原点

家族内の不和、将来・未来への不安、からだの極度な不調、自己不信、恋愛の失敗、パートナーシップの失敗、お金の不足、仕事につけない、できない、選べない、慢性的な憂鬱、疲労、無気力、悲嘆にくれる、孤独感、尽きない悲しみ、あらゆる恐怖、不眠、生きていたくない、死にたいと願う。

私が体験してきた、このままでは生きていけないと決意させた要因はてんこ盛りだ。これらのすべてが指さす方向は絶望しかなかった。これらの状況は高校生くらいから始まり、人生が進むにつれて順繰りにそれぞれ深刻さを増しながら私に迫ってきた。

逃げ回って生きるにしては長すぎると感じる人生をなんとかするには結局のところ、自分が変わるしかなかった。自分が変わるとはどういうことなのだろう。言葉では何とでもいえる。変わるのではない、進むのだ、という言い方もある。ありのままのあなたでいい、とか、いろいろと言われている。けれどそのさなかではとてもそんな言葉では納得できなかった。そのままでいい、というのは「地獄にいなさい」と言われるのと同じに感じられたし、進めと言われても、地獄からは地獄しか見えない。一つの地獄から這い出して別の地獄を体験するなんてこの世は狂っているとしか思えなかった。

今ではこの地球に同士はいるということがわかる。多くの人が苦しみの中で、自分の何かが間違っていてそれが悪いに違いないと感じている。当然、私もそう感じていた。「変わらなくてはならない」という考えはそのまま、自分がいけないか間違っているか、と理解するように人間は仕込まれているのだ。

しかし本当はそうではなかった。私たちは、自己を罰することや間違いを正すことではなく、もっと愛することによって変わる必要がある。

正しさ、というのは高次の意味では、より愛であることである。しかし人間の思考はそうは理解していない。だから私たちはもっとそれについて学び、そして変わっていく必要があるのだ。

自分を愛する、とはどういうことだろう。自分と向き合うというのは欠点と間違いを探す旅ではなく、愛の浸透していないところに愛を満たしていく行為だ。

原点は、自分をよく知ること。しかし欠点と間違い探しに終始せずに、愛とともに学ぶには、絶対に神への信頼が必要だ。私たちは神の視線によってしか、自分を赦すことはできない。利己的にではなく自己を愛し赦し受け入れるためには神という高次の愛という中心が必要であり、究極的にはそこに向かうこと以外に私たちを前に進ませるものはないのだ。これはやってみようとした人にはきっとわかる。

ワークはそのためにある。鍛錬は、訓練は、そのためにある。

そのレッスンなしにあるがままである人はいない。あるがままとは受け入れることだから。

どなたかに届けられることを願って、心理療法、ヒプノセラピー部門でブログランキングに参加しています。
クリックで応援ありがとうございます。

癒しとゆるし

虹は神が二度と人間を滅ぼさないという約束のしるしだそう。
虹は神が二度と人間を滅ぼさないという約束のしるしだそう。


1日1クリックの応援、いつもありがとうございます。感謝しています。

インナーチャイルドの本を開くと、「潜在意識に毒をもたらし傷を作る原因となった親を必ずしも許す必要はありません」とあります。ここでの「許す」は、親に許可を与える、というような意味に見えます。

「あなたは私に著しく悪影響を与えましたが、私はそのあなたを許します。あなたは自由です」というのはなんだか不自然でいびつでいかにも力みが感じられます。インナーチャイルドの癒しにはそういう不自然な力みは必要ありませんよ、と著書は教えているのかな、というふうに私は受け取ります。

しかし私は癒しには赦しが必要だと思います。理論上でも体験上でも。この赦しは、自分が自由になることとひとつです。自分が自由になる決意をし、そして、その主権は、おおいなるものに委ねます。そうすると、その動きに必要な流れやうねりが起こります。そこでいろいろな方法や人などとの出会いが起こります。それらは聖霊の引き寄せによって起こるイベントです。

ゆるしに関して多く見られる見解として、頭と理論できっちりと結末をつけて納得することをもって、許した、と決めているケースがあります。何を隠そう私がそうでした。理性で許すことがいい、必要だ、と気づくことはすばらしい前進なのですが、理性での納得を赦しだと思ってしまうと、赦しの効果はとても薄くて、ちっとも自由と幸福へは近づけません。インナーチャイルドは更なる要求を強いられ、抑圧に耐えなければならなくなり、苦痛は大きくなるばかりです。そして、「こんなに努力しているのに、どうして私ばかりが苦しむの?うまくいかないの?」という怒りが増します。

そう、こういう壁に当たる人というのはとてもとても努力しています。努力とともに非常な忍耐を重ねています。そして、もっとやらなくては、と感じています。

そして当然勉強もしているので、やってはいけないこと、と言われていることをやらない努力もしています。怒りを抑え、感じないようにし、感情的にならない努力をしています。人に与えたものが自分に返ってくると信じ、他者へ気を配り、思いやりある態度で接しています。にもかかわらず、自分のことをちっともすてきだと思えなし、自分のことがわからないし、いつもぎりぎりまで我慢しがんばるのが普通なので、自分にはちっとも優しくありません。それで、周囲の人も、自分が与えているほどは自分に与えてくれないと薄々感じていますが、そんなふうに感じるのは感謝が足りない人みたいなので、感じることも自分には許しません。

そんな風に生きていると、まるでトンネルの中をただ走らされているように感じてきます。いつか、ここから出なくては、と、出ることが人生の目標のようになってきます。そして、その方法を探しているのですがなかなかみつかりません。時間だけが過ぎ、焦りますが焦れば焦るほど、空回りしてエネルギーは先細りに思えてきます。そして今のうちに何とかしなければと更に焦ります。徹底的に何かをやってみたりやろうとしたりしますが、成果が出ません。

・・・こんな感じのとき、人は思考の罠にはまっています。今ではなく思考の時間軸上を生きています。過去を悔やみ、未来を恐れている状態です。そうなっているとき人は、自分のパワーを肉体次元に縛り付けてしまっています。

解き放ち、自由になる。そうなるためには「道」があります。思考から出て、肉体から魂へと戻るのです。

瞑想だけがその道を示し、おおいなるものが導きます。現世的にはワークとセラピーが役に立ちます。

私たちはひとつからやってきた魂。


1日1クリックの応援、毎日受け取っています。
本当にありがとうございます!

