動が高い、波動が低い、

高いのは愛、神、高次元。では低いのは?それは3次元のすべて。

3次元は、時間と空間、そしてストーリーでできている。

ストーリーには始まりと中と終わりがあり、
原因と結果がある。

つまり、地上の物語のすべて。

それは悪いわけではない。
ただ、そこには平安がないだけ。真実がないだけ。
だから幸せもない。

そしてそこには
勝ち負けがあり、優劣があり、価値と無価値があり、順番があり、

過去があり、理由があって、今がある。
今は過去の集大成であり、未来はその延長上のいずれかにある。

今がこうである理由を過去の出来事にみつけ、
過去を裁き、未来に備える。

そこでの最善とは、今を分析し、過去の誤りを挙げ、
過去の反省とともに過ごすことに専念すること。
しかし誤りはまた起こる。
努力ほど報われず、恐れは膨らみ、時間はすり減っていく。

そこに愛や平安が存在できるのか?あると考えるには矛盾がありすぎる。
なのにヒトはその延長上に愛を求める。

ストーリーに愛を組み込み、それを証明したがる。
ストーリーは自分を縛り、他者をそこへ当てはめる。

ちっぽけな枠に愛を、神を、はめ込み、カテゴライズする。
神を矮小化することでヒトは守られず、恐れ苦しむ。

波動を上げるとは、

この、ストーリーのすべてを離脱することだ。
時間と空間を離脱することだ。

すると、ヒトは魂を思い出す。
存在する意識を。ふるさとを、根源を。中心を。

高次元であるヒトは、3次元にはいない。
そのとき、ヒトは、今ここにある。

今ここを3次元内で理解しようとしても不可能。
それは、ヒトの内側にしか存在しない。
外側に今ここなどない。

今にいない限りはあるがままでいられるわけがない。
ストーリー上にいるヒトは、役を演じなくてはならない。
そこにあるがままはない。

内側にいるには、自分の中身をみつける必要がある。
中身とは意識だ。

意識をみつける必要がある。
意識を外から眺めるのはなく
意識の底へ、降りなくてはならない。
降りて、降りて、中心をみつけなくてはならない。

中心をみつけない限り、ヒトは外から中を眺める。
外にいる限り、ヒトはストーリーの流れにいる。

その中心を、宇宙意識と言う。神とも言う。最高次元とも、根源とも言う。

神から私はまる見えだが、私から神は見えない。
だから私は見えないものに祈る。

私のなかにあなたがいることを私に示してください。
私にあなたを感じさせてください。
あなたのご意志を私にわからせてください。
そしてそのように導いてください。
どうぞ私をお使いください。
あなたから逸れないように、
私のなかにあるストーリーをどうぞ手放させてください。
外側に対して自動的に反射してしまうあらゆる本能の選択を
過去のストーリーに基づく予測から
あなたのご意志による選択へと置き換えてください。
私の内側に刷り込まれているあらゆる思い込みによって築かれた価値観を
どうぞ解体し、あなたのものへと置き換えてください。
私は私の小さな枠を解体してくださるよう祈ります。
小さな枠の中にある、古い、学びを終えてしまったエネルギーを手放し
あなたへ明け渡します。
どうぞ、ここへ、住まわれてください。

すると、中心が、私の中へ広がってくれる。

その時、私は、自己の中心を感じることができ
中心から外を眺めることを知る。
外にはストーリーがあり、
自分はそこにはいない。

ストーリーを眺めることができ、
時間に縛られない自己を観じる。

ただ、今の連続が在るのだということがわかる。

未来は来ない。

来ないものを恐れる必要がなくなり、予測は消える。

過去が消え、原因が消え、今のあるがままが自己となる。
消えたものを認識することがなくなり、
それらは、今に目覚めさせるための幻想という仕掛けだったとわかる。

どのような悲惨なストーリーを見たとしても、
今に目覚めないという悪夢よりはずっと幸運だったと認識する。
ストーリーを感謝とともに、赦し忘れることができる。

あの頃に比べたら、今はずっといい、というのがストーリーだ。
今が至福だということは、ずっと至福だった。

だから、感謝がある。