劇的に自分を変える基本のき

過去にしでかした過ちの数々。
そのときのはずかし~い気持ちがこみ上げてくることが今もたま~にある。

でも過去にはそういうのがしょっちゅう起こっていた。
それも、ほほえましいレベルではない、悪心に近いおえっとなるようなやつ。

そういうのが、いわゆる潜在意識の記憶(エネルギー)の一つです。

その出来事は過去に完了しているのに、その感覚は今も生成され熟成され続けている。

例えばこれが、他者に向く怒りや妬みや羨望などであることもある。
またその根っこには寂しさという空洞がなにかを引き入れようとおなかをすかしている。

昔はそういった感覚の処理に追われて時間とエネルギーをさんざん費やしていた。
そのもっと昔は、ただただそれらに振り回され、なにか別のことでごまかして時間に任せていた。

そのごまかしの中にも建設的なやり方と不健全なやり方がある。

前者は仕事や勉強の成功や達成に集中するやり方。
これは、できる限り、はっきりと形になるものや体感のあるものでなくてはなならない。
曖昧な生易しいものでは、内面の不快感の勢いに負けてしまってごまかし効果がでないからである。
鍛えるとかダイエットとか、そういうものでもいい。
髪形や食べ物を完璧にしてサウナに入りまくって、ジムで走って泳いで毒を出した気になる、というのもよくやった。

後者は、だらだらと消費するもの。
お酒を飲んで忘れるとか、遊びにかまけるとか、そういう体力や資本がないときにはもう、気分がおさまるまでだらだらテレビを観ちゃうとか、今ならネットで情報の波にのっかっちゃうとか。

もちろん前者のほうが多少の前向きさは感じるものの、しばらく続けるとむなしくなってくるものがほとんどである。結局のところ、自分の芯はなにも変わっていないのだ。

そういう虚しさの段階を経て、自己への取り組みが始まった。
とにかく自分の中からわいてくる精神的な毒(抵抗)が出てくるたびにそれに意識を向けた。
そして目をそらさずにそれを感じ切ってみるのだ。

こう言うとほとんどの人が、実際にどうやるのかわからない、と言う。確かに。この感じる、というのは演劇をやっていた自分には数少ない得意技の一つに属するが通常学校で習ったり訓練したりしない分野のことだ。

ざっくり言うならとにかく、おえっとなるならおえっとなって、それからどうなるの?と、成り行きに任せつつ、その成り行きをしっかり見守る、これだ。

つまりせかしたり、予測したり、コントロールしようとせずに、自分にやらせてあげて、しかもそれがとんでもない方向にいかないように、優しく愛情を持って見守ってあげるのだ。言ってみれば自分育て、育てなおしのようなもの。

どうしてスピリチュアルの世界でこれがなにより世界を変えるカギだともっと大々的に広報されないのだろう、と思う。本当のことなのに。

私たちは多くは本当に感じていることを感じ切らないまま切り上げて、都合のいいほうに自分を曲げて適当に周囲の雰囲気や価値観に自分を合わせて生きる。でも、自分と二人きり(つまり一人)の時には本当の自分をよく観察してあげるといい。

そうすると、自由になったときの、規制がないときの自分の様子が見えてくる。

しかし勘違いしないでほしい。それが本当の自分だ、だからいつもそんな自分でいよう、と考えるのは早合点だ。

あくまでそれは、現状を把握してあげるという基本の段階に過ぎない。現状を把握しプランを立てて、魂が理想とする自分へと変容を進めるというのが、自分自身の人生の創造なのだ。
しかしその変容を進めるのに必要なのは、実は基本の繰り返しである。その基本を繰り返す行為の中に、自分への本物の愛が育まれていく。

誰もが、それをやるためにこの地球にやってきている。

人生の目的を探している人は多い。けれど自分と親密になろうとしている人は少ない。しかし自分と親密にならない限り、その目的にすら自信を持つことはできない。

本当に問題が大きくなって都合よく動けなくなるまで人は自分をほったらかして見て見ぬふりをしている。
そして、どこか知らない場所、知らない方法を見つければ人生の問題が解決し、いつか自分を好きになれると漠然と思っているのだろう。

