ちむぐくる

みなさん、参議院選挙、お疲れ様でした。
インターネットのおかげで、社会の動きを本当に身近に感じるようになり
また多くの人々の想いに触れることが日常になりました。

今日はfacebookにも上げた文章ですが、とても強く思うことなので
こちらにも記しておきます。
少し書き足しました。

沖縄が何をしてきたのか、私なりに見たことを書きます。

オール沖縄は、集団自決はなかったことにしよう、という教科書問題が持ち上がったとき、
これはいくら何でもいけない、と、県民が結束して立ち上がったとき作られた連帯です。

そして辺野古基地問題で再び連帯しました。

沖縄は変わったのか、そうではないと私は思います。

沖縄では戦争が終わっていません。
本当は、日本では戦争は終わっていません。

ただ多くの市民が忘れている中、沖縄県民はみんなが覚えている。
忘れてはいけない、と知っているのだと思います。

その違いです。

戦争が終わっていないからこそ、再燃させないように、
みんなが見張っています。

このことは20代30代でも、「当たり前ですよね」と言います。

こういったことは多分、ここで本気で暮らしてみないと絶対にわからない。

私の言うことが大げさだと思われるかもしれないけれど、
まったくそんなことはないです。

おじいもおばあも、日常から国会中継見ていて、いつでも政治の話ができます。
夫が尋ねたことに、答えられないおばあはいない。

いつも、考えているからです。心をそこから離さないからです。
そうでないと、油断すると、あれは必ずまた起こると知っているからです。

孫たちのことを思って、
いざという時家から逃げるルートを考え確保しているおじいの話も聞きました。
この話を内地の方に話したとき、
気の毒に、というニュアンスのリアクションをされたことがあり、
そっか、ここで温度が違ってるんだと一瞬自分の中で線を引き直しました。

過去の痛みから過剰反応している気の毒なおじいの話ではないんです。
それはいつでも起こり得るから、台風に備えるように備えている。
孫を生き残らせるための切実な知恵です。
私はここで暮らしていてそう感じました。

三宅洋平さんの演説にもあったけれど、
攻撃されるのであれば、米軍基地が真っ先でしょう。
軍隊が民間人を守ることなどないということを、沖縄の人は普通に知っています。
災害じゃないんです。戦争ですから。

沖縄にはそういう人々の、家族を守りたい、のみならず、
もう二度と、騙されてはいけない、騙されてはいけない、という
気迫と覚悟があります。

沖縄では洗脳によって、つまり騙されたことによって、集団自決が起こりました。
手りゅう弾が足りない家庭では、
きょうだいや親子が刺し合ったり首を絞め合ったりして、
一番大切な人の魂を汚さず守るために、命を手にかけました。

他の命を優先するために、防空壕で自分の赤ちゃんの命を奪ったり、
外へ捨てたりしなくてはなりませんでした。

みなさん、そんなこと今、できますか?
そんな選択を迫られたお母さんはその後生き延びたとして、
それから幸せに生きていくことなんてできるんでしょうか。

だから最も強く戦争の痛みや恐ろしさに直面した方々は、
声を大にして反戦なんて叫べないのです。
正義なんて叫べないんですよ。
平和は正義のためじゃない。
ただ、人間が普通の人間の心を持ち続けるために、
絶対に守らなければならないものなんです。

だから、私たちは最も辛かったその人たちの分も、
言葉にし、伝える必要があると思う。
そのためには理解し、知らなくてはならない。

人権が私たちから奪われるというのは、
そういうことに傷つくことすら悲しむことすら
許されなくなるということなんです。

人間が国の持ち物になり、国家が持ち物を好きに使うということなんです。

これからあと、多分あっという間に、
私たちは国の持ち物にされる方向へ向かうでしょう。
嫌だ、おかしいと言った人が罰せられる世の中があっという間に来ます。
伝えましょう。今ならまだ言える。

戦後初めての選挙での沖縄の投票率、ご存知ですか?
83.64%です。女性はそのとき初めて参政権を得ます。
日本では、沖縄のほうが早かったそうです。
私のおばあちゃんの人生の途中から男女平等になった。
私たちは民主主義のひよっこなんです。

それ以来、沖縄の人はずっと、見守っています。
平和のため、二度と騙されないため、洗脳されないため、です。

だからこそ、その家族の歴史を踏みにじる、
教科書問題で県民は結束したんだと思います。
それを否定されることは、家族をいなかったことにし、
またその死を無意味にすることになります。

