愛の大きさ

小さなことの中に愛をみつけることができる、という言葉はよく聞くけど
だったらどうなるの?と、以前なら思っていた。
より大きな愛が掴めたり、与えることができるようになるのかしら、というふうに。

より小さなものの中に愛をみつけることは、
たとえべ私のなかに愛をみつけることと同じ。

そして私の中に実在する愛を、すべての者の中に見るのと同じ。

愛には大きさってないんだ。
それは人が見た目に思うこと。

愛は計り知れない。
私の目には、まだまだ掴みきれない。

あるがままの無限をみつけて
それを見失わず
何度も何度も見つけ直す。
そのうちに、すべてがそれとひとつになること、
それだけが目的だった。

ストーリーか、愛か、

波動が高い、波動が低い、

高いのは愛、神、高次元。では低いのは?それは3次元のすべて。

3次元は、時間と空間、そしてストーリーでできている。

ストーリーには始まりと中と終わりがあり、
原因と結果がある。

つまり、地上の物語のすべて。

それは悪いわけではない。
ただ、そこには平安がないだけ。真実がないだけ。
だから幸せもない。

そしてそこには
勝ち負けがあり、優劣があり、価値と無価値があり、順番があり、

過去があり、理由があって、今がある。
今は過去の集大成であり、未来はその延長上のいずれかにある。

今がこうである理由を過去の出来事にみつけ、
過去を裁き、未来に備える。

そこでの最善とは、今を分析し、過去の誤りを挙げ、
過去の反省とともに過ごすことに専念すること。
しかし誤りはまた起こる。
努力ほど報われず、恐れは膨らみ、時間はすり減っていく。

そこに愛や平安が存在できるのか?あると考えるには矛盾がありすぎる。
なのにヒトはその延長上に愛を求める。

ストーリーに愛を組み込み、それを証明したがる。
ストーリーは自分を縛り、他者をそこへ当てはめる。

ちっぽけな枠に愛を、神を、はめ込み、カテゴライズする。
神を矮小化することでヒトは守られず、恐れ苦しむ。

波動を上げるとは、

この、ストーリーのすべてを離脱することだ。
時間と空間を離脱することだ。

すると、ヒトは魂を思い出す。
存在する意識を。ふるさとを、根源を。中心を。

高次元であるヒトは、3次元にはいない。
そのとき、ヒトは、今ここにある。

今ここを3次元内で理解しようとしても不可能。
それは、ヒトの内側にしか存在しない。
外側に今ここなどない。

今にいない限りはあるがままでいられるわけがない。
ストーリー上にいるヒトは、役を演じなくてはならない。
そこにあるがままはない。

内側にいるには、自分の中身をみつける必要がある。
中身とは意識だ。

意識をみつける必要がある。
意識を外から眺めるのはなく
意識の底へ、降りなくてはならない。
降りて、降りて、中心をみつけなくてはならない。

中心をみつけない限り、ヒトは外から中を眺める。
外にいる限り、ヒトはストーリーの流れにいる。

その中心を、宇宙意識と言う。神とも言う。最高次元とも、根源とも言う。

神から私はまる見えだが、私から神は見えない。
だから私は見えないものに祈る。

私のなかにあなたがいることを私に示してください。
私にあなたを感じさせてください。
あなたのご意志を私にわからせてください。
そしてそのように導いてください。
どうぞ私をお使いください。
あなたから逸れないように、
私のなかにあるストーリーをどうぞ手放させてください。
外側に対して自動的に反射してしまうあらゆる本能の選択を
過去のストーリーに基づく予測から
あなたのご意志による選択へと置き換えてください。
私の内側に刷り込まれているあらゆる思い込みによって築かれた価値観を
どうぞ解体し、あなたのものへと置き換えてください。
私は私の小さな枠を解体してくださるよう祈ります。
小さな枠の中にある、古い、学びを終えてしまったエネルギーを手放し
あなたへ明け渡します。
どうぞ、ここへ、住まわれてください。

すると、中心が、私の中へ広がってくれる。

その時、私は、自己の中心を感じることができ
中心から外を眺めることを知る。
外にはストーリーがあり、
自分はそこにはいない。

ストーリーを眺めることができ、
時間に縛られない自己を観じる。

ただ、今の連続が在るのだということがわかる。

未来は来ない。

来ないものを恐れる必要がなくなり、予測は消える。

過去が消え、原因が消え、今のあるがままが自己となる。
消えたものを認識することがなくなり、
それらは、今に目覚めさせるための幻想という仕掛けだったとわかる。

どのような悲惨なストーリーを見たとしても、
今に目覚めないという悪夢よりはずっと幸運だったと認識する。
ストーリーを感謝とともに、赦し忘れることができる。

あの頃に比べたら、今はずっといい、というのがストーリーだ。
今が至福だということは、ずっと至福だった。

だから、感謝がある。

愛さずにはいられない

昨日23日、勉強会を終えて帰宅いたしました。家族なみの旧友も参加してくれたり、東京で最後のサンクのライブに来てくださった長いお付き合いのクライアントさんとも再会できたり(8年ぶり!)1回目の勉強会のメンバーもまたいらしてくださったり、唯一の20代からは嬉しい報告をいただけたり(感涙)、東京、沖縄、そしてお電話と継続してセッションを受けていただけているまさに魂の仲間が集ったような幸せな一瞬の2時間でした。