意識の深層にヘドロのようにたまっている様々な感覚、感情、そのよどみからクリアでなくなる視界、その視界ごしに眺める世界の歪みとそこから来る見識による思い込みで、私たちの頭はいつも際限なく対処に追われている。

その営みから自分を自由にしてあげない限り、本当の自分を知ることはできない。
私たちは今ここからしか始められない。
今ここというのは、今ここにある自己のことだ。

始めてみませんか?

クリックの応援、いつもありがとうございます。

この世の学び

ゆめものがたりだと思って聞いてください。(江原さん風)

亡くなった私の父は、実のおとうさんを知らないまま亡くなりました。
30代になるまでそれも知らずに、祖父母を両親だと思っておとなになったのです。

事実を知ってから父は荒れました。
父親を知りたいがために、しまいには親戚中をおどかしてまわったので
みんなに縁を切られてしまいまいました。

それでも本当のおとうさんについては誰も教えてくれませんでした。

晩年父はほとんど穏やかにそれを受け入れていたようでした。
でも、私にとっても実のおじいちゃんがどんな人か、それは気になりました。

ぱぱ、本当にもういいの?と、何度か尋ねましたが
父はそれ以上、どうこうしたいとは言いませんでした。

父が亡くなって、私はあるとき、もしかして体から離れて自由になった父は
実のおとうさんとも会えたのかしらと思い、父に問いかけました。

ぱぱちゃん、実のおとうさんに、会えたの?
すると父の声がしました。
「いやいや、この世で体験していないことは、やっぱりわからないんだよ、美緒」

え、そうなのか、と、私は驚きとともに納得しました。

確かに肉体を離れた魂は自由かもしれませんが、それで万能になるわけではない。
当たり前か。

でも、そうか、だから、肉体をもって体験することが本当に大切なんだな。
そうして体験して、実感して、初めて学べる愛のために、
私たちは地球にやってきては去っていくわけだ。

ぱぱちゃんとの学びは私にとって巨大だった。
私は満足だよ。ぱぱちゃんはどう?

1日1クリックの応援、いつもありがとうございます!

自分取り扱いマスターになる

『自分を愛しましょう』すべてはそこから始まります。
そう言われて最初から、そうか、それだ!と理解できる人がどれくらい地上にいるでしょう。

それが正しいことはなんとなくわかっている。でも具体的に何をしていいかわからない。
それが多くの人が抱く、その命題に対する反応ではないでしょうか。

愛はあらゆる段階と次元に存在しますので、この方法が正しい愛の表現、というふうにはなりません。
時に厳しく時に優しく、と言いますが、さらに多様です。

もし適切な愛を知りたいのであれば、まずはそれを注ぐ対象をよく知らなければならないでしょう。
つまり自分を愛するのであれば、自分をよく知るというところから、愛のレッスンは始まります。

そのように関心を持つ、という段階がまず初めにあります。

自分の状態がどうなっているか。
まず最初の大きな難関です。
なぜなら、自分との親密な付き合いが手つかずの状態というのは、荒れ果てた庭、まったく手入れの行き届かない家屋のように、とても好きにはなれないしろものだからです。

自分を好きになろうと思って始めたのに、見ようとすればするほど好きとは思えず、もはや手遅れなのではという絶望感さえわいてくる、という事態に出会うかもしれません。

そんな思いをするくらいならいっそ、自分の中身なんか気にせずに、外側をなんとかお気に入りのもので固めて手に入れたいものを手に入れることに集中し、嫌悪なんか感じないで済むように自分を駆り立てて生きたほうがいいのでは・・・そんな風に思う人も多いかもしれません。
『そのほうがポジティブなのでは?』と。