沖縄はめっきり春めいてきました。沖縄へ来て丸5年が過ぎ、沖縄で初めてセッションさせていただいたお客さまがぴったり5年後の先日、また東京からいらしてくださいました。とても感慨深いセッションです。

常々思っていますが、セッションにいらしてくださる方は私の人生をも作ってくださっています。私の魂に導きと気づきと喜びをくださいます。自分の人生に輝きと意義と美しい景色を与えてくださいます。人生にはいろいろなことがありますが、魂同士のふれあいというのは地上の時間を超えて宇宙の記録として刻まれるということを改めて実感します。

こういう魂の連帯というのは本当にあるものなのだと思います。そうして触れ合いながら互いに化学変化を地上にもたらし、人類の希望を紡ぎだしていくのです。

この5年の間、長くおつきあいくださる方がとても増えました。セラピーを知らない方から見るとセラピーに行くのは病んでいるい人だと思われているかもしれません。実際そんな声も遠巻きに耳にしたこともあります。けれど本当はそうではありません。私のセラピーに関して申し上げれば、人間と自己を探求するという、人間として王道の道にある方こそがいらしてくださっています。苦しみとはその道へいざなうひとつの導きだと今では確信しています。

長くおつきあいくださる多数の方がここ最近になって、昔の痛みを再体験したり、停滞にあると感じていらっしゃるようです。こういう時は集合意識全体で何か取り組みをしている時です。水面下では必ず成長の準備が行われていて、大抵それは後でわかります。

「AZUさん、なかなか進まなくてすみません。こんな私に根気強く付き合って下さりありがとうございます。私だったらとうに自分に嫌気がさしてます」というような言葉を何人もの方から同時期にいただき、これはただごとではないと感じました。

そういう時には、私自身も自分のこととしておなじような心的体験をしています。痛みの度合いなどはそれは以前とは比にならないほど微細ですが、それでも何かに縛られて進んでいないかのような幻想を見せられることがあります。

けれど私はそのことを調子を崩したというふうには見なくなっています。その時は「なんとかしなければ抜けられない」とじたばたするのですが、結局は時期がくるとふっと気づきがあったりしてそれを通過します。そして後から振り返ると、その時期の学びは大きく、後でそれが役立つ場面に必ず遭遇します。同時期に同じような心的体験をしている魂の仲間がいるというだけで、その体験は貴重な何かなんだろう、というふうに思えてきませんか。これは創造のプロセスと同じです。「自分が悪い」わけではありません。

こんな時期に同じようなテーマを持っていらしてくださった方のセッションで、(実際テーマがブームのように重なることはよくあります)例えばご一緒にテーマを解体し乗り越え、自己意識のヒーリングや、ヒプノのワークで浄化をすると、私まで一緒にクリアになります。その時、魂みんなで協力して取り組んでいることがよくわかります。そして改めていつも「肉体は別々でも意識の深部はひとつ」ということを実感します。自分を癒やすことは等しく他者を癒しますし逆もまた真なりです。

私は昨日ある段階を超えた感触を得ました。みなさんはいかがですか?

日常私が気をつけていること。

日常生活の中で気をつけていること。

①習慣によって決めていないか。

②恐れに縛られていないか。

大きくこの2点だと思う。

習慣と恐れ、というと別のカテゴリーに属するように見えますが、どちらもエゴ(肉体意識)の特性です。

エゴは習慣が好きです。おかげで良い習慣に慣れている人はそれによって助けられます。ご飯食べるとか歯を磨くとか、お風呂の時間とか。しかし幼少期に恐れ(ストレス)が多いとこういう当たり前のことをするのにいちいち忍耐や抵抗が伴い、それ以上の仕事、子育て、または勉強などをするのがとてもしんどくなります。大人になるにつれて動けない、行動できない、やる気がない、しんどい、疲れる、おっくうだ、という風になっていくことがあります。

私は主人と結婚して、彼には良い習慣がたくさん身についていることに驚きました。でも習慣化するのが上手な反面、見直すことを忘れがちにもなっていました。新しい良い習慣を導入するのですが、どんどん儀式が増えてしまうのです。そこで手放すことが重要になってきます。見直して手放すこと。内面も同じです。

私には億劫な心の習慣が身についていたので、恐れを癒やすことが重要でした。具体的にはネガティブなレッテルと剥がしていくことです。

食卓=楽しい、美味しい、嬉しい、好き、というイメージが幼少期に付いている人と、食卓=暗い、緊張、恐い、苦痛というイメージがある人ではご飯の意味が当然違います。ご飯に付いているレッテルに気づいて、解除すると、ご飯にまつわる行動がスムーズになります。

安心で自由であると身体は素直に新しい習慣を受け入れ覚えてくれます。

続きは後ほど書きます。