愛についての一考

もう本当に前のことになりますが、黒柳徹子さんがテレビで著名で博識な方の追悼番組のなかで、こんなことをおっしゃいました。

『これほどの知識と教養を学び身につけられた方が亡くなるって、本当にもったいなくて残念です。私は常々そういう知識というものはその方が亡くなるとどこへ行ってしまうのだろうと、本当に思うんです。』

それを聞いたとき私は、本当だ、と思い、それから折に触れそのことについて考えました。

考えてみればそれは知識に限らず人間の感情や感性や才能、すべての内的体験において言えることです。形をなしたものは形としてある程度は残りますが、形なきものはどうなるのだろう。

私にとってそれはとても重要なことに感じられました。

私が人生で初めて存在をかけて取り組んだものは演劇でした。演劇のなかにその答えは見え隠れしています。演劇に込められるエネルギーというものは莫大です。ですが、それは時間とともにあとかたなく消え去ります。劇場に装置を作り、専用の衣装を縫い、照明機材を釣り込み、役者はその役にいのちを吹き込み、準備をします。

時間のなかでそれを遂行し、なし終えるとすべてを解体し、劇場をからっぽに掃除してそこを去ります。

そしてそれは観客という対象者が現れるまでは作品として成立しません。『演劇とは舞台と客席、演者と観客との間に成立するものである』と、大学の授業でも習います。この概念は、私たちをハッとさせます。それは人間の人生そのもののようです。

私はそこに、限られたいのちそのものを感じます。その中で私たちが全力を注ぐべきものとはなんなのだろう、と考えないわけにはいきませんでした。

大学での芝居づくりは本当に魂を奪われるほど魅力的でした。私は演技が学びたくて演劇専攻へ行ったのですが、図らずもさらに偉大な学びがそこにありました。すべてがあった、と言っても過言でないほどです。

舞台の仕込みのためによく、モグリと言って、こっそり学校のスタジオで徹夜することがありました。そういうイレギュラーな作業が当たり前でした。疲労は極限に達します。そこでそれぞれの人が様々な反応をし始めます。イライラとか、怒りとか、そんなのはもう当たり前、序の口です。そこには厳しい上下関係もあります。2年生以上はキャストとスタッフを兼ねていますし、一年生はキャストにもつけずにひたすら作業になります。どちらも辛いのです。

好きでやっているのは当たり前ですが、それぞれが自己の未来と自分の度量を図りながら真剣勝負をしていますから火花も散ります。

そんな状態での作業には事故もつきものです。劇場にはおばけがいる、というのは普通に言われています。大きな劇場に行くと必ず神棚が祭られています。私たちも芝居の本番前には全員で祈りを捧げるのが普通になっていきました。

作業が深夜に及んでくると起こる現象としてとして、当時演劇専攻の一番の長老だった、今では有名な声優の大場真人さんの名前を、ちょっと狂言風に言い合う、というのが思い出されます。誰かが「おぉおば」と言うと「んまひと」と応じます。そういうのが、あうんの呼吸で起こってくるわけです。もう、ランナーズハイというか、トランス状態みたいな感じで。

そういう時間にだったと思うのですが、ある先輩が「芝居は愛だ」と宣言したのです。「おぉおば」「んまひと」とかのノリで。

すると先輩たちが「そうだ、愛だ」と応じました。「愛だ」「芝居は愛だ」「芝居は思いやりだ」「そうだ」「思いやりだ」という感じです。なんだか、そのとき感動していました。それくらい偉大で壮大なテーマのもとにこそ、われらは今ここに集ったというような、それがそこにいる人びとのなかで一瞬つながり共有したような感覚がよぎった気がしたのでした。

私はその時1年生でしたが、それがきっと真実からの答えなのだと感じました。そしてその後の体験の中でその真実に出会っていくことになりました。

1980年代後半という時代でした。

当時はまだ、愛と言えば男女の恋愛、というのが普通の認識だった時代のように感じます。向田邦子さんの小説なんかにも「愛」という言葉はこそばゆい、という表現がありました。親子の愛すらまだ愛とは呼びづらかった時代のように思います。