みなさん改めまして本当に本当にありがとうございました。

今年はこれが最後となります。今年後半3回にわたって行うことができて本当によかったです。何より私の魂の栄養になり、自分の魂が望んでいることを、肉体を通して実現させていただいた思いです。分かち合ってくださるみなさんあっての私です。胸いっぱいしあわせです。

内容につきましては、本当に言葉足りないところだらけで、道々つけたしや補足を、内なる神に伝えております。きっとみなさんの内なる神とこびとさんが、みなさんにそれ以上をもたらしてくださることと信じております。

それにしても、2時間の間に本気で泣いたり笑ったり生きてることを確かめあったり、それを共有できる場って、ちょっと素敵じゃないですか?初めて会った人同士だったりするなかで。私昔1本だけつたない芝居の台本書かせていただいた中でのセリフと今かぶりました(笑)。

できましたら年内に、沖縄での勉強会をしたいなと考えております。

今回のテーマはずばり「結婚とパートナーシップ」でした。本当にこれについてしゃべるととめどありません。これほど研究したテーマもないほどです。究極の実践付きで。

すべての人間は、パートナーから誕生し、まずパートナーによって育成されるのですからこんなに探求のしがいがあるテーマもありません。

また愛とはなんなのかというテーマにおいて、可視化できる材料満載です。

さて、初公開のお話を今日は書きます。

先日、多分1か月前くらいかそこいらのことだと思うのですが、私がふと夫に
「ねえねえ、私たちって、運命だったと思う?」と尋ねました。すると夫は
「え、何言ってんの?そんなの当たり前じゃない。わかってないね~スピリチュアルのなんたるかをあなたは」と思い切り説教されました。

そうだとするとですね。私の数々の恋愛における失敗は必然だったのです。夫は10歳年下。しかもわりとのんびりペースで社会参加し、その後もう一回仕切り直して鍼灸師になっているので、結婚と同時にロケットスタートを切った感じです。ぎりぎりのタイミングで彼の(準備?)OKと私の(忍耐の?)限界が重なった感じの結婚でした。つまり彼が私の運命なら、私はどっちにしたって待たなくてはならなかったわけで、それまでの失敗にみえた出来事は学びと準備だったというわけです。

失敗している、という気持ちだけが余分であっただけで、それ以外にはすべてOKだったということになります。

ね、パートナーと出会えるかどうか不安な気持ちで待っているみなさん、それはただ、お互いの機が熟して最良のスタートを切れるための準備期間なだけかもしれません。いえ、きっと、望む人にとって、出会いは必ずあります。私たちは愛さずには生きられない生き物ですから。

東京勉強会、満席と場所のお知らせ、と余談

みなさんこんにちは。

東京勉強会へのお申込みは、満席となりました。本当にありがとうございます。

場所を一緒に考えてくださった方、いつも本当にありがとうございます。

※場所につきまして、ご参加者の方へは直接メールのご連絡いたしましたが、もし届いていない方がいらしたらご連絡ください。

※また告知の際に明記していませんでしたが、飲食代は各自でお支払いいただきますのであしからずお願いいたします。

今回は私、ネットを頼りに決めてみました。コーヒー専門店で、コーヒーと時間を楽しむためのお店、というイメージでした。銀座のcafeと言えばおしゃれなスウィーツのお店がたくさんあるなかで、食べログっていうサイトで人気上位のお店は昔ながらのコーヒーの店、しかも、個人経営のお店だったりするところがとてもおもしろかったです。もうこだわりのレベルが高い(笑)。

男の隠れ家、みたいな文化ですかね。で、そういうお店がまだまだ喫煙可であったことも知りました。(そうです、今回は勉強会に初の男性のご参加、しかも複数名!)

諸々考慮して、選んだお店は普段は1階席と2階席で分煙、ただし祝日は全席禁煙になります。で、老舗です。創業1910年で、無農薬で、森のような農園の豆を使っている森のコーヒーが売りだそうです。そして銀座では安い(普通かな)お値段かと思います。

1910年だなんていうともう、映画の世界みたいで、お店の歴史とか楽しくて全部読んでしまいました。銀座カフェ―パウリスタの歴史

グローバル化のなかにあって、日本のコーヒーの老舗が悩みぬいて選んだのが、無農薬化学肥料なしの超変わり者生産農園との提携だった、という物語、読み応えがあります。森のコーヒーとは 応援したくなります。

私、コーヒー好きで、両親ともにコーヒー好き。父はサイフォンを持っていて、ストップウォッチでタイムを計りながらコーヒーを入れてくれましたし、私も両親のために幼少のころから手動ミルで豆を挽き、ハンドドリップをして育ちました。

結婚してみたら夫のお父さんもサイフォンでコーヒーを入れてくれる人でした。この辺りのカフェよりもうちのほうがおいしいと思うことが多いのが嬉しいような悲しいような。

ちなみに余談です。父はものすごい変わり者でしたが、子供たちのために借家の小さい庭に、ブランコを置き、砂場を掘ってくれ、白樺の樹を植えていましたが、夫のお父さんもまったく同じことをしてくれたそうです。お父さんのブランコ、砂場、白樺、コーヒーサイフォン。これが私と夫の共通の幼少体験です。

23日、みなさんと充実した時間が過ごせますよう、準備いたします。楽しみにしております。

感謝とともに

AZU拝