わるいものなんてひとつもない

1日1クリックで応援いただいています。ありがとうございます!

朝目が覚めると、「わるいーものなんてない。わるいーものなんてない♪」と
「清く正しく美しく」が頭なかで鳴っていました。

「この世にあるものはいいものばかりに決まってるー♪」

この歌詞の意味は本当に深すぎて
多分、一元論を学ばないとなかなか理解できないのではないか、などと
勝手に考えたりしております。

私がこのことを実感として受け入れることができるのは、
確かに一元論というのものを理解し受け入れたこともありますが
実際には、この歌詞のとおりで

「きみがいてくれたら」
なのです。

私は30代なかばまでは、
地球人であることにまったく希望を持てませんでした。
自分という存在にも、自分がこれから出会う未来にも。
そして今の自分というものにも、自分の置かれている状況というものにも
まったく納得がいっていませんでした。

もちろんとても努力をしていましたし
諦めてもいませんでした。
それこそ、今日よりも明日、というふうに
1日たりともムダにしないよう
精一杯に生きていたと言えます。

それなのに、それでも、いえ、だからこそ、
心のなかを正直に感じてみると
希望よりは絶望が強く
満足より不満が大きく
平安はかけらもなく
不安でいっぱいでした。

そして、できるだけこの地上でこれ以上
そんな体験をしたくなかったので
なるだけ早くお暇したい
できるだけ衝撃少なくさり気なく立ち去りたい
というような心持ちでいました。

努力や態度とはまったく裏腹に。

夫と出会って、お付き合いのようなものが始まって
しばらくしても私は変わっていませんでした。
彼の前向きなパワーもきっと
私としばらく一緒にいたら
萎えて逃げ出すことだろうと
薄々思っていました。

ある時高円寺の商店街を一緒に歩いていた時
私が本当に思わずため息をついて
「これから先、私の居場所って地球にあるのかなー」と
ごく自然な本音を漏らした時
彼はピカピカの26歳のすんごい笑顔で
「なにいってんのーおこるよー。おれがいるじゃなーい」
と、若干ばかっぽい感じで言いました。

40歳を間近に感じる疲れた私が(当時37歳でした)
なぜそんな言葉を本気にすることができたのかわからないし
応えもなにも期待もしていなかったし
ただ不意だったのでびっくりしたのか
つい信じてしまいました。

言った本人はすっかり忘れていたみたいですが。
あげくに「テクニックだよ」と偉そうに言い放っていますが。
(この「テクニックだよ」は私の父のモノマネですが)。

結果的には私がつい信じてしまったこれは
真実でした。
私はようやく
自分を愛することと愛を受け取ることに許可をできたのです。

そして
私は本当に辛い思いをたくさんして生きてきましたが
どの一つでも欠けてしまうと
彼に出会ってこうして幸せに生きることもなかったかもと思うと
過去のすべてを愛さないわけにはいきません。

彼の目に映る、彼が見ている私が
彼の愛する私であることが
すべての答えです。

私は子供の頃からずっと
みんなに幸せになってほしい、という
強い思いを持っていましたが
幸せになろう、なれるよ、と
強い気持ちで言うことができるのは

彼がいてくれるから。
わるいものなんて、過去にひとつもなかったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。