悲しみを慈しむ、慈悲

なんだか嗚咽してしまった。

きっとみんないろんなことを考え思っているけど
感じてしまうことを少しづつ我慢してる。
例えば、どうしようもないことを悲しむことを。

悲しむ代わりに怒ったりイラついたり疲れたりうんざりしてみたり
さらには理論だててみたり。
なにかのせいにすることで片付けようと必死なのだ。

私たちは真実ではないことに少しづつ傷ついている。
その傷を無視することで少しづつすり減る。

今日私の胸はいっぱいになり、パンクした。
たいしたパンクではない。
小さな日常のひとこま。
ただ、真実じゃないことに疲れただけ。
そして優しい何かに触れて
がまんが崩れた。

そんな風に悲しめたことで心底ほっとした。
疲れもパンパンなからだもゆるんだ。

悲しいことを悲しむことは真実だから、
そこには神の光がある。
あたたかい優しさが来る。

別のことであるふりをしている間には
決して癒されない。

私はただ、真実が好き。自由が好き。平和が好き。
理解や助け合いや優しさやユーモアが好き。

溶け合ってひとつになっていくことが幸せ。

対立の根底にある平等さや
議論の基盤にある誠実さや
闘いの奥にある真摯さなどがとても好き。

平等なき対立や
誠実さを欠く議論や
真剣味のない闘いは
まったくの無意味。
それらはただの暇つぶしか搾取の一種だとさえ思う。

そういうすべてを乗り越えた向こうにある信頼が好きだ。

例えば、他者を思う思い。
全体を思いながら持ち場を全うする責任。
そういうことを背負う幸せも。

それが人の本質だと私は思う。

本能を本質と取り違えないことだ。

人間は弱い。ライオンよりオオカミよりヘビよりゾウより。
しかし私たちは彼らに愛を教えることができる。
そのお手本を示すことができる。

それが地球を預かる引き換えの責任。

サルがイヌを愛するのは
人間が見守るなかで起こること。
自然の厳しさから守ってあげたとき
本能を超えた優しさが目覚める。

人間はそれを考え選ぶことができる。
本能には選べないものまでも。
想像して、選び、与えることができる。

神が人間に与えたものは
神に似たちから。

いまだ無いものを創るちから。

しかしそのちからさえ、与えられている。
それが真実。

神は愛。人間も、愛。
それを創造することだけが使命だと思う。

お読みくださりありがとうございます。
このブログの応援、感謝します。

“悲しみを慈しむ、慈悲” への4件の返信

  1. 風変わりなコメントで申し訳ありません。さまざまな方法を試みましたが、砂絵さんに連絡が取れません。一縷の望みと、美緒さんにお願いすることにしました。どうか砂絵さんに連絡が取れる方法をお教えいただけないでしょうか。お返事お待ちしています。

  2. 近藤正美さま

    こんばんは。
    よく見つけてくださいましたね。
    砂絵にメールアドレスを添えて連絡しておきました。
    連絡します、とお伝えください、とのことでした。
    ありがとうございます^^

  3. ありがとうございます。こんなに早く連絡して下さり本当に感謝しています。砂絵さんからのメールを心待ちにしています。お忙しいところ本当に有難うございました。

  4. いえいえ、私もこんなふうに妹を大事に思ってくださって嬉しく思いました。
    ありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です