すべての人の胸に平安がありますよう

今年はいつもより1日早く、昨日でお仕事を納めさせていただきました。
深い学びと気づき、感謝に満ちた、充実した日々でした。

RUACHへいらしてくださったみなさま、
また遠方にてお電話や遠隔セッションをご利用くださったみなさま、
本当にありがとうございます。

最終日の業務を終えて、夫と短く交わした会話は互いに「感無量」でした。

セッションは重ねるごとに私にとってますます深く美しく、
まるで生きた生命のうねりのように
私の人生そのものを形作り彩って、
また私自身を前に進ませ勇気を与えてくれます。

その力強いエネルギーがみなさんの生命と重なって、
意識の神秘と秩序とともに幸せへの道を後押ししてくれているのを感じています。

どうかお一人お一人の胸に、届けられますように。

来年は5日火曜日より通常通り営業させていただきます。
休暇中も、Emailと留守番電話がご予約とお問い合わせを承ります。
お返事が3日以降になることがあるかと思いますがお許しください。

良いお年をお迎えください。
おひとりおひとりの内なる平安を多くの人がみつけることができますように。
感謝とともに
AZU・風間美緒

心理療法とヒプノセラピー部門でブログランキングに参加しています。
クリックの応援のおかげさまで一位、本当にありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

地に足を、地上に愛を降ろす

先日お客様から、本当に実感のこもった言葉でこんなふうに言っていただきました。

『本当に苦しくて始めた取り組みでしたけど、今は本当の自分に戻れてきて、これまでのすべてがあって、今の私があるって、これまでのすべてに感謝の気持ちです。』

そして、カウンセリングの貴重なお時間を使って、私とのセッションへの感謝を丁寧に心を込めて伝えてくださいました。

『AZUさんはこれまで、私に「あなたはこうだから、もっとこうしなさい」というようなことを一度も言いませんでした。でも気がついたら、自分でそうできるようになっていたんです。自分でできるように、選べるように、自分で気づけるようにいつも導いてくれました。私には、あなたでなければだめでした。』

なによりの私へのギフトをいただきました。
クリスマスにあたって、全宇宙からの祝福をぽんと気前よくいただいたような、そんな感じです。

私は自分自身がそれを体験することがこの人生の大きな目的の一つだったと思っています。
まだ暗闇にいたずっと以前から、かすかにきっと、いつか、という希望が消え切らずにあったから、今があると思います。
みなさんのこの地球劇場での物語はすべて私の物語でもあります。

本当に闇の中にいる方には最初にこの目的地のお話をすることもあります。
私の中にある最も強烈な信念は「私もできた。だから可能性がある。あきらめないで。ここまで来れたのだから、絶対に大丈夫。」なのです。
私にとって大丈夫、というのは、すべてに納得がいって満足することだし、あきらめるというのは闇を闇のまま、墓場に葬ることです。きっとそのことを昔の人が地獄と名付けたのでしょう。

感謝という言葉を遣うのはたやすいことです。
ですがその奥にはすべての人々の人生の、物語と道があります。
どこにいるのかわからないこともあります。
その時でさえ感謝がわいてくる、というのは、どこで何をしていても、私は私なんだ、という安堵に他なりません。

その私というのは、内側を掘れば掘るほど愛でできている存在です。
「私を知る」というのは、私は愛という存在であること、すなわち神とともにある存在だと知ることですし、「私に戻る」というのは、愛である私に戻ることですし、「私自身を生きる」と言うのは、神を内在する、愛である私として生きることです。

しかし私たちは往々にしてそのことと、家の中のあれこれは別、社会のあれこれは別、嫁姑の関係では別、あろうことに、夫婦の間では別、というふうに、どこか分裂しています。

そしてどこかで、私は愛である努力をしているけど、あのひとは違う、というふうに鏡と自分を別のように捉えて苦しんでしまいます。

相手の中に愛がみつからないとき、それはあなたのなかの愛との分裂を映して見せてくれています。
あなたの愛が誰かに届かないと感じるとき、あなたのなかに愛が届いていないことを知らせてくれています。
自分が自分であることと、世界が、隣人が、家族が、パートナーがそうであることを切り離して捉えることは本来おかしなことです。
なぜならあなたはその愛を与えるために愛であるからです。

自己探求は、自分を確立するためにあるのではなく、ただ与える、放射するという愛本来の性質とひとつであり続けるためのレッスンにすぎません。

そのためにまず自分に与えるという段階があるのです。そして作業としてはそれをし続けることで、他者や周囲に与え続けることができるようになります。

周囲にうまく与えることができない、という状態にあってこそ、自分の本来の資質を妨げているものに目を向けるべきときです。

自分が光を放射する主体だという実感があるとき、私たちは周囲に感謝できます。
受け取ってくれてありがとう。愛させてくれてありがとう、という豊かさにあふれています。

心理療法とヒプノセラピー部門で、ブログランキングに参加しています。
クリックで応援のおかげさまで、両部門で一位という奇跡的なギフトをいただきました。
本当にありがとうございます。

