ちむぐくる

みなさん、参議院選挙、お疲れ様でした。
インターネットのおかげで、社会の動きを本当に身近に感じるようになり
また多くの人々の想いに触れることが日常になりました。

今日はfacebookにも上げた文章ですが、とても強く思うことなので
こちらにも記しておきます。
少し書き足しました。

沖縄が何をしてきたのか、私なりに見たことを書きます。

オール沖縄は、集団自決はなかったことにしよう、という教科書問題が持ち上がったとき、
これはいくら何でもいけない、と、県民が結束して立ち上がったとき作られた連帯です。

そして辺野古基地問題で再び連帯しました。

沖縄は変わったのか、そうではないと私は思います。

沖縄では戦争が終わっていません。
本当は、日本では戦争は終わっていません。

ただ多くの市民が忘れている中、沖縄県民はみんなが覚えている。
忘れてはいけない、と知っているのだと思います。

その違いです。

戦争が終わっていないからこそ、再燃させないように、
みんなが見張っています。

このことは20代30代でも、「当たり前ですよね」と言います。

こういったことは多分、ここで本気で暮らしてみないと絶対にわからない。

私の言うことが大げさだと思われるかもしれないけれど、
まったくそんなことはないです。

おじいもおばあも、日常から国会中継見ていて、いつでも政治の話ができます。
夫が尋ねたことに、答えられないおばあはいない。

いつも、考えているからです。心をそこから離さないからです。
そうでないと、油断すると、あれは必ずまた起こると知っているからです。

孫たちのことを思って、
いざという時家から逃げるルートを考え確保しているおじいの話も聞きました。
この話を内地の方に話したとき、
気の毒に、というニュアンスのリアクションをされたことがあり、
そっか、ここで温度が違ってるんだと一瞬自分の中で線を引き直しました。

過去の痛みから過剰反応している気の毒なおじいの話ではないんです。
それはいつでも起こり得るから、台風に備えるように備えている。
孫を生き残らせるための切実な知恵です。
私はここで暮らしていてそう感じました。

三宅洋平さんの演説にもあったけれど、
攻撃されるのであれば、米軍基地が真っ先でしょう。
軍隊が民間人を守ることなどないということを、沖縄の人は普通に知っています。
災害じゃないんです。戦争ですから。

沖縄にはそういう人々の、家族を守りたい、のみならず、
もう二度と、騙されてはいけない、騙されてはいけない、という
気迫と覚悟があります。

沖縄では洗脳によって、つまり騙されたことによって、集団自決が起こりました。
手りゅう弾が足りない家庭では、
きょうだいや親子が刺し合ったり首を絞め合ったりして、
一番大切な人の魂を汚さず守るために、命を手にかけました。

他の命を優先するために、防空壕で自分の赤ちゃんの命を奪ったり、
外へ捨てたりしなくてはなりませんでした。

みなさん、そんなこと今、できますか?
そんな選択を迫られたお母さんはその後生き延びたとして、
それから幸せに生きていくことなんてできるんでしょうか。

だから最も強く戦争の痛みや恐ろしさに直面した方々は、
声を大にして反戦なんて叫べないのです。
正義なんて叫べないんですよ。
平和は正義のためじゃない。
ただ、人間が普通の人間の心を持ち続けるために、
絶対に守らなければならないものなんです。

だから、私たちは最も辛かったその人たちの分も、
言葉にし、伝える必要があると思う。
そのためには理解し、知らなくてはならない。

人権が私たちから奪われるというのは、
そういうことに傷つくことすら悲しむことすら
許されなくなるということなんです。

人間が国の持ち物になり、国家が持ち物を好きに使うということなんです。

これからあと、多分あっという間に、
私たちは国の持ち物にされる方向へ向かうでしょう。
嫌だ、おかしいと言った人が罰せられる世の中があっという間に来ます。
伝えましょう。今ならまだ言える。

戦後初めての選挙での沖縄の投票率、ご存知ですか?
83.64%です。女性はそのとき初めて参政権を得ます。
日本では、沖縄のほうが早かったそうです。
私のおばあちゃんの人生の途中から男女平等になった。
私たちは民主主義のひよっこなんです。

それ以来、沖縄の人はずっと、見守っています。
平和のため、二度と騙されないため、洗脳されないため、です。

だからこそ、その家族の歴史を踏みにじる、
教科書問題で県民は結束したんだと思います。
それを否定されることは、家族をいなかったことにし、
またその死を無意味にすることになります。

選挙の結果が沖縄と本土でこんなにも温度が違うのは、
沖縄がこうして洗脳されなかったためだと、私は理解しています。

洗脳されている、と言われていい気持がする人はいないでしょう。
でも沖縄の風にさらされていると、見えるのです。くっきりと。

聡明な友人、知人が
与えられた教育や情報に洗脳されているのを見るのは辛い。
騙されないで!と叫びたくなる。

私は沖縄へ来て、生まれて初めて政治的マジョリティーを体験しています。
こんな日が来るとは思わなかった。
沖縄の目線で歴史を見てみてください。
同情や罪悪感を振り捨て、真実を教わるつもりで。
なにかヒントがあるかもしれません。

