なんのために癒すのか

癒すという言葉の甘さから、癒しという言葉は好きではなかった。自分がかつて必要としていたのはそんなあまっちょろいものではない、という感じがしていた。今でもクライアントさんのなかには同じ気持ちを持っている人がいる。とても共感できる。

癒しは治癒であり、治癒とは肉体のことではなく、心のことである。からだの治癒は、心への気づきの段階に過ぎない。

ではアズさんはからだは完全に健康でバランスがとれているの?と思われるかもしれないけれど、決してそうではありません。からだはいつもあっちに揺れ、こっちに揺れながら、がんばって解毒し、それは時に不快感を伴うけれど、それでもなぜか感謝が沸き、感謝しつつ、日々できることを精いっぱいしている、というのが本当です。からだは不完全でアンバランスながら、私に一生懸命ついてきてくれている。

癒しは神の仕事であり、神だけに可能である。それは、癒しが心に関することだとわかったので理解できたこと。心の平安とは、肉体には存在せず、神と在る心だけによるもの。

バランス、というと、神と現実社会の両方に義理立てしようと思う人が多い気がする。これは非常に狡猾な罠だと思う。私もかつて、この両者に遣えようとがんばっていた。

この罠は、かつて地上で神とされたものの多くは二元性の神だったためではないか、と最近思い当たる。神は強いものを後押しし、弱きを淘汰し、恐れるものに罰を与え、自由から遮る。多くの人の集合意識に刷り込まれている神が、いまだこういった像を結んでいることから、神とつながることを恐れている人も多いように思う。そうして本当の神と分断されることこそが、分離であり、分離という幻想を産み続けることだ。

潜在意識の浄化が進むと、神は私たちの刷り込まれたイメージを払拭し、本当の姿を見せてくれる。神はすべてを育み、求める者に現れ、より小さなものに宿る。弱きものを助け、優しいものに多くの恵みを授ける。愛を持って安全と自由へと私たちを導く。そのための叡智を惜しみなく与える。

癒しは本当の神に遣えるものの仕事であり、ライトワークと呼ばれるものはそれである。光りという情報をもたらすというのは、神にしか不可能。なぜなら、それ以外の世界では、光は影、闇とセットだから。私たちはそのうちの光だけを取り出しもたらすことはできない。

内なる神と言われる領域の光りは、ただ、光りだけの光。あなたがもし、癒されるとすれば、平安というものを得るのであれば、この光とひとつであるということを思い出すしかない。

多くの人が神に選ばれるのを待つ。また、神からの贈り物を願い待っている。しかし私たちがしなくてはならないのは、神を選び、神を愛するということだった。贈り物を愛するのではなく、神そのものを。

どうして贈り物を通してしか神を感じられないのだろう。それが、社会への義理立てなのだと思う。神が一般社会の通念でいうところの良きことをもたらしたとき、私たちは神を受け入れる。しかし、本当に私たちが受け入れるものべきものは、神のやり方のほうだ。

神を選ぶというのは世捨て人になれというのと正反対のことだ。神のやり方を社会にもたらすことだ。それが神の光を地上にもたらすということ。そのためにはまず私たちは神を選び、神のやり方で愛することに同意しなくてはない。これまでの燃費の悪いやり方をやめ、神のやり方に慣れるのだ。

いのちというものに対する観念を、生きるという観念を、存在するということに対する観念を、社会のものから神の世界のものに塗り替える。そもそもそうだったというありのままに戻す。なぜなら私たちはありのままの上に別の観念を刷り込まれているから。

あなたがこの道を選び歩き始めたら、それを誰かと一緒に学びたくなる。愛さずにはいられなくなる。それが唯一の神のやり方を学ぶ方法だから。あなたは癒すために癒されなくてはならない。しかし、あなたに学びが必要な間、あなたは教える。教えることは学ぶこと、というのは、そういう意味だ。あなたに学びが不要となったらどうして教えるのだ?

私が癒しを仕事として選んだのは、より学びたいという願いを聖霊が聞き届け、場を与えてくれたから。そこには感謝だけがある。

ブログランキングのクリック、いいね!とシェア、ツイートで応援、

いつもありがとうございます。