人間のすばらしさ

癒しを必要とする人、人生の意味を考える人、使命や目的を求める人の多くが、この世を生きにくいとどこかで感じているのではないでしょうか。

そしてこの世が生きにくい原因の多くは「自分は理解されない」という感覚から来ていることが多いと感じています。

私自身、かつて本当にそう感じていました。
今はどうか、と言いますと「自分が理解されていないと感じるのは、自分が(自分を、或いは相手を、周囲を、世界を)理解していないからだ。だから、もっと自分が理解しようっと。さて、どこを見落としているんだろう~と思うようになりました。

これは鏡の法則であり、原則なのです。
原則に戻れば自分の心が窮屈になっているときは必ずこのように原因と改善策を見つけることができます。

それで、理解されないと思う分だけ、理解する努力と学びを積んだおかげで、今の私はどうなったかと言うと、人間についてたくさん発見をしました。そして、人間ってほーんとにすごーい、と心から感じるようになりました。

私はクライアントさんと心で向きあうお仕事をさせていただいていますが、どんな状態の方がいらしても私はお会いするのがやはり嬉しいです。少なくともセッションにいらしてくださる方というのは、私と興味や関心の対象がとても近いわけですし、苦しみや痛みも共通点がとても多いですから、本当にわかり合えるような深いつながりを感じることができます。魂の仲間なんだ、と感じることがとても容易です。

そしてそのような仲間同士というのは同じような気づきを素晴らしいと感じることができます。少なくとも私はそう感じます。

最近はカウンセラーやヒーラーになりたいという方にもたびたびお目にかかりますが、『人を助けたかった』という言葉をよくうかがいます。私も今の仕事をするようになる前は、無意識に助けたいと一所懸命だった時期があります。でもそれは本当は自分が助かりたかったのだと今ではわかります。それも、鏡の法則です。

このお仕事をするにあたって、助けたいと思ったことは思い返すとない気がします。幸せになってほしーい!とはもちろんとても願っています。

救いたい、助けたいという願望があるうちはそれが欲になってしまって、少しでもうまくいかないと自分を責めたり焦ったりと自分で自分を苦しめてしまいます。そんなことをしていると、こんな仕事って続かないものだと私は思います。でも、なにがどうあっても幸せでいる、ということができてくると、自然と人を同じ波長に導くことができるようになります。それがきっと本当の意味での救済になるのだと思うのです。

ただ、私が気づいていることを共有したいと願い、私が大いなるものに救われたように、必ずみなさんも救われると信じています。

おんなじ人間だし、私と近い波長を感じて選んでくださった方だから、きっと私の感じる「人間って、ほーんとにすごいんです!」ということにきっと何かを感じて受け取ってくださるに違いない、と私は思っています。そういう気づきをご一緒に探求できることが、なにより癒しと浄化、活性と調和に直結するのだと日々感じております。そんなふうにお手伝いできることに、何より私が幸せを感じさせていただいております。感謝します。

↓クリックでブログの後押しをお願いいたします。いつもありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。