他者から理解されるためには

「人生は難しい」と思いながらずっと生きてきましたが、その割に気がつくと、「心底納得したこと」や「確信したこと」は、時間や体験を経ながらいつか「やっぱり思った通りになった!」という結末を迎えることが多くなりました。

それらは達成されるとか、認められる、というようにではなく、「やがてみんな本当のことに気づくようになる」というように自然に訪れます。

私の信念は「誤解はいつか必ず解ける」であり、「あらゆる不和は誤解」です。

人間は誰もが多かれ少なかれ周囲との比較によって自分を理解しようとします。人間が社会的な生き物である所以です。しかしその対比の基準となる価値観はほぼ、その人の感覚的な慣習によって形作られています。

私たちは自分の色眼鏡で周囲を測った上に、その測った周囲との比較で自分を測ろうとするわけです。こんなおかしなことをしています。それが誤解でなく真実だと思うこと自体、ちょっとクレイジーですよね。

もし誰かがそのことに気づいて、まずその色眼鏡に着いた色を落とすことに専念し、透明になったところで周囲ではなく自分を見つめ、内部を理解し、そして改めて周囲を見回してみたらどうでしょう。いかに以前の自分がおかしな目線で物事を理解したつもりになっていたかわかります。

問い直され精査されない価値観は刷り込みにすぎません。その眼鏡に適わないものを裁き続けることを多くの人は正しいこと、と考えています。

すべて、誤解です。

また、自分は周囲から誤解を受けている、と感じている人も多いかもしれません。自分は理解されない、と。

いったん誤解を受けたと感じてしまうと、人間関係がうまくいかなくなりこじれます。誤解を解くために頭の中で、「あなたが思っているのは誤解です。私は本当はこうなんです」と説明を繰り返します。あなたは誤解しています!と。

しかしこの説明もなかなか理解してもらえません。

だってそうですよね。その説明って、「あなたは間違っています。私は正しいです。あなたが改めなさい」と相手にメッセージを送っているようなものです。そう言われて喜んで受け入れる人なんてそういないでしょう。

「誤解を解くためにできること」。それは、自分がもっと理解することなんです。相手にわからせよう、わかってもらおう、とがんばる暇があったら、自分にくっついている目隠しに気づくことから始めます。

「でもどうやって?!」その通り。目隠しが付いたままその目隠しを見ることはできませんよね。・・・ただし、自我・思考のちからには、です。

私たちにはすべての人に、より高次元の意識、つまり魂、そして内なる神の意識が備わっています。だから、そこに依頼して気づかせてもらうのです。

心を静め、そちらに寄り添い、「自分にくっついている目隠しを緩めて真実を悟らせてください」と願うこと。それが瞑想です。

誤解を解くために相手を変える必要はありません。私自身がより真実の自己に近づくことで、より全体性を理解することができれば、相手をも理解することになり、真の相互理解へと道は通じるのです。

これが今とこれからの、真のコミュニケーションの時代のやり方になるだろうと、心から確信しています。