なぜゆるせないか

ゆるしというのはすごい威力を持つ。
実際、本当に人の心を健全にすることは、ゆるしにかかっている。

もし何か過去の出来事や出来事にまつわる人物を思い浮かべて何かしらの抵抗を心と身体が示すなら、「ああ、このことをゆるしてないのね、わたしは」と観ていいと思います。

抵抗というのはたとえば身体のどこかが緊張する、こわばる、力が入る、など。
また嫌悪感、不快感をはじめ、怒りや悲しみ、羞恥心、悔しさなど、心が反応することです。

ですから、頭で整理をつけたり、方針を決めたりする段階では実際はゆるせていない、と言えます。

この段階で多くの人は「そのことはもうゆるしている」と認識していますので、ゆるせていないことが不調和の原因になっていることを見落としがちになります。

ゆるすというのは、精神論や思想や正義に関わることとは違います。
心身の、エネルギー状態に関わることです。

癒されない心は過去の記憶というエネルギーを、いつでもスイッチを押せるよう握りしめています。
そのトリガーが多ければその操縦に追われます。
それで、自分の内面を感じるというところに意識が向きづらくなるのです。

すると本来の自己のエネルギーは消耗される一方になります。

ゆるしというのはなんであれ、自分を解放してあげることです。
過去の学習したことへの見張り番という役割から、自己の人生の主人公に戻してあげることに他なりません。

誰をゆるしたとしても、実際にゆるされるのはそのとき誤解や失態をして心をこじらせたまま隔離されている自分です。

また、ゆるすことが本当にいいことなのか、と迷っておられる方もおられます。
「私がゆるしてしまったら、また同じことをされる(同じようなことが起こる)のではなかいか」というふうに。

ですが、実際はゆるさなければそれはまた起こります。
もしものごとを本当に改善したいのであれば、ゆるしてから、受け入れることが容易になったところで対処すれば一番いい方向へ進みます。
つまり愛によってものごとが創造されます。

また、自分ひとりでは難しいと感じている方も多いかもしれません。
その場合はお手伝いさせていただけると嬉しいです。

実際ひとりでするのは難しいのです。
なぜなら人間はこの世に肉体を持っている限り、この身体が体験したことが真実、と信じているからです。
「あんなことされて、だからこうなった」というストーリーがどうしたって一番シンプルに正しいのです。

しかし本当は違います。
実際は、それは現象のごく一部分にすぎず、それを「どう感じて」「どう反応して」「どれを選んだか」という内面の作業が現実を作り出しています。
またそれ自体が真実ではなく、その全体を通して自分はなにに気づきどう変化したか、という部分こそが一番重要な成果の部分です。

すべては内面に帰するのです。

五感を研ぎ澄ますことが今にいること、とか、自分を豊かにする、と説明される方が多いのですが、五感が敏感でもそこから得た情報を意識的にもう一歩内面に踏み込んで感じてみなければそれは栄養ではなく毒にもなります。
ただ機械的に反応する箱が身体であり、意識という神の介在なしには私たちは当然ながら霊的に成長することはできません。

霊的成長というのはただ、愛であろうとするという、人間として当たり前の崇高さです。

  
 

  心理療法部門と、ヒプノセラピー部門のブログランキングに参加しています。
  クリックで応援いただけます。いつもありがとうございます。

クリスマスに寄せて

地球上の多くの場所で一斉に祝福する行事の威力ってすごいと思う。

イエスの誕生日ではない、とはもはや多くの人が知っているクリスマスだけど、「クリスチャンでもないのになんでイエスの誕生日祝うんだよ、ふん。」という段階を超えて、それでも感謝できる幸せをみんなで願う日になれば言うことはない。

家族で食卓を囲みながら、世界中の幸せに思いを馳せる良き夜になりますように。
世界中の子供たちがささやかな希望をかなえられる可能性に胸を躍らせる夜になりますように。
今はそうなれなくても、いつか、自分がそんな幸せな家族への愛の贈り手になれることを願うことができる夜になりますように。

イルミネーションを見て孤独な思いをより一層募らせる悲しみとともにある人の心に安らぎが届きますように。
地獄のような恐れを体験する人に強いご加護が届けられますように。
今地上を離れようとする人々の魂がまっすぐに光に向かうことができますように。

静かな平安の中にいるほど、小さな悲しみや小さな痛みに心が届くようになる。
たくさんの人に平安という至福がありますように。
平安という至福が世界を照らします。

光りあるところにもっと光はいりません。
静かである人がもっとパワーを持つ必要はありません。
静かであることがパワーなのです。

その光を誇示する必要はない。
あなた自身が静けさという透明なうつわとなり
ただ妨げずにその光とともにありなさい。

↓クリックで応援、いつもありがとうございます。