ひさびさ、映画のはなし

映画鑑賞は沖縄へ来てから特に、夫婦共通の娯楽というか趣味。
DVDを車で往復1時間以上かけて借りに行き、家の壁にプロジェクターで映して観ます。

週に2本観るのはわりと普通。結構な数を観ています。前にも書きましたが、探し方はオラクル。自分の内面を感じて、心が求めているのに合った内容を探します。ヒットするととても満足できます。

「THE GOOD LIE」という映画があまりに良くて、翌日もう一度観ました。良かったら予告編ご覧ください。

ロストボーイズってみなさんご存知でしょうか?83年からのスーダン内戦で孤児となった子供たちのことだそうです。この映画はその子たちの人生の話です。

ほとんど冒頭から涙が溢れて止まらなくなり、終始泣きながら観ました。翌日も朝から思い出し泣き。もちろん悲しいのですが、悲惨だからというのではなくて、あまりに美しくて、という感じです。

なんとこの映画、主演にハリウッドスター(リース・ウィザースプーン)を起用しているというのに日本のWikipediaページがありません。珍しい。それで詳しくは調べられなかったのですが、(私、映画一本観ると徹底的に背景や関係者について調べるのです)主役の4人はスーダン出身で、うち二人は元少年兵です。あとは元スーダン難民の女の子と、父親がスーダン難民だったという子。

彼らの笑顔や感情表現がもうほんとにかわいくて美しくてたまりません。彼らの一挙一動に、子供時代に見た風景や遊んだ背景、仲間とのやり取りなど、彼らのインナーチャイルドがにじみ出ているとしか見えません。

サバンナを踏みしめながら、牛とともに歩いたその歩き方がからだから溢れて見えます。これは、アメリカでマックを食べコークを飲んで幼少期を過ごした俳優からは絶対に見えないオーラだと思いました。

心が洗われるなんて言葉、ありふれていて使ったことがなかったけれど、こういうことか、と思ってしまいました。おススメします。