東京の勉強会、場所の件です

昨日告知させていただいた、勉強会の件です。

ただいま5名様からご予約をいただきましたので、無事、開催とさせていただきます。本当にありがとうございます。

タイトな滞在のため、移動のことなどあり今回は私の都合で場所を銀座近辺とさせていただきました。

早速場所のご提案をいただきました。ゆったりお話できそう、ということで選んでくださいましたが、ご参加の皆さんいかがでしょうか。もし候補やご希望などございましたら、ご遠慮なくお知らせください。

●ロイヤルクリスタルカフェ
http://royalcrystalcafe.com/concept/

●マーサーブランチ ギンザテラス
http://www.merceroffice.com/shop/mercer-brunch-ginza/

●センス ティーコーナー
http://www.mandarinoriental.co.jp/tokyo/fine-dining/sense-tea-corner/

今回、告知とともにご連絡いただきまた、たくさんのシェアやご推薦の言葉をいただいて、なんだか本当に、ご褒美をいただいた気持ちです。皆さんありがとうございます。

テーマにつきましてもなんでもご連絡ください。

また今回、多くてもあとお二席ほどで締め切らせていただこうと考えております。またお店を予約いたしますので、木曜日には締め切らせていただこうと思います。

ご検討中の方、ご質問などお寄せください。

✉ ruach@live.jp

感謝とともに

AZU拝

東京に行きます

みなさんこんにちは。

早速ですが、9月5~6日に東京へ行きます。

6日は予定があるのですが、5日にもしご希望くださる方がいらしたら、勉強会を行いたいと思います。

これまで15年余にわたり、たくさんの方々とのセッションをさせていただき、また自身の探求により、途方もなくたくさんの学びをさせていただいてきました。

とても文字には表し切れない多くを、少しづつでもお伝えしていけたら、またご興味のある方に受け取っていただけたらと、常々考えてきました。

ご興味を持っていただけた方のご連絡お待ちしております。お申込みだけでなく、お問い合わせも歓迎いたします。

テーマは私のこれまでのワークと意識とエネルギーに関する実体験の中でお応えできることはなんでも題材にします。

直接エネルギーに触れていただけることも楽しみにしております。

ブログをお読みいただいて、もっと知りたいと気になっていること、また現在のご自身の問題でも、シェアしていただけることでしたら持ち込んでください。

お集まりいただいた方のご志向(エネルギー)により、内容は変動いたします。なるだけみなさんの今に合わせて進めたいと考えます。

ご参加人数3名以上お集まりいただければ開催いたします。3名さま未満の時は取り消しとさせていだだきますことをご了承ください。

_____________________________________

期日:9月5日月曜日4時~6時くらい
場所:銀座近辺のcafeでお茶をいただきながら、と考えています。お食事などは散漫になってしまいますのでお控えいただきます。
費用:は参加費2500円とさせていただきます。飲食の代金は各自でお支払いください。
お申込み:メール ruach@live.jp またはお電話 098-948-3925 までお願いします。お名前とご連絡先、またご希望のテーマにつきましてもご連絡いただければ幸いです。お気軽にお声をおかけください。

_____________________________________

特に特定のテーマがない場合は、内容はこちらでご準備しますが、基本的に資料などはご用意しません。対話と質疑応答で進めます。

また場所などアイデアのある方は教えていただけると助かります。

ご連絡お待ちしております。

AZU 拝

奇跡

奇跡、という言葉は一般に、秩序を超えた偶発的で喜ばしい出来事、のように使われるようだ。

けれど、内面の探求をしていると、どうもそうではないということに気づく。

私は、奇跡は神の秩序、つまり、愛の次元の厳密な秩序に基づいて起こるものだと思うようになった。

私は奇跡が好きだった。

奇跡をよく体験した。

今は奇跡の中で生きている。

私たちが愛という秩序にいないとき、それは偶発的な出来事に見える。

すべては必然などと言われるが、すべてとはなんだろう。

すべてというのは真実のことだ。

私たちの肉体意識は幻想世界にほぼどっぷりと浸かっている。

知覚の反応と、そこに差し出された選択肢を掴まされ、そこから選びながら、それを真実と認識して生きている。

真実は幻想世界には存在しない。

幻想世界はそもそも実在していない。

つまり幻想世界の偶発的な出来事を必然とは、必然的に呼ぶことはできない。

奇跡のみが必然だ。

・・・

A COURSE IN MIRACLES~奇跡のコースをもう一度始めた。

前回はまだ日本語訳の本が出ておらず、修道女の田中百合子さんが訳してくださったものをわけていただいた。

大内博さんがご苦労なさってようやく出版されたのを知っていて、買うならそれだと思っていたが、今回急に手にしたくなって探して吟味して入手したのは「奇跡講座」のほうだった。

しょっぱなから、ここに記されているワークの本質がどーんと意識に飛び込んできた。

要はすべて、洗脳なのだと思う。

洗脳について、さゆふらっとまうんどという人が動画で

「あなたは洗脳されています、というと、わるくちみたいになっちゃう。でも本当はあなたも私も、洗脳されているんです」と言っていたがその通りだと思う。

私たちは洗脳されている。

言わば肉体を持った瞬間から、私たちは肉体の知覚によって学習し始め、生きる術を身につける。その道すがら身につき刷り込まれた観念、世界のすべてが洗脳だ。

たとえば愛を学ぶ拠点として魂が選んだお母さんから、愛とごちゃまぜに受け取る全部が。

そこには大事な要素も多分に含まれ、そして当然ながら真実でないものも多分にある。

そこにはお母さんの体験からくる知恵や、同時に癖や習慣や思い込みという想念がくっついていて、もれなく私たちの潜在意識に土台として刷り込まれる。

これがインナーチャイルドの正体であり、見直されない限りそれは信念として親から子へと受け継がれる。

もちろんおとなになる過程では社会的刷り込みがなされる。

大きな意味では、私たちが人間である、という概念すら思い込みだと言える。

それらは真実ではない。

奇跡のコースはもっとも深く、あらゆるレベルで洗脳を解くワークだと言える。

世の中には、この世の中に適応するため、偽りの自己を助長するためのスキルがあふれている。

それらはあなたに言う。あなたはもっと、素晴らしい人間になれる、と。

奇跡のコースは言う。

この世界を神は創らなかった。よって、世界はない、と。

ではあなたは誰なのでしょう、と。

洗脳から覚めると、私たちはそれを思い出す。

 

そして、本当の呼吸を始め、本当のいのちを生き始める。

本当のいのちは、私たちに永遠のものを与え、育む。

愛、真実、平和、豊かさ、喜び。

自分が変わるというのは、相手におもね、譲ることでも、それをやめて自己主張するのでもない。永遠のものを育む自己として本当のいのちとして生き始めることだ。

それを始めると、相手というものがなくなる。おもねる相手は神だけでいい。

ブログランキングへのクリック、シェアといいね!で応援、いつもありがとうございます。