選挙の結果が沖縄と本土でこんなにも温度が違うのは、
沖縄がこうして洗脳されなかったためだと、私は理解しています。

洗脳されている、と言われていい気持がする人はいないでしょう。
でも沖縄の風にさらされていると、見えるのです。くっきりと。

聡明な友人、知人が
与えられた教育や情報に洗脳されているのを見るのは辛い。
騙されないで!と叫びたくなる。

私は沖縄へ来て、生まれて初めて政治的マジョリティーを体験しています。
こんな日が来るとは思わなかった。
沖縄の目線で歴史を見てみてください。
同情や罪悪感を振り捨て、真実を教わるつもりで。
なにかヒントがあるかもしれません。

どうかみなさん、どんなことがあっても、
諦めず、大切なものを失わず
悔いのない選択を見極めていきましょう。

個が失われる時代が再びくるとは思いもよりませんでしたが
もう一度、私たちが生きている間にそれを取り戻し、
ブラッシュアップして次世代に手渡してあげたいものです。

いのちというすべての人への贈り物

みなさんこんばんは。AZU WORLDをご訪問いただきありがとうございます。

今日も書きます。いのちのこと。

今回の選挙で自民党が圧勝したことによって、日本の運命は大きくある方向へ舵が取られました。それは憲法の改定です。それで、この中身をよく調べてみると、それはどうしても「戦争をする国になる」ように変えられるということがわかってしまいます。まず多くの方はここがピンと来ないところかもしれません。「そんなことあるわけないじゃん」と思われるようなのです。

しかし戦争前夜を体験した多くの人が、まさに今のこの空気がそれと酷似していると言います。そして安倍総理のなさっていることを見るとその指差す先にあるのはまさにそれだとわかります。彼は前回衆議院選挙で政権をとった直後のインタビューで真っ先に改憲について口にしていたのを私は見ました。テレビがないのでテレビの放送をネットで見ました。96条をまずは変えてそれから9条を問うと。彼は興奮していました。それは嬉しいでしょう。その興奮から真っ先に出た言葉が、改憲でした。彼は本気だと思います。知るのもこわいしめんどうかもしれないですが、ここだけは避けて通ることができません。もし、改憲が通り、基本的人権を私達が奪われ、戦争をする国に日本がなったとき、犠牲になるのは多くの市民です。子どもたちももちろんそうなります。また徴兵制がしかれればこの国に生まれた魂は平和ではなく軍事国家の民となるのです。誰もが人を殺める訓練を強いられるようになります。ご存じない方も多いかもしれませんが、自民党の石破さんは国防軍についてBSの番組で「命令に従わないものは死刑か懲役300年」にするなどと発言しています。フェイスブックやツイッターなどのメディアを頻繁に利用すると、それらの情報は簡単に入ってくると思います。

私はこの参議院選挙のあと、3度嗚咽しました。こんな泣き方をしたのは何年ぶりのことかわかりません。最近はほどんどが感動泣きかもらい泣きばかりで、自分のことで泣いたことはありません。しかもこの世の終わりのような嗚咽でした。

その3度というのがどれも、虐げられる人の痛みを話していて、突然襲ってきた悲しみのためでした。自分でも驚きましたが、3度とも寸分の狂いなくそのことを話していると始まりました。私は戦争というものにうんざりしています。まるで自分が何万回も体験してきたようにうんざりしています。また、民衆がうまく騙され乗せられて間違った方向へ進むことにもうんざりしています。そして、生活するのに不自由している人がいながら私腹を肥やすことに血眼になるその人間の心にもうんざりしています。自分ももちろん社会的には弱者です。家族に病気の者もいますし、心配とその悲しみはいつも背負っています。過去には私もひもじい思いばかりしました。なにより心細く生きた心地がしない時期が長かった。でも、誰にもそんな思いしてほしくないと強く思います。私は地球のすべての人が生まれてきてよかった、と生きている間に実感してほしいと思う。そしてそのことは、絶対に可能だと思っています。今生きている人それぞれがただ自己と向き合うことで可能になります。簡単ではないが不可能ではありません。

私は自由を切望します。誰の自由も奪いたくないし奪われたくありません。みんながそれぞれの道を自由に歩み、自由に助け合う世界を切望します。各々が完全な自分として自分を生きる世界を夢見ます。それは生命は等しく尊く平等であるという地表にみんなが立つことです。人権をなくした社会ではまずその地盤が失われます。

戦争は私たちから内面的な成長の機会を著しく奪うと思います。先に述べたように戦争を通して開花する文化や才能もあるかもしれません。ですが、失うものはあまりに大きく、癒しがたい傷を残し、なにより私たちの生命を争いの道具に貶めてしまいます。今現在も充分すぎるほどその証は地球上に刻まれています。沖縄に住むとわかるのはその痕跡の鮮明さです。