しかしそんな努力と成果は長く続くものではありません。少し突っ走ってみれば、その効果が持続可能なものではないとわかります。
手を変え品を変えてもその効果は歳月とともに薄れていくものでしょう。麻薬のような麻痺という働きをするものはみなそういうものではないでしょうか。

しかしこのような一時的な興奮を、幸福だと勘違いしてしまうことはとても多いように思います。
『あの時の調子のいい自分を取り戻したい。』とおっしゃる方はたくさんいます。
よくうかがっていくと、それはある意味旅行ハイ、恋愛ハイ、成功ハイ、達成ハイのような状態です。
ずっとそれで行きたい、と願うのは、麻薬中毒でいたいという気持ちと似ています。

私たちはどうがんばっても、恒久的には『愛』によってしか満たされることはありません。その欠如を何かしら別のもので麻痺させようとまい進するのが、欲望主体、つまり肉体主体の人生です。

愛の欠如を肉体は、何かをゲットすることで埋めようと努力します。
しかし愛だけはゲットすることでは体験できないものなのです。

人間は高度な生き物です。肉体以上の生き物です。
ですから、肉体以上の体験を求めます。
肉体以上というのが、内面的な充足、つまり幸福です。

しかし肉体の生命力というのはとてもパワフルで、その幸福すらも、ゲットによって満たされるのだと誤解しすり替えてしまいます。
このすり替えが私たちに混乱を起こしています。

自分をよく知り、自分の正しい取り扱いに取り組むにつれ、そこに愛情が芽生え、本当の信頼感つまり自信が生まれます。
それが、地上に安心感を築くことです。
安心は外堀をいくら固めても中心に構築されない限りは暫定的で仮設的であるにすぎません。

自分を知る最初の段階で出会う絶望的な荒れ果てた庭を見てひるむ気持ちは私もよく知っています。
自分の人生の処し方、選択のすべてが間違いで、それらの結果が今のこれだ、もう取り返しがつかない、と言う気分です。

しかし、内なる世界と物質次元の一番の違いは、気づきさえすれば、そこに光さえ当ててあげれば、変化は一瞬だということです。
やらなくてはならないのは、その変化をゆっくりと肉体に覚えさせてあげることです。
それはまるで、子育てや犬の訓練と同じです。
やらせる、できたら、ほめる。この繰り返し。

ここで多くの人が(犬の訓練と同じで)うまくできないときに自分の頭やしりをたたいてしまいます。
でも、とにかく成果が早いのは、できるように自分を仕向けて、できたらほめる。どんな些細と思えることでも、です。

『そんなこと、誰だってみんな、当たり前にやっていることでしょ?』という概念を捨ててみてください。
多くの人が、幸福というものに対してそんな見方をしています。

でも、それは極めていいかげんな概念です。
『絶対に本当ですか?』と問い直すまでもなく。
そんないい加減な概念のために、あなたの輝いた世界をくすませる必要はありません。

他人や世間という、本当は実態のないデータと自分を比較して自分を罰して調教するのをやめることはとても重要です。
毎瞬、新たに生まれてくる新しい自分と出会い続けること、それが本当は人生です。

目覚めというのはそういうことです。
これらのすべてを管理し見守り助けてくれるのが、あなたのハイヤーセルフであり、内なる神です。


クリックで応援、いつも本当にありがとうございます。

知覚過敏?

先日のセッションでアスペルガー症候群のお話が出ました。その中で「知覚過多」というのもアスペルガーの症状の一つの傾向としてあるということを伺いました。

知覚というのは五官を通して認識する能力のことです。潜在意識はこの認識の記憶の貯蔵庫のようなものです。

この観点からみると、この世を生きづらいと感じている人の多くは知覚過多の傾向があるかもしれません。私が普段、「敏感な方」と呼んでいる人も多くはこれに当てはまります。感受性が強い、と呼ばれている人も実はこれに該当するでしょう。

私自身もそれから夫も、或いは私が波長が合うと感じている知人友人、また私のセッションにみえるクライアントさんの多くが、敏感で感受性の強い領域に属する方なのかもしれないと思われます。空気が読めないと言われるアスペルガーとは一見相いれないイメージです。

