前世小ばなし。

P1000010
みなさんおはようございます。

私、スマホは持っていないのですが、パソコンはとてもよく使います。
お客さまともお話したことがありますが、飽くなき探求心で(笑)
PCは無限の百科事典のようです。

なんでもすぐに調べます。
なにか他のことを楽しむよりも
PCで調べているほうが楽しいのです。

それから、キーボードを打つのが好きです。

子供のころ、まだワープロというものも無かった
(無かったのか一般的でなかったのか)頃、
タイプライターにものすごく引き付けられ
そしてそれを引き寄せました。(笑)

親戚の叔父がもう使わないからとくれたのです。
ものすごく嬉しかったのですが
使い道がありませんでした。

しばらく持っていてぱたぱたと文字を打ったりしていたのですが、
結構場所も取るし、現実的でないので
手放してしまいました。

後に前世療法を初めてしっかり受けたとき
私の魂はヨーロッパあたりの町(地域)の新聞社で働く
女性ライターの人生を体験していました。

毎日タイプを打っていました。

仕事以外、家庭とか生い立ちは孤独で不幸でしたが
お仕事には恵まれて、タイプを打つことが
救いの時間だったようでした。

今世で惹きつけられることはだいたい前世での体験の記憶が影響している、
という典型的な例です。

タイプはのちに、ヒプノセラピストになったとき、
タイピングの勉強が必須でした。

早打ちソフト、というのを配布されて練習しました。
それで、セラピーの内容を全部記録するという
神業的な(笑)仕事をマスターしました。

今は手書きで全部記録をとってお渡ししています。

その過去世の女性の想念は解放し浄化しましたが
タイプが好き、というような部分は自然に私の身に残っています。

前世について、まだまだ誤解が多いののですが、
しっかり伝えていきたいと思います。

セッションにいらしてくださった方が
「わかりやすいです」「すごくすっきりしました」とおっしゃってくださると
私もすごく、すっきりします^^

今日はこの辺で。

ブログランキングへのクリックでこのブログをご支援くださりありがとうございます。
必要な人に届けられますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です