5月1日10時30分から

一斉ヒーリングへご参加表明いただいたみなさま、
本当にありがとうございます。

明日10時30分からヒーリングを開始いたします。

ご応募いただいた方にはなんらかの形でお返事が済んでいるつもりですが
万一お返事がない方は再度ご連絡ください。

ヒーリングのための準備も万端にさせていただけたと思います。
明日、どうぞよろしくお願いいたします。

感謝とともに
AZU

一斉遠隔ヒーリング

みなさんこんばんは。

セッションでご一緒したみなさん、
長いお付き合いの方々、
とても懐かしい方々、
そしてはじめてのみなさんから、
多数のご参加表明いただき
すでに私はたくさんのエネルギーをいただきつつ
準備を進めております。

たくさんの思いを込めたメッセージ本当にありがとうございます。
私自身多くを受け取らせていただきました。

ご応募は今夜までの受付とさせていただきます。
明日未明までに締め切らせていただきます。

当日5月1日は朝10時30分よりヒーリングを開始します。

同時にお受け取りになれない方のために
この日1日はいつでもお受け取りいただけるよう設定いたします。
コールインと言って、遠隔のエネルギーワークで用いられる方法です。

意識とエネルギーが時空を超えるということをご体験いただけると嬉しいです。

詳細については前回の記事「やります!」をご参照ください。

みなさんの祈りの力をお借りして、
癒しと愛とすべての聖なる存在と宇宙に響かせる意図で、行います。
みなさんにお受け取りいただくことで、その光を拡大したいと願っております。

どうぞよろしくお願いいたします。
感謝とともに
AZU

1日1クリックでの応援いつもありがとうございます!

やります!

みなさんこんばんは。

初めての試みですが、来週金曜日
5月1日の午前10時30分より
一斉ヒーリングをさせていただきます。

普段お仕事で遠隔ヒーリングをさせていただいていますが
この一斉ヒーリングは私からの地球と地球の仲間のみなさんへの
感謝とご奉仕の思いを込めて、無料で行わせていただきます。

お受け取りくださる方を募らせていただきます。

ヒーリングをご存知の方も初めての方も
私のセッションをお受けいただいたことのある方も
まったく初めての方も
またプロのヒーラーの方もそうでない方も
悩んでいる方もそうでない方も
自己と世界のしあわせを願うすべての方に
お受け取りいただけたらと思います。

年齢だけ制限させてください。
18歳以上の方とさせていただきます。

やってみようと思われた方は
メールにてメッセージをください。

・お名前
・生年月日
・ご自身のテーマ(改善したい点やこうなりたいなどのご希望、肉体的、物質的、精神的、霊的、どんな次元でもかまいません)
・世界に対する希望(祈り)もしくはご家族に対する希望(願い)

以上4点を簡単で構いませんのでご明記ください。

当日はお時間になりましたらリラックスした姿勢になり
「私は今からAZU(アズ)さんの一斉ヒーリングを受けます」と
心で宣言なさりあとは楽にお過ごしください。
30分ほど行いますが、ご自身のご都合で終了はお決めください。
ゆっくりお時間が取れる場合は
30分からさらに10~30分ほどリラックスしてお過ごしいただけると
エネルギーの吸収が速やかになります。

また、ヒーリング後は必ずではありませんが好転反応が出る場合があります。
また浄化を助けるために、普段より多めにこまめにお水をお飲みください。

受け方はRUACH公式サイトのこちらのページをご参照ください。
ヒーリングについてはRUACH公式サイトのこのページをご参照ください。

こちらからの個別のご報告などはいたしませんが、
ご感想などのご報告は大歓迎です。
また当日のお時間が合わせられないけれど受け取りたいというご希望がある場合は
その旨メールにお書き添えください。

ゴールデンウイーク中ですが
たくさんの皆さんとワークできればと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

(ヒーリングはご希望通りのかたちで結果を出すとは限りませんが
波動レベルでエネルギーに変化をもたらしますので
願いや願望をより高い次元で後押ししてくれます。)

E-mailは ruach@live.jp まで


1日1クリックの応援、いつもありがとうございます。

明日

子供の頃からなぜか戦争映画に惹かれていた。
今まで見たなかで一番印象に残るのは
『TOMORROW 明日』だ。

長崎の、市民の日常を淡々と、リアルに描く。

ある女は出産し
ある女は結婚し
ある男は出勤し
ある男は畑を耕し
ある女は洗濯し
親類は式に参列し
子供たちは夏の日差しのなかで遊び

そして、ぴか、と光り、
そのすべては終わる。

あるものは吹き飛び
あるものは蒸発し
あるものは焦げ
あるものは溶け
あるものは燃えたのだろう。

しかし、すべては終わる。

今の世の中を見ていると、
この映画の途中にいるような感覚になる。

きっと前触れはたくさんあったけれど
誰もそれに気づかない。
そして、明日が来ることを
誰も疑わない。

私が子供のころから見る悪夢に
こんな夢がある。

とても恐ろしいことが迫っていて
私はそれに気づいている。
でも誰も気づいていない。
私は逃げる。
恐れているのは私だけ。
やがてそれは本当になる。
私は怖くて仕方がない。
でも誰も気づいていない。
みんなに知らせられないことに罪悪感がある。
しかし気づいている私が一番不幸に見える。

そんな夢。

そういう察知する能力がきっと私にはある。
でも警告は早すぎると本気にされない。

1990年に、芝居の脚本を書いた。

世の中は便利で誰もがもっと便利な世界を求めていた。
その中で情報だけで戦争が起こっていた。
それを私は机上戦争と呼んだ。
だけど最後の核爆弾のボタンだけは本物だった、という話。

大衆は気づいていない、けれど、
感覚の研ぎ澄まされたある種の人だけが
その異変、
秘密裏に行われている
情報と命の取引きに気づいている。

そんな中で、生きることを選ぶには
意識的に生きるにはどんな道があるのだろう、という話。

実に25年前のこと。
でも今、だいたいほんとのことだったな、と思う。

311を機に、原発反対が持ち上がってきたとき
私は戦争反対、と叫んでいたけれど
多分あれすらも早すぎた。
しかし今ではもう、既にいろんなことが遅すぎる。
いや、そうではない。
完全な今がただあるだけ。

私たちはとても危ない橋をみんなで渡っている。
何も知らずに明日を信じるのはたやすいこと。
しかし私たちに天が求めるのは
危険を承知の上で、希望を持ち、信頼して橋を渡ること。

そのために私たちにはそのための武器を預かっている。

それが自己探求である。
自己探求は神に通じる道だから。


いつもクリックで応援ありがとうございます!