文明開化の時代から、「芝居は魂だ」という教えはありましたが、このころ「愛」という意識のグリッドが地球で再形成されたのでは、と私は感じているのです。

さて、冒頭の徹子さんの設問です。

蓄積された知識と教養はその人の脳みそとともにこの世から消えてしまうかもしれない。けれどもその叡智への探求のために費やされた努力や献身やその根底に座する愛という体験の記憶は、この宇宙の意識に明瞭に刻まれ永遠に消え去ることなどないのだ、と私は知っています。

舞台美術や衣装やそれを照らす照明の光や、登場人物たちが織りなすドラマまでもが一夜にしてこの世から消え去ってしまってなお、そこに吹き込まれたいのちの息吹とそれを共有し心を震わせた人びとのその愛の振動は、宇宙という無限の意識の中に刻まれ、またいつかどこかで産声をあげる誕生のその時まで、その一隅を照らし続けるのです。

一日一クリック応援、いつもありがとうございます。

動物の愛、神の愛

先日ある方とお話していて印象的だった言葉です。
「ああ私はまだ人間より地球が好きだよ。・・・自分への愛と関係しているよね」

とても深い、いろいろな思いを表しているひとことだと感じました。
ご自身の中に見つかっていないものをご存じなのですね。凄い洞察だと思うのです。

地球が、自然が、あるいは人間以外の動物が、人間同志の付き合いより愛しいと感じられている繊細な心の方々は多いのではないでしょうか。
フジ子ヘミングさんなんか、まさにそうですね。
私もかつて、そういうところありました。

理由はきっと、人間のエゴに、つまりは自己の取り扱いに疲れて、という感じかな。

私はネットで動物の動画など拾い見することがあります。
なかでも興味を惹かれるのは、仲良しな異種動物もの。
犬と猫、ライオンと人間、サイと人間、アヒルと鯉など、驚くべき仲良しぶりなものがあります。

アヒルにいたっては鯉に自分たちの餌を分けてあげちゃうとか。

最初見たとき、凄い衝撃でした。

いったいどうしてこんなことになるのかと、とても考えました。
それでそういう異種動物ものをたくさん観察してみました。

それで気づいたのは、人間が彼らに安定した環境を与え、人間らしい愛情を注いだ結果、彼らの中に優しさという喜びの意識が芽生えたのでは、ということでした。
母親が赤ちゃんの面倒を見たりする本能以上の愛情はきっと、人間が教えたものだろうと思ったのです。

本能以上の思いやりや優しさって、やはり人間の想像力、そして内なる神から来るものであって、動物がいくら素直で複雑な感情を持たないからといって、彼らのほうが優しいということはないと私は思います。
人間は神のごとき優しさを持つ可能性を持ちます。

それから私は最近犬のおかあさんと暮らしていて、おかあさんと娘2匹との交流を見ていて思うことがあります。
それは、親が子を思うより、子が親を慕う気持ちのほうが断然強い、ということです。

おかあさんはすごく感情の豊かな犬なのですが、こと子供たちに対してはどあっさりしています。
ですが子供たちはおかあさんに会うたびにうれしょんしてしまったり、大騒ぎします。
もう好きで好きでしょうがないのです。
彼らは脱走してはうちに駆け込んできます。

これは潜在意識の仕組みにみ合っています。
子供にとっておかあさんはこの世に肉体を持って初めて最も親密な関係を持つ存在であり同時に自分の命の綱を握っている存在です。
すなわち神なのです。それくらいの影響力を持ちます。
インナーチャイルドはまさにこのように世界を認識しています。
潜在意識というのは刷り込みの世界なのです。

ここからさらに話が広がります。
多くの人間の信仰とスピリチュアルの探求の対象に、地上の神々があります。
私が信頼する内なる神とは違う、姿かたちを持ち、性質、傾向、人格を持つ神々のことです。

もしこの神々が過去やもしかしたら現代にも物質レベルで存在していたとしたら、そしてその神々が人間を本当に生み出したり、作りかえたり、支配したりしていたとしたら、です。

私が気づいたのは、その神々というのが地球外生物というか、人間以上の知性を持った生き物であった場合、人間は生まれながらに彼らを無条件に神と位置付けてしまうのではないかということです。

もし神々と言われる存在が人間より少し進化した生きものであったとするなら、彼らが争いをし、殺し合い、奪い合う理由もわかります。
彼らは有能ではあっても悟っていないし、究極の愛も知らないからです。

彼らにお手本とすべき点はあっても、盲信すべき存在ではないということでしょうか。
もしかしたら、私たちが目覚めなくてはならない大きな認識の罠がここにあるのではないか、などと最近考えています。

