天使があなたに伝えること

まだFacebookもTwitterもない頃、ミクシィというSNSがネット上に登場して、そこに『数字は天使からのメッセージ』というコミュニティができた。当時はすごく面白くてよくよくチェックしていた。今では数字を見るとだいたいどんなメッセージだったか感覚的にわかるようになっている。さっきチェックしてみたら2006年に始まっていた。

元ネタはドリーンバーチュー氏の「エンジェルヒーリング」で、今では彼女が生み出したカードリーディングなどが定着している。インディゴ、クリスタル、レインボーチルドレンなどの情報も彼女から発していたっけ。

天使からのメッセージはほとんどが優しくポジティブで肯定的な内容だ。くじけそうなときにも優しく後押ししてくれ、すべては良きほうへと向かっていると教えてくれる。それゆえに私にとっては真摯に向き合うというよりは、勇気のお守り的な位置づけだった。

そんな中、ある時こんなメッセージを見た。

【1と0のコンビネーション(100、110など)】
神と天使からの力強い神聖な導きがあなたの思考を変えるように言っています。あなたはより幸福で健康になるように祈っていたかもしれません。もしそうならば、これはあなたの祈りへの応えです。神はあなたの求める解決が、あなたの思考の中に生まれることを知っています。神にあなたの思考の方向を導き、移行の時期に支えてくれるようお願いしてください。

このメッセージを読んだとき、それまでとは違った感触を味わった。力強い神聖な導きが、結局のところ私になにを求めているのかを咀嚼するのが難しかった。実際のところどうなのかは置いておき、私はこのメッセージをこんなふうに読んだ。

『あなたはこれまでもっと幸福に、もっと健康になりますように、と祈ってきたかもしれませんが、そういった思考そのものを変えてください。あなたが本当に望むものがあなたの思考の中に直接的に神からのメッセージとして与えられます。ですから、これまでの祈り方そのものを変えるのです。あなたが正しく祈れるよう、正しく望むことができるようにあなたは変わっていきます。今からあなたはその時期を迎えます。ですからその導きをこそ神に祈るのです。』

つまり、あなたがこれまで考えてきた幸せと本当の幸せは違っているから本物の幸せのほうに導かれるようにこれまでの古い価値観を手放しなさい、と。

健康、富、愛、美、承認されることなど、一見これらを「持っていることが幸福」なのだと私たちは無意識に信じているが、このメッセージはその無意識的な信念にぽちゃんと石を投げ、その波紋は私の心の奥にさざ波を伝えた。

後から知ったのだが、ドリーンバーチュー博士のメッセージは一元論にまで言及していてACIM(奇跡のコース)ともつながっている。私はそれから更に、このコミュで「マスター・ヨガナンダ」という言葉を目にする。知らない、どんな存在なんだろう、と、単純に興味を持って調べ始めたのがヨガナンダとの出会いだ。

「持っていることが幸せ」と言われるとそんなふうに思っていない気がするのだが、この世においての幸せは「持っている、知っている、わかる、できる」つまりgetすることだという前提に語られている。だから多くの人は「もっと」getしたいのだ。

でも本当に幸せをgetするなら私たちは感じなくてはならない。本当に微細なものを感じとるちからを取り戻さなくては。それはある意味、getとは正反対か、無関係のものだ。

私たちはgetという幻想を支えるためにあまりに暴力的に戦ってきた。その暴力と戦いを続けるために、感じとることは不利だ。感じ取ることは優しく、小さく、時に痛々しく、広く、深い。そのちからは本質的であり本流である。

私たちの幸せはこの本流と一体になることだ。望むすべての人に開かれている。

神に触れる

みなさんこんにちは。投稿久しぶりになりました。先週末は定休日にプラス2日のおやすみをいただき、夫婦と夫の母と3人で長野へ行ってまいりました。長野は私の父の故郷でもあり、夫の風間家の古いルーツでもあり、ご縁を感じています。

旅のテーマは諏訪大社と風間氏発祥である風間神社の巡礼でした。夫の往診先のおばあにおやすみをいただくときに理由をお話すると、おばあは「先生はえらいさー」と言って褒めてくださり「どここどでこういう仕事をしています、と、神さまにちゃんと言ったらいいさー」と教えてくださったそうです。

旅はのっけからおもしろいことだらけでしたが、話が長くなってしまいますのでまた今度ということにして、帰ってきて感じたことですが、やっぱり瞑想とこういった巡礼は別ものでした。どういうことかというと、旅の刺激で頭の中がわんわんしてしまい、落ち着くためにはどうしても瞑想が必要でした。神さまに触れ合いに聖地へ赴いたのですが、神さまを感じるには圧倒的に静けさが必要だということでしょう。数回瞑想するうちに内面は静まり、肉体の疲れもそれとともに癒えていきました。

巡礼というのはそれそのものが自分へのご褒美ですね。神とのつながりというのは普段の生活の中にあるものだとしみじみ思いました。

さて、人間にとっての神さまってなんなのでしょう。神さまが人間に望むことってなんでしょう。

いろいろな側面があり表現があると思いますが、どんな場合にも私は一番に「人間のしあわせ」だと思います。神さまは人間のしあわせだけを望んでいると思います。

人間とはとても複雑で高度な仕組みを持ちながら生きています(神に似せて創られたと言われるほど)ので、しあわせになることは一筋縄ではいきません。だから、神は私たち世界の背後に遍在し、私たちを常に内面(意識)から導きます。

私たちは人生ゲームの最中、どんなに必死になってもはっと我に返って「神さま、私のこのゲームはあなたのご意志にかなっていますか」と問いかけることが許されています。そしてそのルールを採用したとき神さまは必ず応えてくれることになっています。

私たちはついつい、ゲームをプレイしているのはわたしであって、その全責任は自分だしその成果も自分だけのもの、と勘違いしてしまいます。しかし、人生のゲームは常に神さまとのチームプレイです。そしてこの物質界に出現してくる以前の水面下で、ほとんどすべての段取りや設定を、私たちの自由意志が非常に尊重されるかたちで整えてもらっています。

私たちが自分という存在をよく見てよく感じてよく知り、そしてその本質に沿った選択ができたとき、神のちからは最大限に私たちと一体化できます。なぜなら私たちの本質と神の特性がひとつだからです。

「自分のしあわせってなんだろう」
このことをどうぞ追い求めてください。その問いとその追及こそが、神が私たちに歩んでほしい道です。そして何度も本質から逸れながらもあきらめずに求めれば、おのずとその答えに出会うことができます。

「しあわせ」についての様々な誤解がこの世にはあります。インナーチャイルドを探求することの目的もここにあります。過去世を探求することの目的もここにあります。ハイヤーセルフを探求することも、チャネリングをすることも、宇宙と真理の探究をすることも、すべてここにあります。

人ひとりの想念にも、社会的な通念にも、そして世界の在り方のの中にも、しあわせについての誤解が満ちています。私たちはその誤解の存在に気づき、そしてその誤解に慣らされてしまった自己の洗脳を解き、そして本質という光りであり愛であるものに出会い感じること。魂は私たちにそれを求めています。神とその愛は私たちにそれを求めています。

私が人生を通して体験した神はそれです。