潜在意識の浄化でなにが変わるか

ワーク、つまり自分の創造への取り組みをするということは、潜在意識が浄化されるということ。
だから、変わる。

変わるということに対する捉え方がいろいろで、セラピーやスピリチュアルの世界でも、変わりましょうとかいや変わる必要はない、とかいろいろ言われます。

変わらなきゃという時、行動や振る舞いだけを変えようとか、生活習慣をいきなり変えようとか、見た目だけのイメチェンなどをイメージすると、一見わかりやすいけれどなんだか無理してる、とってつけてる、という感じになります。

意識エネルギーが浄化されると、ハラの中から反応が変わります。

例えばすごく簡単なテストをします。

疑いようのない真実を述べた真理の言葉を読んだとします。
そこで自分のハラやアタマや、そしてハートはどんな反応をするでしょう。

ワーク前の自分はこんな感じでした。

「それはすごく正しいとわかる。でもそれを実践するのはすごく難しい。だって、自分は自分の思い通りにならない。周囲にもわかってもらえないし、それが本当の私かどうかもわからない。それは偽善かもしれないし、今よりもっとがまんが必要かもしれない。ああとてもじゃないけど、それは無理。今だってこんなにいろんなことに精いっぱいなのに、これ以上がんばるなんてできない・・・・・」

「そうね、時間があったらやってみよう。今あるこの問題が片付いたら、環境が変わったら、今山積みのこの課題が終わったら、いつか自分もそうなれるかもしれない・・・・・」

「なんだか自分が非難されているような、責められているような嫌な感じだ。罪悪感も感じる。こんなふうにできたら苦労しないよ。できる人がいるなら会ってみたいもんだ・・・・・」

「やっぱり自分には何かが欠けているいるんだ。なにか劣っている。できっこない・・・・・」

こんな、「変わることへの抵抗」の声。否定的な声です。

世間では、ネガティブエネルギーを忌み嫌う傾向があるかもしれませんが、本当はポジティブかネガティブか、ではなくて、真実、真理、全き善、神と愛に対してどれくらい否定的なのかが、人間本来の自由さ、創造性の妨げとなっています。

いつも笑顔でいたって、ハラやアタマのなかが「抵抗」でいっぱいなら、それは否定的な状態です。ハートはもちろん開いていません。

「否定的」に対しても数々の誤解があります。

誰かの意見に対して反対意見を持つことを否定的、と思っている人が多いように思います。もちろん違いますよね。
否定的な自分を避けようとして、何に対しても肯定するのが良いこと、と思っている人も多いかと思います。
私ももちろんそんな時期を体験しましたが、そうすることによって発見したのは、自分が善きものであろうとする姿勢の奥に、恐れが横たわっていたということです。

大切なのは、その抵抗が恐れから来ていると気づくことです。
肯定すら、否定的であることに対する恐れから選択している、ということに気づくことであり、気づきによってそれらの恐れが浄化されてくると、私たちは自分の内なる意志をあるがままに肯定できるようになり、ひいては内側に座する神の言い分を受け入れられるようになるのです。

気がつくと、真実に対して心を開き、ハラから感動できる自分がいます。
変わるというのはそういうことです。
当然ながらその変化は、言動や習慣や、見た目のイメージをも変えます。
エネルギーが変わるわけですからね。

これらは自分を知ることに他なりませんが、自分が他人と比べてこんな傾向がある、というような相対的な分析を重ねても自分を知ったことにはなりません。
自分を愛することにはなおなりません。

浄化された心は、光りを通し、光りのままに染まることができます。

そこに私たちは本当の自分を見ることができます。
ワーク、始めましょう。

ブログランキングへのクリック
ツイートとシェアで応援
いつもありがとうございます

丹光とオーラが見えるという方から、その活用法についてご質問いただきました。
次回取り組みたいと思います。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。