人間が乗り越えなくてはならない課題も、無限の叡智も、目指すべき進化も、すべての鍵となるのは愛です。神は唯一、愛を教える存在であると私は思います。
愛は内側にしか見つけることができません。

私たちは旅することで自分を見つけますが、その旅は内なる旅に限られます。
外側の旅は人生の彩であり一つの舞台装置ではありますが、探すのをやめたとき、愛は見つかるのが真実だと、やはり私は思います。

一日一クリックの応援、いつもありがとうございます。

平和は実はシンプルです。

去る8月4日は私の49年目の誕生日でした。思えばも予想もつかない道のりでしたが、私のインナーチャイルドは今の私にどうやら満足してくれているようです。「こういう人になりたかった」と彼女は言います。なによりのほめ言葉ですが、当時の自分には当然、自分がこういう人間なのだということも、どんな生き方をするのかも、なにひとつわかっていませんでした。

誕生日に母から小包が送られてきました。いつものプレゼント詰め合わせと一緒に、母の字で書かれたたくさんのメモが入っていました。

沖縄の基地の写真をプリントアウトしたコピー用紙の裏に、いらなくなったコピーの裏紙を4つに切ったメモ用紙がセロテープで貼り付けられています。この裏紙を4つに切ったメモ用紙は我が中村家の伝統で、私のデスクにもクリップで留めた束が3つ置かれています。

父のナレーションの仕事の台本が原稿用紙をコピーした大量のコピー用紙だったので、母はいつもそれをすてきなペーパーナイフで切って束ねて父の仕事の電話の伝言やお買い物リストや、その他のメモ用紙にしていたのです。

父が亡くなって、わずかばかりの遺品を整理していると、父のデスクにいつもあったそのきれいなペーパーナイフがカメラのバッグからでてきました。まさかこのナイフが大人になった私の、沖縄のおうちにあるなんて、という感じです。

母のメモにはなんの説明もなくこう書かれていました。

6月23日、沖縄慰霊の日、テレビを見ながら泣けてしかたありません。
戦後70年。私は77歳になります。

私が6歳の時、父は満州国(新京)から召集令状を受け、沖縄の戦地に赴き、
昭和20年5月1日に戦死、33歳の若さでした。

幼い子供4人(8歳、6歳、5歳、2歳)を残して。信じられますか・・・

残された母は美しい人で20代の若さ。
94歳で亡くなるまで、4人の子供を育て上げ、立派な女性でした。

先日、大阪に住む弟から、
戦没者遺児に1年に五万円×5年間、年金が支給されるという書類が届きました。

長姉はすでに亡く、残る3人のきょうだいに分けるとのこと。
25万円を3人でわけると・・・
金額的には微々たる額。―――――

でも書類に記された「父の名前」を確認したとき、なんとも言えない悲しみが襲いました。
初めて、父が父であることを、思い出したのです。ショックでした。
父と私のつながりを初めて感じたのです。

戦後、満州から引き揚げ、父のくに九州の佐賀に・・・
しかし混乱したふるさとは、私たち母子を受け入れてくれるはずもなく
母のふるさと岡山へと流れ―――――

昨今、集団的自衛権とやらが国会で取り上げられていますが
私には戦争の準備としか受け取れません。
またも繰り返されかねない戦争へ向かうのでしょうか。

戦後、すべての苦しみと悲しみを深くのみこみ
私たちを育ててくれた母はすでに亡く、
そんな母を助け、きょうだいをしきり、物知りだった姉も亡くなり
私と弟ふたりは記憶も定かではないながら
戦争という名の犠牲に翻弄されながら70年を生きてきました。

残された8歳、6歳、5歳、2歳の子供たちが、27歳だった母が、
どんな人生を歩いたか、語りつくせない。
それぞれの人生をわかってもらえるでしょうか。
この70年の歩みを。