人は誰も外界のあらゆる刺激に、マインドが四六時中反応しています。その外界からの刺激を捉えているのは五官による知覚です。この知覚のアンテナが敏感であれば、小さいことを大きく捉えて反応するようになります。

例えばこれがアスペルガーと言われる現象と関係するなら、あまりに敏感なアンテナで四六時中反応していることに忙しくて、なるべくそれ以上の情報を入れないという防御か、あるいは外界の刺激への反応に忙しくてかみ砕くための容量が足りない状態、で、空気を読めない、または読まないという現象が起こっているのかもしれないなと考察しているところです。もしくは、そもそも空気というのは大勢の人の平均的な尺度からくる反応ですから、敏感な人はその敏感なアンテナゆえに、そもそもの尺度自体が平均的でないことから、それらに合わせて反応しようとすること自体に無理があるのかもしれません。

(あくまで敏感とアスペルガーが一致していると言っているわけではありません。重なる特性の部分を考察しています。)

これは自分の経験から言えば、表現者にとってはとても有益な才能になります。小さなことを敏感に感じ取り、その反応を大きく、或いは細かに表現(アウトプット)できることは、優れた表現者の条件でもあります。

これは持って生まれたもの(あえて言うなら過去世からの影響です)と、環境によって(特に幼少期から)刷り込まれ訓練されたもの、双方合わさって現状が作られています。

しかし、これがあまりに微細すぎて他のほとんどの人間に知覚できないものにまで始終反応していたり、アウトプットがコントロールできないとなると、それは狂人か病人か、良ければ霊感と見られるかもしれません。

天才と狂人が紙一重と言われるゆえんかと思われます。

しかしこれらはすべて、潜在意識レベルの差異の話です。つまり肉体意識での傾向や特性の話だということです。

肉体意識のアンテナが敏感であるということは生き物の特性としての一つの発展形であると言えるのではないでしょうか。しかしその発展の目的地がわからないと、私たちはその特性を生かし切ることは困難です。

発展しつつある人の多くが、才能と破滅のはざまで苦しんできた歴史が人類にはあります。私はなんとかしてこの人生でその先の足掛かりをみつけ、踏み固め、橋渡しできるところまで持っていきたいと日々探求しています。

私たちの意識世界にはその奥に魂があり、そのさらに中心には内なる神が在ります。

潜在意識の世界で遊ぶのは、内側へ向かう第一歩ではあります。引き寄せを楽しむのも、心とからだのつながりを知って健康のために利用するのも、その第一歩であり、本質を知ることへの一助ではあります。

しかしその奥の本当の目的地、本当の在り方を忘れて興じるのはとても危険なことです。

私たちはものごとの全体性の一部を切り取って利益のために利用するという行いをことごとく文明社会のなかで行ってきたように思います。しかしそれこそが傲慢強欲誤解を生じさせ、人間と地球全体の不健全な病を作り続けていると思います。

それは一見、良きこと、発展的なこと、明るく罪のないものに見えることの裏にはりついているものです。

話を戻します。発展の先には必ず目的があります。意識的意図的な目的がなければそれは単なる変化であって発展とは言えません。

宇宙は、エネルギーというものは、この物質世界のすべては、絶えず変化し続けています。その変化に指針をもたらすものが光です。光というのは、最高次元の、神の意志です。

私たち人間は、意識の中にその光を宿す可能性を与えられた生き物です。そしてその肉体のなかでは始終、試行錯誤が行われています。

私たち人間が、その発展の目標を光であると設定したとき、その試行錯誤は目的を持ち、その方向に始動するのです。

最後に申し上げますが、外側への絶え間ない反応を意識的に遠ざけ、深遠な内側に向かう行為が瞑想です。内なる光は私たちが内側へ向かうという選択をしたときにすべてを本当の目的のために整えてくれます。


クリックで応援いつも本当にありがとうございます。