天のおつかい

幼少期のトラウマというのは根深い。しかし私はトラウマも人生の地図の一部だと思う。その地図を駆使して、幸せに向かって歩むことができればその地図は立派な役割を果たしたと言える。

しかし『インナーチャイルド』や『毒になる親』の影響は時に人生を破滅的に叩きのめす。

最近では多くの人が自分になにかしら躓きを感じたとき、そういった情報を紐解くのが普通になっている。しかし情報を入れることとワークすることはまったく違う次元のことだ。

私は20代の中ごろに人生最大の絶望を体験したのだけれど、それは何か失敗したとか失ってということではなくて、うまくいかない理由や、自分の中身を知って、すべてに絶望してしまった。こんなふうになっているにはすべて理由があったことが子細にわかり、なおかつそれをやり直したり立て直すすべはとほうもなく膨大な仕事に思え、ただすべては手遅れに思えた。つまり、土台に腐敗を見つけてしまったのだ。なにしろ自分は疲れ果てていた。あと少し、あと少しがんばればなんとかなる、という希望が全部消えてしまったのだ。

その絶望のさなかで自分へのなけなしの誕生日プレゼントとして本屋で手にしたのがエドガーケイシーの本だった。

今思えば、本当にこの世に助けがなくなったとき、天の使いは導きたもうたということなのだろう。あの時の導きは何度も書いているけれど普通ではなかった。まっすぐに本屋に入ってそのままその一冊に手を伸ばして手に取り、そのままレジに出す、という、まるで催眠術にでもかかったかのような動きだった。しかしそのときの感覚を今も鮮明に覚えている。行動自体は不思議だけれど感覚は本当に普通で当然、という感じだった。

ヒプノセラピーもちょうどそんな感じだ。言っていることはすごいけど、内面に派手な感覚はない。だから多くの人が拍子抜けする。

聖者が覚醒するときもきっとそんな感じだろうなと今では思う。私も今では、瞑想とかセッションとかで、時空を超えて超越的にわかるものがある。でもそのときも、ただ、ああそうなんだ、と思うだけで、それが啓示だ!というような感覚はない。ものすごくわかりきっていることをああそうだよなーと納得する感じに似ている。

(敬愛するヨガナンダ先生もグルであるユクテスワ先生に「私はまだ神がみつかりません!」と泣きついたら「お前はもうみつけているではないか」と言われたとあります。それで初めて、これでよかったのか、と納得されたようなのです。私はその感覚にすごく共感を覚えます。)

インナーチャイルドの理論を理論として読むことはとても勉強になる。しかし苦しみのさなかにある人がこれを冷静に自分に適用できるのかと思うととても疑問を感じる。私は、傷ついている人ほど不可能だと思う。

チャイルドの傷の一番深いところにある原因は「愛せなかったという思い」にあると私は思う。それほどに、私たちは本来愛だから。だから、親から傷つけられたこと、愛されなかったという思いを癒し始めることは本来に戻るスタートラインに立つことに過ぎない。

その人が、自分は存分に愛することができる存在だという実体験を人生に実感できたとき、初めてその地図は宝の地図になる。それは人生を生きることでしかなしえないことだ。

ワークは土台を一瞬で立て直す秘法だ。天の使いなのだ。

心理療法、ヒプノセラピー部門でブログランキングに参加しています。
クリックの応援いつもありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。