人生の終わりに近づいている私、
苦しかった、悲しかったの言葉の中に
どれだけのものが織り込まれているのか。
私たちがいなくなると忘れ去られてしまう。

私たちの年代は当時まだ子供でした。
70年経って、真実を知る人たちはいなくなってしまう。

みんなが声をあげなければ。

戦争を知らない人たちよ
戦争にあこがれている人たちよ
考えろ
戦争は人殺しだよ

後日電話でありがとうを伝えると母は笑って
「美緒に笑われるかと思った~受け止めてもらってよかった~」と言いました。

私はこのメモを読んで、本当に良かったと思ったのです。

私は自分の潜在意識を探求する過程で多くのことに気づきました。母はとても感受性が強く人間的な魅力にあふれた女性です。しかし、私の幼少期は家族はいつも火宅の中でした。なぜこんなにもいつも両親はエキセントリックでぶつけあいぶつかりあってそして許しあえないのか疑問でした。

思春期になるとそれは父のせいなのだと思うようになりました。ある時点から私も父を許さなくなりました。もちろんそれではなにひとつ解決しません。

気がつくと私は猛烈な絶望の中にいました。通常の努力や思考的理解では全く解決できないことがわかり、弟は大人になると精神疾患があることがわかりました。

何かを解決しない限り、私は絶対にしあわせに生きることはできないということだけはわかりました。

インナーチャイルドを学ぶにつれ、母の中には途方もなく深い傷や痛みがあるとわかりました。父はよく「お母さんは大陸的でおおらかな人だ」と言いましたが、当時はその片鱗もありませんでした。とにかくすべてにおいてネガティブで、いつも最悪のほうを選んでしまうように見えました。

私にはだんだんとそのからくりが見えるようになり、見えるほどにそれは、あってしかるべき姿に見えてきたのです。母にはあってしかるべき土台、安心や平安、そしてそれが良きものなのだという観念が損なわれていました。

ものごころつくと父親はなく、終戦から一年以上満州を転々と逃げ回って、それは命からがらの状態でした。またその後もずっと、祖母とその子供たちには息をつく暇なく戦った人生だったはずなのです。

潜在意識は13歳までに形成されるという事実知り、この世の、人間の心の謎は一気に解け始めました。母の心の中では戦争からずっと、戦争が続いていたのです。それが母の心の中ではあまりに当たり前すぎて、見直すことは不可能だったはずです。

ですから母のメモで
「初めて、父が父であることを、思いしたのです。ショックでした。父と私のつながりを初めて感じたのです。」
という文面を読んだとき、母の中で長い間眠らされていた、本当の心が目覚めたのだとうれしかったのです。

戦争というもっとも凄惨で低次元のエネルギーがもたらす産物の影響が持ち越され引き継がれた一つの形が、私がこの人生で体験した、人間の本質である愛に対する破壊的な挑戦です。

私はその正体をみつけました。どうか多くの人がみつけ、そして乗り越え、愛に近づき、愛を生きることができますように。


クリックで応援、いつもありがとうございます。

ワンダーゾーン!

『8月10日は南城市ハートの日。市民一人ひとりが日常のしあわせ、やさしさ、平和について考え、語り、行動する市民平和の日です。 自身の幸せに気づき、平和を考え、次世代につなぐ。そんな1日をつくりませんか。』ということで、シュガーホールでイベントがあり、EPOが出演する、という広報を見ました。

EPO、懐かしいなー、良い曲があったな、なんだっけ、とググっていましたら、見つかりました。

何が見つかったかと言うと、『ワンダーゾーン』(1992年4月13日から1993年3月22日まで日本テレビ系列局で放送された読売テレビ製作の情報番組。放送時間は毎週月曜 22:00 – 22:52 (JST) )の動画。当時おもしろくておもしろくてビデオがのびきっちゃうまで何度も見ました。

で、特集『瞑想』見なおしました。

今見ると、なんと、わかるわかる。それにしても中身の濃さがすごいな。今見てもすばらしい。

個人的に好きだった特集は『聖母マリアの奇跡』。

この映像は何度見ても感動します。ルルドの泉、ご存じでしょうか。ここの由来と奇跡についても描かれています。そして最後が圧巻です。

実はつい先日、お土産にこの泉のお水とマリア様のオメダイをいただき、感激していたところです。

セッションでもたまにこの番組の内容について触れることがあったほど、この番組は素晴らしかったと記憶していましたが、やはり間違いなかったと感じました。お時間があればぜひ。今年になってアップされているので、やっぱり、今なんだなと思います。

ワンダーゾーン~瞑想

 
ワンダーゾーン~聖母マリアの奇跡

ちなみにEPOの好きだった曲は、この番組のエンディングテーマ百年の孤独でした。

導きってこんな感じですよね。


クリックで応援、いつもありがとうございます。