(犬の)おかあさんから学ぶ人間育て

SDIM7919犬と付き合っていると
人間を考えるうえで
勉強になることばかり。

おかあさん(野犬を引き取った我が家の保護犬の名前)の
子供2匹とも対比できるからなお興味深い。

子どもたちは屈託がなくて誰にでもなつっこいけど
おかあさんはものすごく人を選ぶ。

犬好きで絶対犬に好かれる、という
やさしーい人でも怖がって逃げる。
おかあさんを見てみなさん決まって
「いじわるされたはずねー」とおっしゃる。

うちで家族といる分には甘えん坊で
さわってさわってー、
かわいがってー、
でもがまんもします、と
聞き分けのいい良い子です。
でも定期的に性格が変わる、というか
ムラがあって
体調などを見分けにくいという問題がひとつと

圧倒的に社会性がなく
一番困るのは
ちょっとした変化やアクシデントで
すぐにパニックになってしまうこと。
そうなると自分の身の安全を守れない。
人間と同じで判断力が著しくなくなってしまう。

例えば狭い道で車が近づくと、怖がって
なぜか車のほうにふらふら近づいて行ってしまう、とか。
こういうのは見ているとなんとなく
子供のころの自分に身に覚えがある。

それで、やっぱりうちでは
しつけをこつこつとしている。

どんなにびっくりしたり興奮していても
オスワリ、フセ、できること。

「見て」というとぱっと注意を向けることができること、とか

散歩でものすごく
リードを引っ張ってしまうのが悩みの種だったが
これも、緊張と、怖がってパニックで
慌てているんだとだんだんわかってきた。

普通は、自分をリーダーだと勘違いしている、
などと説明されている現象で、
それもあったかもしれないけれど。

それで、観察していると、外界に反応して夢中で前に進もうとしていて
私の足音のリズムにあおられている感じもある。

夫のほうが歩幅が大きくゆっくりなので
そのほうが若干落ち着いているように見える。

そこで私は自分の足音よりも1.5倍くらいゆっくりのテンポで
いーちに、いーちに、と掛け声をかけるようにした。
足音がかき消されるくらいはっきりと声を出して。

もちろん最初は引っ張るたびに方向転換させて注意をひいて。

すると、なんと見事にゆっくり歩けるようになった。
焦って引っ張ったときでも、
掛け声でぱっと我に返ってゆっくり歩ける。

リードが理想的なカーブでたるんだまま
一緒に歩けるようになった。
すごい感動。

そうなってからは散歩中も何度も立ち止まって
私の目を見るようになった。
国道を渡るときは立ち止まって「クルマ、見て」というと
座って右、左、と見ている。

実際なにを見ているにしても、
突っ走ってしまわずいったん呼吸を置くことができることが
とても大事に思える。

こういう意思疎通はそれだけですごく嬉しいし
おかあさんも笑顔がすごく増えた。

多分犬側から見れば、
いろいろなことに気をとられて散漫になったり
警戒したりびくびくしなくてはならないタイミングが
すごく減ったのだと思う。

怖れに夢中になっているときは
何を言っても耳に入らない感じだったけれど、
ぱっと意識を呼び戻してあげることができると
平常心に戻るのがとても早くなり、穏やかが増す。

このあたりは人間にもすごく応用できるなと
散歩中によく考えている。

例えば小さい子供さんなど、
警戒モードや散漫モード、小さなパニックモードから
お母さんの合図でぱっと平常心に戻ってこられるようなら
すごくいいように思う。
なにより本人が生きやすいだろうと思う。

おそらく多くの人が、そういうモードからの戻って来方が
よくわかっていない。
というか、無意識なのだ。
自然に忘れる、というような習慣になっているのだ。
で、おとなになってもテレビをだらだら見たり
別の何かおいしいことで気をひいたりしなければ戻れない。

意識的に戻ってくる方法が瞑想なのだが
無意識なのであまり必要性もわかっていないことが多い気がする。

子供のしつけ、という問題を仕事がら常に意識している。

しつけという言葉からの連想は過去に置いておいて、
本人の平安、平常心のため、ということを中心に置いての
コミュニケーションと考えると、
人間が成長する上でものすごく大切で
幸せのために重要なことのように思えてならない。

しつけとは何か、という命題はネット上でもよく語られているが
人間には本能と霊性があるという大局から見れば
霊性を妨げないで発揮するために
いかに本能を軽やかに訓練してあげるかどうかが

この世を幸せに生きるカギになるようにも思える。

おとなになって、自分を育てなおした自分をかえりみても
ものすごく実感する。

ブログランキングは1日1クリック有効です。
応援いただき本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。