どうかみなさん、どんなことがあっても、
諦めず、大切なものを失わず
悔いのない選択を見極めていきましょう。

個が失われる時代が再びくるとは思いもよりませんでしたが
もう一度、私たちが生きている間にそれを取り戻し、
ブラッシュアップして次世代に手渡してあげたいものです。

“ちむぐくる” への6件の返信

  1. すごくかんがえさせられる、そして心に響く文章でした。これからも、自分にできることは何か常に考えて行動したいです。

  2. 受け取っていただけて、本当に嬉しいです。思いを込めて書いたかいがありました。
    どうぞよろしくお願いします。

  3. 沖縄の方々にこれ以上の苦しみを与えることが許せなくて、21年前の事件以降、米軍基地を、国外・沖縄県外に、最近は、どうしても国内での基地移転なら、安倍さん地元の山口県沖か、麻生さん地元の福岡県沖か、菅さん地元の神奈川県沖にと、主張しています。
     今住んでいる北海道にも遊休地が、かなりありますので・・・ 

    皆さんお体大切に活動なさってください。

       

  4. 基地はなくなってほしいです。平和がいい、という当たり前のことを、みんなが心に抱いて、自分と家族と、同じようにすべての人を思いやって生きていくという世界を夢見ています。
    私は沖縄へ夫婦で移住し、沖縄で暮らさせてもらっている一個人で、ただ感じたことを考え、言葉にして書くだけの人で、活動などもしていません。
    でもそうして暮らしていると、沖縄の人が苦しんでいることと同じくらい、いやそれ以上に本土のみなさんが痛ましく感じてきました。
    沖縄の不幸を知ってもらいたくて書いたというより、沖縄のすばらしさから、本土の人にめざめて気づいてほしい気持ちで書きました。
    メッセージありがとうございます。

  5. 亡き父を思い出しました。
    父がこの本だけは絶対に大切にしなきゃいけないと大事にしていたもの。子々孫々まで大事にしなきゃいけないと。

    沖縄戦の記録写真集。とても太く大きな写真集。

    父は戦時中まだ幼なかった。私は戦争中やその後の暮らし振りなど沢山の話を聞かされて育ちました。父はいつも涙を流しながら話していました。

    そんな父は病に倒れるその日まで毎晩、夜中にいきなり飛び起きて雄叫びをあげ暴れ出しそこら辺の家具を倒したり、家族に手をあげたり。込み上げてくるやり場のない感情を当たり散らす。もうめちゃくちゃ。まるで何かにとりつかれたかのように。
    私達家族や親戚は、それが戦争のトラウマ(今で言うPTSD?)だろう、と理解していました。
    ただ私達は暴れる父を傍観し、父が拳を振り上げれば逃げるしかなかった。端から見たら毎晩DVですよ。そして私達家族もお陰で普通の暮らしが出来るはずもなく、そんな父に怯えた生活でした。確実に父の内側の恐れは戦争を知らない私達に連鎖していたと思います。

    そして父は病に倒れ意識が朦朧とした中で、『生きる、生きる・・』と何回も言っていました。私はその時何とも切ない気持ちでどうしようもなくて。。

    その後父は亡くなりましたが、父が生前上手に表現しきれなかった、言葉では言い表しようのない沢山の想いが今もあの本を通して、私達家族を通して生きている。Azuさんの記事を読みながら、ふとそんな事を思いました。ありがとうございます。

  6. asamiさん
    お父さまのお話、ありがとうございます。
    私は沖縄へ来てセッションをさせていただくようになり、沖縄には確実にasamiさんのお父さまとご家族のように、戦争が原因の心の傷が深く大きく横たわっていると感じました。
    お父さまのことを聞かせていただけて、感謝いたします。
    お父さまはなにも悪くないのに、ご家族との間にも隔たりを作られてしまったこと、とても悲しいことですが理解できます。
    私も家族の中で暴れていたのは父でしたが、母の戦争体験からくる恐れと孤独は、病気の父に対して完全に壁を作ってしまいました。
    母は、その恐れが戦争から来ているなどと、知る由もないと思います。
    心の傷は、ただ愛し合うということを阻害してしまいます。
    人は誰も本当はただ充分に愛したいのだと、私は思っています。
    人は弱い生き物です。
    だから、知恵を与えられています。
    知恵は暴力ではなく、理解と安らぎをもたらすものだと思います。
    まだまだ人間は大きな試練のさなかにありますが、それでも現象の水面下では、真実が枝葉を広げ、蕾をつける準備をしています。
    いつか、すべてはこうだったんだ、という大きな喜びを大勢と分かち合いたいと心から願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。