自信って必要ですか?

自信という言葉は曲者だと思う。セッションでも「自信がない」「自信を持ちたい」とおっしゃるクライアントさんは多い。

私は自分に自信があるだろうか。自己評価が高いだろうか。肯定的だろうか。・・・答えはどっちもどっち、という感じしかしない。自信、という感覚に関してはほどんど実感がない。

子どものころを振り返ると、自分には根拠のない自信があった気がする。その自信は自分を強気にさせ、前向きにさせることもあれば傲慢さや無駄な優越感のもとになることもあった。

傲慢さ、優越感は結果として自分を追い詰め貶めるものだった。根拠のない自信というのは単なる幻想であり、思い込みのちからに過ぎないと思った。

自己意識の浄化とは、幻想を断ち斬り思い込みを手放すことだ。自分を変えることへの試みはそこへの取り組みに尽きる。

思い込みが解体されていくにつれ、自分の膨れ上がった幻想は等身大に戻っていった。人生のある地点まで、成長することはあたまでっかちになることだった。あたまでわかることと自己成長の違いがなかなかつかめなかった。そのことが私を追い詰めた。それは生きづらさそのものだった。

生きづらいから余計に慎重になる。つらいこと困難なことを察知して避けること対処することにどんどん力を注ぐようになる。そうやって賢くなっているつもりがますますあたまでっかちに拍車をかけていった。

そんなふうに人生を生きることは、自分を消費することだったと思う。死というゴールに向けて一日一日塗りつぶしていくような人生。それは緩慢な自殺のようだ。そんな中でいったい、幸せや愛というものをどうやって体験できるというのだろう。幸せは気まぐれにやってきては過ぎ去るもの、愛は運よく与えられるもの。消費する人生での人生観とはそんなものだった。

人は、自信があれば何かに立ち向うことができると思っているのかもしれない。私は今はっきりと、そうではないと思っている。私たちは、未知への信頼のもとにしか、ものごとに立ち向かうことなどできない。自信があろうがなかろうが関係がないのだ。自信というのは根拠のない思い込みか、もしくは過去のデータによる断定のどちらかな気がする。

でも、今ここにあるものに向き合うには、起こっていない未来に信頼を寄せるしかないのだ。そして信頼をもとに私たちが自分の意志で選び、体験し、その結果の如何にこだわらずにそこから学ぶことができたとき初めてそれが確信につながる。

その未知を信頼する根拠を私は、意識のエネルギーの仕組みのなかに学んだ。もし私たちが肉体だけの存在であるなら未知を信頼することなど永遠に不可能だ。一寸先はまさに闇でしかないからだ。けれど意識の世界には時間を超えた領域がある。それが神(宇宙意識・超意識)の法則の世界だ。

その法に身を委ねるとき私たちは、過去には不可能だった世界を超えて、奇跡的な進歩を遂げる。右の頬を打たれ左の頬を差し出したとき、求めた以上のものが与えられるという奇跡を体験する。

もしあなたが今、苦しみの中にいるのであれば、それは神があなたに奇跡を差し出したがっている証だ。神はとても近いところにいる。神はあなたに苦しんでいてもらいたいのではない。ただ、求めてもらいたいだけだ。その解決を、この世界にではなく、神に対して。未知に対する信頼とともに。その時神と人との関係が生まれる。

そこに私たちの成長がある。