あなたが生きている世界とあなたが死んだ世界

未来を開くカギは私たち一人一人がその内側に握っている。

生きるということは、そのまま、希望だ。
希望が途絶えると私たちはただの動きまわる肉になってしまう。

外側の世界ばかりに意識が行くと
自分との関わりを忘れてしまう。
このうっかりにはどんな上級者も気をつけなければならない。

あなたが生きている世界と
あなたが死んだ世界。

それだけで世界は違っている、ということを
あなたはすぐに忘れてしまう。

あたかも世界はあなたの外側で作られ
あなたを取り巻き
あなたを翻弄している、と
あなたは世界を認識する。

本当は、
あなたが存在しているから、
今世界は、こう。

そう思って世界を眺めよう。

良くないことも良いことも、
すべてあなたが関係している。

どちらか一方ばかりが気にかかるときは
あなたの視界は傾いている。
あなたが立ち直ればいい。

あなたは世界のすべてと関わっている。
こんな世の中、作った覚えはない。
自分はこんなことは絶対にしない。
自分だけはこんな人間にはならない。
そう思ってがんばってても

こんな世の中にしちゃったのは
全部自分のせいなのね。
全部私が悪いのね。
と、自分にがっかりしていても

世界はこうあり続ける。

こんな世界、望んでいないはずなのに、と気づいたら
自分がなにに栄養を与え、自分の中のなにを育てているのか
見直してみよう。

無意識に自分の中に育てている思い。
必ずそれが世界として姿を見せている。

無意識の記憶。
それは幼少期や、過去世の体験の中にある。

記憶を思い出すのは、ストーリーを知ることとは違う。
それは、自分の中にあるエネルギーを知ることなのだ。
今そこに蓄積されていて、
波動を出し続けている、つまり生きて効力を発揮している記憶を見直す。

それはあなたに見つからないように
あなたの気持ちと同調しながら
あたかもあなたそものであるように
パワーを発揮する。

あなたは、そのパワーが作り出すものが自分なのだと思い込んでいる。

けれどそれは断じて違う。
それは本当のあなたではない。

人間はストーリーを重視する生き物だ。
私がこうで、あなたがこう言った。だから私はこう反応してこうなった。
だから、私がこうなっているのは、あなたのあれが原因、とストーリーはしゃべる。

それは思考の領域。
この領域で原因をいくら探して見つけたつもりになっても
絶対に世界は変わらない。

それは表層意識の、浅い納得しかくれない。
実際はパワーを持たない。

では何が私を構成し、世界を作る効力を持っているのか。
それが、エネルギー。

人間の三次元世界では、体感的記憶がそれを握る。
無意識的、体感的記憶が、今自動的に働いて
あなたの世界を作り続ける。

だから、あなたの中身を知ることなのだ。
すべてはそこから始まる。
創造は。世界は。人生は。

この真実に出会うまでは
たとえるなら、古いプログラミングを消化するための人生。
それはそれで、必要と言えばそう。
だけど、その人生は創造主とは切り離されている。
孤独で危険で不安で、悲劇的だ。

真実の中で生きることを選ぶと
私たちは宇宙の中枢とつながり
護られ、運ばれ、生かされる感謝の中で
生きるようになる。
次第にその世界の住人となる。

新しい世界はいつか、常識になる。
世界はこうなっていたんだね、
昔の人はこんなことを知らずによく生きたね、
わたしムリ~とみんなが言うようになる。

そのために私は痕跡を残そう。

私の体験の記憶の中に。
あなたの体験の記憶の中に。

真実を知ってください。
そして、体験して
それを生かして
人生を作ってください。

その選択が今、世界を作ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。