知覚過敏?

先日のセッションでアスペルガー症候群のお話が出ました。その中で「知覚過多」というのもアスペルガーの症状の一つの傾向としてあるということを伺いました。

知覚というのは五官を通して認識する能力のことです。潜在意識はこの認識の記憶の貯蔵庫のようなものです。

この観点からみると、この世を生きづらいと感じている人の多くは知覚過多の傾向があるかもしれません。私が普段、「敏感な方」と呼んでいる人も多くはこれに当てはまります。感受性が強い、と呼ばれている人も実はこれに該当するでしょう。

私自身もそれから夫も、或いは私が波長が合うと感じている知人友人、また私のセッションにみえるクライアントさんの多くが、敏感で感受性の強い領域に属する方なのかもしれないと思われます。空気が読めないと言われるアスペルガーとは一見相いれないイメージです。

人は誰も外界のあらゆる刺激に、マインドが四六時中反応しています。その外界からの刺激を捉えているのは五官による知覚です。この知覚のアンテナが敏感であれば、小さいことを大きく捉えて反応するようになります。

例えばこれがアスペルガーと言われる現象と関係するなら、あまりに敏感なアンテナで四六時中反応していることに忙しくて、なるべくそれ以上の情報を入れないという防御か、あるいは外界の刺激への反応に忙しくてかみ砕くための容量が足りない状態、で、空気を読めない、または読まないという現象が起こっているのかもしれないなと考察しているところです。もしくは、そもそも空気というのは大勢の人の平均的な尺度からくる反応ですから、敏感な人はその敏感なアンテナゆえに、そもそもの尺度自体が平均的でないことから、それらに合わせて反応しようとすること自体に無理があるのかもしれません。

(あくまで敏感とアスペルガーが一致していると言っているわけではありません。重なる特性の部分を考察しています。)

これは自分の経験から言えば、表現者にとってはとても有益な才能になります。小さなことを敏感に感じ取り、その反応を大きく、或いは細かに表現(アウトプット)できることは、優れた表現者の条件でもあります。

これは持って生まれたもの(あえて言うなら過去世からの影響です)と、環境によって(特に幼少期から)刷り込まれ訓練されたもの、双方合わさって現状が作られています。

しかし、これがあまりに微細すぎて他のほとんどの人間に知覚できないものにまで始終反応していたり、アウトプットがコントロールできないとなると、それは狂人か病人か、良ければ霊感と見られるかもしれません。

天才と狂人が紙一重と言われるゆえんかと思われます。

しかしこれらはすべて、潜在意識レベルの差異の話です。つまり肉体意識での傾向や特性の話だということです。

肉体意識のアンテナが敏感であるということは生き物の特性としての一つの発展形であると言えるのではないでしょうか。しかしその発展の目的地がわからないと、私たちはその特性を生かし切ることは困難です。

発展しつつある人の多くが、才能と破滅のはざまで苦しんできた歴史が人類にはあります。私はなんとかしてこの人生でその先の足掛かりをみつけ、踏み固め、橋渡しできるところまで持っていきたいと日々探求しています。

私たちの意識世界にはその奥に魂があり、そのさらに中心には内なる神が在ります。

潜在意識の世界で遊ぶのは、内側へ向かう第一歩ではあります。引き寄せを楽しむのも、心とからだのつながりを知って健康のために利用するのも、その第一歩であり、本質を知ることへの一助ではあります。

しかしその奥の本当の目的地、本当の在り方を忘れて興じるのはとても危険なことです。

私たちはものごとの全体性の一部を切り取って利益のために利用するという行いをことごとく文明社会のなかで行ってきたように思います。しかしそれこそが傲慢強欲誤解を生じさせ、人間と地球全体の不健全な病を作り続けていると思います。

それは一見、良きこと、発展的なこと、明るく罪のないものに見えることの裏にはりついているものです。

話を戻します。発展の先には必ず目的があります。意識的意図的な目的がなければそれは単なる変化であって発展とは言えません。

宇宙は、エネルギーというものは、この物質世界のすべては、絶えず変化し続けています。その変化に指針をもたらすものが光です。光というのは、最高次元の、神の意志です。

私たち人間は、意識の中にその光を宿す可能性を与えられた生き物です。そしてその肉体のなかでは始終、試行錯誤が行われています。

私たち人間が、その発展の目標を光であると設定したとき、その試行錯誤は目的を持ち、その方向に始動するのです。

最後に申し上げますが、外側への絶え間ない反応を意識的に遠ざけ、深遠な内側に向かう行為が瞑想です。内なる光は私たちが内側へ向かうという選択をしたときにすべてを本当の目的のために整えてくれます。


クリックで応援いつも本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です