すべての人のためにある奇跡

11月に入り、沖縄の空と海は、そろそろもう夏じゃないよ、と私たちに告げています(笑)。
気温はあるので、まだ海に入る方もいるかもしれませんが・・・
過ごしやすくて、空気が澄んでいて、本当に好きな季節です。
今朝の海も格別にきれいでした。

先日、お客さまからご報告のお電話をいただきました。
「アズさんに言われたように、とにかく感じたことを感じ切る、内面に向きあうっていうのをずっとやっていたんです。
そうしたら、わかりました。ハートだったんです!」

お話を伺っていると、その方が何を体験なさったのか、とてもわかりました。
「だけど、体験しないとわからない。体験前に頭で考えたり想像したものとはまったく別ものだから」

本当にそう思います。

考えていること、通常の意識で認識していることと、自分の本当の心が感じていることの違いについてはよくよく書いているつもりなのですが、言葉だけで伝えるのは至難の業です。
言葉には確かにパワーがありますが、体験という下地の上にこそ想像の幅ができます。

ワークではいつも、ハートに入っていくことで本当のご自身と出会っていただいています。
それを一過性のものにしないで、それが普通、となっていただけるようサポートを重ねています。

それが普通、になったら当然世界は違って見えます。

私は愛です、と普通に感じることができるということです。

愛である私が、世界を体験する。
そうすると、世界はどのように創造されていくのでしょう。

意識していようといまいと、地球の仲間はそれをしにきています。
でも意識していないと、創造のエネルギーをサバイバルに費やしてしまうことになります。
無意識は私たちを消費する生き物にしてしまいます。

実際には同じ行動をしていても、そのバイブレーションが違えば影響力も被創造物も違ってきます。
すべての人が愛の発信源になりえます。
意識的に取り組むだけで、それができます。

しかしまだまだ、人間のそういった能力については
多くの人が信じられない、というのが現状でしょう。

内部のパワー、誰もが持つ、ハートのスペースへ
どうかみなさんが導かれますように。

そのお客様がくださった私への言葉の贈り物。
「やっぱり、それを知っている人に会うのが一番の近道!」
ありがとうございます^^


クリックで応援いただけます。いつも応援ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。