すべてが贈り物

先日のことですが、無事に結婚10周年を迎えました。特に派手なことはなにもせずささやかに過ごしましたが、しみじみ幸せだと感じました。

たまたま当日が休日と重なりましたので、主人に誘われあしびなーに必要な服を買いにいきまた。お目当てのものはみつからず、代わりにお互いにちょっとした普段着を買い、なぜか普段なら食べないエンダーでサンドイッチやバーガーのランチをしてあとは犬の散歩と家でのささやかなごはん。

今の生活は感謝ばかりです。ほとんどすべて、夫あっての生活です。

歩きながらふと「なにが贅沢って、○○(夫の呼び名)との時間をすごくたくさん与えられてるってことかなー」
と言うと、
「そんなふうに言ってもらえるなんてありがたいねぇ」と言われました。

え~、そんなふうに言ってもらえることこそありがたいよ。正直、もうちょっと返して、って言われたらどうしようと思ってたところだけど。と、思いました。

今の住まいは自力では外出不可能な環境で、坂に囲まれているので、犬の散歩すら徒歩だと厳しいくらいですが、おかげでなんでも夫婦一緒。私はそれが最高の贅沢と思っています。こっそり神さまに感謝していましたが、10年の記念にちょっと打ち明けてみました。