自分の生命の尊さに気づいた時、他の生命を殺めることは不可能です。戦争が外交の手段だなんてことは欺瞞だと私は言いたい。それは誇大妄想に取り憑かれ増長した小さなエゴの願望に過ぎません。

人間の心というものはみな同じです。本当に自分の尊さを知りたいと思う人はそれに出会うことができます。しかし他者にそれを示したいと願望した途端、それは私欲に変わってしまいます。

私は多数の人に影響を与える人間ではありません。ですが、自己の奥へと人間を掘り下げていくとその意識はすべての人とつながり一つであることを知っています。私が私を掘り、誰かが自分を掘るようになると、世界からは分断の壁が取り除かれ理解や受容というかたちの愛が広がっていきます。

こうした美しい世界を構築するすべての人に、共に世界を守ることを私はここに呼びかけたいと思います。私たち人類が多くの犠牲と前進から構築し、すでに保持することに成功している平和憲法とその価値を今一度再確認し、もう一度意識的に我が物としてください。もう一度、自己の尊さと世界の平和を再構築しましょう。

今日はこちらを紹介します。

とてもわかりやすいちゃんと知らなきゃ大変だ (豊橋いのちと未来を守る会より)

スタジオ・ジブリの小冊子『熱風』7月号 テーマ「改憲」 です。

改憲を具体的に掴むことができると思います。ジブリの熱風は、特に最後の高畑勲監督のコラムをオススメします。これは本当に今がわかる。わかりやすく優しい文章です。

今日もおつきあいいただきありがとうございました。

よびかけます

先の戦争で空軍の兵士だったおじいさんが「戦争では人間はただの道具なんだとわかった」と言ってました。颯爽と志願した時には気づかなかったと。本当にそうなのだろうと思います。

私は人間は道具ではなく、無限の愛を持った神秘の生命だと信じています。

私が戦争に反対なのはそういう理由です。

いくら安倍さんが優れた政治家だとしても、自民党がすばらしい政党だとしても、日本を戦争に導き、国民から基本的人権と尊厳を剥奪するのであれば、その方針には断固反対しいたします。

私はただの道具ではないですし、人類の誰に対してであれ、そうみなすことはできません。

すべての人が、道具ではなく、無限の愛を内包する尊い存在なのだと目覚めてほしい。それが真実だと思うからです。そのことは誰もが本当は知っているはずなのに、自分や隣人を無価値で無力だとみなして目を背けてしまう。

自分に対して、人間のおろかな面に対して、寛大で忍耐強い態度を持つことさえできたら、やがて誰もが偉大な価値を見出すことができます。その寛大さ、忍耐強さのために助け合うことが必要です。本当に必要なパワーをそこに使うことができたら奇跡を体験できます。本質的に世界を変えることができます。

私たちの意識は拡大してきており、本質的な変化を迎えるのにあと一歩のところにいます。その本質的な変化というのは、奪い合い競い合うという価値観から、補い合い分かち合うという価値観への変化だと思います。

実際私たちは家族や小さなコミュニティーで助け合いを経験しています。しかし、社会の機構、システムがそうはなっていません。ですから一歩外に出たら戦争、などと言われます。戦争というのは古い価値観、自然界の生き物のやり方を模倣した古いやり方の踏襲です。しかし人間は科学というテクノロジーを持つため、破壊しすぎるのです。進化した私たちは高度な新しいやり方を採用しなければ自滅します。

戦争は目先では奪い獲得する目的で行われますが、実際は自殺行為です。すべてを著しく衰退させます。わざわざ貧困を作り出しては欲望を掻き立てて再び奪い合うというからくりを人為的に起こします。このことは有史以来繰り返されてきましたが、殺人の技術は飛躍的に進化していますからその破壊力は破滅的です。

実際に今日本に54基ある原発は核の貯蔵庫のようなものですが、この状態が自殺行為そのものです。ですが、欲に目がくらんで目先だけを追っていると、この自殺行為が見えません。危機を危機と感じることができません。また、放射能の危険や電気の不足(それは捏造ですが)の危機感にさらされていれば、今度はもっと大きな危機に対して感覚を閉じてしまい、やはり大局を見失います。

今日本という国家は自殺前の開き直りのような状態にあるように見えます。これに対してストップをかけ、正しい方向、つまりより人間的で人の本質~無限の愛を持つ神秘の存在~にふさわしい道を選ぶのはその存在一人一人の気づきと選択にかかっていると感じています。

どうか、愛をもって現実に目を向け、ご自身の運命をご自身で選ぶ決意とコミットメントを、また必要な助けを求める勇気を、思いを言葉にする努力を、真実を求め見つけ出す一歩を、と、すべての人の心に呼びかけたいと思います。