人生の問題を解決するとき必須なもの

1日1クリックで応援いただけます。いつも応援ありがとうございます。

沖縄で暮らしてまる6年になろうとしています。
最近、主人と車の中で(車の中でいろんな話をします)
「沖縄に来て本当に良かったと思う」と私が言うと
「もしかして俺たち、沖縄でなければいけなかったかもしれないと思うよ、最近」と主人から返ってきました。

沖縄へ来てしばらく経った頃には
「どこで暮らしても同じなんだ、要は自分」と学ばされましたが、それも踏まえた上での会話です。
どちらも本当のこと。

沖縄でよく思うことは、人ひとりの想いのちからの大きさ。
沖縄のお天気は行事に強いなぁ、と思うことが多いのだけど、大事なときにはよく、天気予報を無視して晴れる、とか。
大事な時っていうのが例えば、子供の日とか、運動会とかだったりして、私はよく、おばあが孫たちのために心込めてうーとーとー(お祈り)してるんだな、と感じるのです。

私はまじめにそう思うのですが、ここで多分、沖縄の人がこれを読んだら、そうねー、普通よーっていう感じに受け取っていただけるんじゃないかと思います。やまとぅーにはもう少し遠い感じの話に聞こえる気がします。

東京育ちの肌感覚では、例えば、祈るのは最後の手段、という感じがあります。
ですから、何か問題があるときの解決策にはまず合理的手段を探すのが当たり前という感覚です。
体調を崩したらまず病院に行く、というような。当たり前ですよね。

でもこちらでは「病院半分、ユタ半分」という言葉があって、体調の不良も、エネルギー的な不具合かも、という視点で考えるのは普通です。
私はユタさんの言い分がすべてとか絶対とは思いませんが、最初にエネルギーありき、というのは本当だと思っています。

「エネルギー」というのは、人間において言えば、「心」が放つ「想念」の波動がもっとも直接的で影響力があると思います。
いろいろな意味で、沖縄の集合的な世界観は形而上学的に科学的で理にかなった点がとても多いのです。誤解や迷信的な部分が付随していることはありますが、人間が霊眼を一時的に見失ったとしても、再度見つけることができるように形式化されて伝統的に引き継げるように工夫がしてある部分に感銘を受けることが多いのです。

日本人は第二次世界大戦の敗戦のあと、神を封印し、経済を崇めました。
その影響下で育った多くの人は、顕在意識(合理的思考)によってものごとは片付き、人間は発展する、と認識してきました。
でも実際、合理的思考によって解決できるのは瑣末な部分でしかありません。
それはあくまで補佐的に働くちからです。言わば交通整理です。
交通整理で衝突事故を緩和することはできます。
でも、ゆくべきところをみつけることはできません。
ゆくべきところをみつけるのは、私の魂であり、意識であり、存在のちからです。

ゆくべきところがみつからないまま、私たちは交通整理に必死になり、交通整理に人生の時間を捧げます。
より快適に、よりスマートに、を求めて。
そうしていればそのうち、ゆくべきところがみつかるだろう、その先に幸せがあるのだろう、とぼんやり考えながら。
このことは一般に「意識の高い」と言われる人々の中にも多く見受けられます。
しかし、本当にそうでしょうか。私は違うということがわかりました。

もしそういう行為の滑稽さ不毛さに気づいたら、私たちは自己を見直す必要があります。

祈りと瞑想は、私たちが魂と、意識と、真の自己存在と再会するための唯一の方法です。
ですから基本的に、対処と祈りでは、祈りが先です。
そうすれば、対処が実を結びます。
対処のとき、間違った選択(誤解、混乱)を選ばずに済みます。

神というあまねく照らす光にまず介入してもらって、事の様相をはっきり見せてもらうのです。
それから落ち着いて対処することです。
そうすれば、人事を尽くして天命を待つ、という心境にもなれます。

盲目のまま対処に明け暮れ、デタラメに走り回って、「どうして着かないんだろう」とか、
あるいは神がいればきっと着かせてくれるはず、というのも、人間の都合のいい考えです。
それはきちんと依頼せずに、あわよくば恩恵に預かろうという考えに似ています。

きちんと依頼する、というのは、とても大事なことです。
その対処にも自覚を持つことになり、またそこから来た結果をもしっかりと受けとめることにつながります。
結果的に、責任感と感謝にもつながります。

逆説的ですが、よく考えればこれは当たり前のことです。
最高司令官に監視を依頼している、と、イメージしてみるといいかもしれません。
そうすれば自ずと自分の行いも認識し、自覚と責任を持つようになるという感じです。

人間には、思考と想念という、使い方に注意が必要な強大なパワーを与えられています。
神によく話しかけ、助けてもらいながら、最善の使い方をみつけ、施行するという責任があるのです。