ヴォイスヒーリング

ヴォイスヒーリング・ワークアウトというセッションをしています。自分の声が自分を癒してくれることは私のからだが一番よく知っている、という気持ちからこのセッションを始めました。

声を発することはそれだけでエネルギーの発散になることは多くの人が体験済のことと思います。

たまっている感情の持って行き場がないとき、人は歌を歌います。嬉しさを歌で表します。私はどちらかというと子どものころから、辛いときに歌っていました。胸が詰まるような思いがあるとき、歌はその思いを押し流して安らかにしてくれます。

歌を生業にしていましたから、どんなコンディションの時も歌を歌いました。このコンディションで歌えるのだろうか、という状態を何度となく体験しました。その度、歌は私の思惑を超えて、私を助けてくれました。歌い始めることで、私のコンディションは整っていきます。仕事を終えるころにはすっかり元気に穏やかになっている、という奇跡的な体験を積みました。

東京で何度か、ヴォイスヒーリングのワークショップを受けました。天音さんという男性のファシリテーションを受けましたが、それは大学の演劇専攻の初期の頃の授業に似ていました。すべての表現は、イメージです。イメージを具現化するためにテクニックが存在します。

天音さんのクラスで「天から自分の脳天を通り地面を貫くような声」という課題がありました。稲妻が一気にバリンと落ちてくるようなイメージです。十数人の参加者が各々イメージを声にしていきます。私の番になり、私はイメージを声にしました。私の声はまさに天地を切り裂く稲妻のようで、一瞬空気が凍ったようになりました。

その時の天音さんのリアクションが忘れられません。「おお、あなた、その声は、なにか武道をやっていますね。なにをやっていますか?」

天音さんは古神道武道をされていて、発声の基本に取り入れておられたようでした。私は「いいえ、武道はやっていません」と答えました。すると

「いや、そんなはずはない。絶対に武道をやっているはずだ。なにをやっていますか?」あまりに真剣にお尋ねになるので「武道はやっていませんが、演劇をやっていました」とお答えすると

「ああ!演劇ですか。なるほどそれでか。演劇やっている人は強い。なにやっている人よりも強いです!」とご納得されていました。そのご納得のされ方がまた印象的でした。

演劇が強い、という言葉がおもしろかったのですが、確かに演劇は、心と身体とイメージ、そして魂の三位一体のための訓練を積みますので本気で取り組んだ人は生半可な専門家よりも人間の探求に長けているであろうとは思いますし、実際の鍛錬を積んでいますので体現者でもあります。

ちなみにジャズを歌っていたころ、NYでヴォイストレーニングを受けたときも、内容は演劇の基礎訓練の一部ととても似ていました。その時にも初めてのレッスンで先生から「あなた、すでにプロで仕事しているわよね?」と言われました。演劇にはダンスも歌も、からだと言葉とイメージを使ったあらゆる表現が含まれます。私は演劇の現場を離れて久しくはありますが、この研究と訓練を積めたことに感謝が絶えません。

さて、私のセッションでのヴォイスヒーリング・ワークアウトは実際どんなことをするのかお話します。まず、とても簡単な課題を用意しています。どんな方にも対応できるような、できる限りシンプルなテキストです。この枠組みの中で、その方が望まれるような形を探りながら進めます。

とても声を出したい、表現したい、歌のため、セリフのため、というようなご希望があればその方向へ広げます。もっとシンプルに、声で癒すってどうすればできるんだろう、というような、癒しへのご興味が強い方にはそのように対応します。癒されたい部分がはっきりとある場合には自然そういう流れとなります。

この辺りはご本人にもなにが希望かがよくわからないという場合も多いのですが、実際に声を出し始めてみるとその方向性が見えてきます。簡単に言うなら、その方のエネルギーを読み取らせていただきながらそちらへと誘導させていただくようなかたちです。

そのこと自体も自分でそうしようと思って始めたわけではないのです。しかしセッションというのはどの場合もそういうものなのですね。エネルギーが、導いてくれるのです。

自分の歴史を振り返ってみると、演劇の訓練や芝居作りの中に、即興というものがあります。設定だけを決めて、よーいドンでお芝居が始まります。セリフもストーリーも決まっていないので、そこでなにが起こっているか、それに自分や他の参加者がどう反応しアクションするか、イメージの積み重ねで内容が動きます。これは本当に様々な面で試されまた鍛えられる訓練です。私はこれがとても好きでした。

更にさかのぼれば小学生の時、即興でお楽しみ会の出し物の作品を作ったこともあります。これは幼稚園のころのおままごとに通じるものがありますね。おおいにやっていました。その時のメンバーや内容を覚えているものもあります。

子どものころはこういう自由な創作を夢中で作ったりしています。年がいって頭で考えるようになるとうまくできなくなるのですが、その仕組みも今ではよくわかります。

ジャズにもセッションがあります。私は音楽の基礎が足りなかったので、ジャズの自由度がいまひとつで残念でした。そうなのです。自由であるためには基礎を熟知し、全体の仕組みを把握し、それらを体で覚えるべくして訓練し、そのうえで理屈は忘れて夢中で遊ぶ必要があるのです。これはすべての創造に関して言えることですが、人間の人生という最大の創造にも言えることです。

そしてその人生の創造の基礎知識といえるのがスピリチュアルの学びではないかと思います。偉大な覚者クリシュナムルティは、瞑想は最高の芸術であると言いましたが本当だと思います。瞑想は創造の源につながりそれを知ることです。

声はその人の霊性を示すと言われたりします。その人のエネルギーやその状態が声という波動になって宇宙に響き渡ります。その声から受け取ったメッセージに今度はこちらからもリクエストを伝えます。こんなところに、こんなふうに、響かせて、というふうに。そうすると声はそのリクエストを含んだ響きとなって、その人のフィールドにエネルギーを与えてくれます。

このヒーリングはまったくがんばることなく、力みなく、あるがままでできるというところがすばらしい魅力です。大きな声を出す必要もありません。

大きな感情の解放を体験なさる方もいらっしゃいますし、深い静寂を体験される方もいらっしゃいます。未知の自分との出会いにワクワクを味わわれる方もいらっしゃいますし、内なる神とのつながりの中に過ごされる方もいらっしゃいます。

エネルギーワークに共通するのは、本来誰もの中に宿るパワーを再発見する喜びです。こんなことに日々取り組んでいます。