こんな感じでいつも考察と創造をします


1日1クリックの応援いつもありがとうございます!感謝しています。

季節外れな話ですが、沖縄で、沖縄の台風を体験したらこれまでの台風観はまったく変わってしまいました。生まれも育ちも東京都。一度だけ、一度きりしか行ったことのない屋久島で、滞在期間の半分以上台風に見舞われたことありました。主人と一緒に初めての旅行だったのかな、主人のお友達夫婦が移住した先に泊めていただき、そこでの体験が人生で最も激しい台風でした。

築100年の古民家に住まわれていて、雨戸閉めきって、電気が止まり、3日目に水道が止まって床下浸水が始まって、もうどうしたらいいのかわからない・・・というところで過ぎ去ってくれました。確か風速が35メートルだったかな。主人と友人だんなさんはその中歩いて海まで行ったんです。なにも知らずに。そういうことして命を落とすってよくある話しですからとても怖かった。唯一その帰りを待つのが一番怖かった記憶です。

戻った二人は顔色が若干変わっていました。本当に身の危険を実感した。もうしない、と言っていました。それで済んで、そしてそういう学習ができて本当に良かったと思いました。

そして沖縄。風速70メートル、ということが起こります。最初の恐怖体験は豊崎のマンションでした。埋立地で背の高い建物だったので、普段から風が強かった。台風が近づいてまず停電は当たり前。まったくぬかっていたのだけど、水道も同時に止まりました。そうだった。もちろん電話も。そして、船のように家がずっと揺れます。通気口から風が音を立てて出入りします。竹の笛がずっと鳴っているみたいな音です。夏に締め切るので、蒸し風呂です。窓のサッシから水が浸水しますから、塞いだタオルを絞ったり取り替えたり、重病人の看病のようです。車での買い出しも出遅れました。車は風でひっくり返されるものです。➖知り合いの奥さんは本当にひっくり返されて浸水して出られず、電話も止まり、直感で探しに出たご主人に救出されたそうです。➖ 我が家の駐車場では追突事故が起こっていました。無人の車でです。うちのはサンバイザーの部分が剥がれただけでしたが、整列していた車が一方に寄ってグチャグチャになっているのはぞっとします。窓ガラスが割れるのでは、というのが一番ヒヤヒヤしました。同じ建物ではなかったですが、後から「うちの建物では割れました」という実話も伺いました。

台風が去ると、今度は家周りに水を撒かなくてなりません。塩害でサビやら酷い劣化につながるのです。とにかく風が当たるところはみんな。それから、外にあるものは家に入れたり(鉢植えなどもみんな)縛ったり、今は家の窓の外にネットを張ったりしますので、準備も復旧作業も1日仕事になります。沖縄の人はここがものすごく手早いのです。私もものすごくがんばらなくてはなりません。

車も洗車渋滞が起こります。植物も枯れます。これがとてもショッキングでした。風で街路樹が倒され折れてしまう様も悲しかったですが、海岸では風に吹かれた砂が樹の皮をずるっと剥いてしまうのです。それから台風が去った後、徐々に木々が枯れていきます。山がどんどん赤茶けていきます。これが塩害でした。新しい東屋の柱や壁もものすごい劣化です。こういうのは目の当たりにしないと想像がつきません。それから、沖縄南部は農業が盛んで、その恩恵にいつも感謝していますが、その農産物の被害がものすごいのです。数十億円という単位での損害が出ます。これはとてもショッキングです。この、こういうことがショッキングであるという感覚も、東京で暮らしている時には体験したことがありませんでした。

東京は日本の中心、情報の中心でありながらあらゆることはとても遠いところで起こっているという感覚に取り巻かれる気がします。食べているものを作っている人の顔が見えない。すべては【どっかで誰かがうまくやってんだろ】➖昔そういうCMありました➖というふうになるのです。

沖縄にいると、すべてのつながりが身近に見えてきます。1つ何かが起こるとその連鎖は観察していれば身近に実感できます。例えば選挙とか、基地とか、野菜とか、農薬とか、景気とか、魚とか、海とか、空とか、PM2,5とか、戦闘機とか、見回して目についたことを観察しているとあらゆるつながりが感じられます。

さて、今日の話しは、これがテーマではありません。私は台風について考えています。この台風を、私はどう捉えればいいのだろう、と。今しばらくお付き合いの程を。

ずっと以前に、村上春樹のエッセイで読んだフレーズを私はよく思い出すのです。ギリシャの島では、毎年台風で石垣が破壊されるが、それをまた同じように手作業で復旧する。何度でも、何度でも。日本では、壊されない何かを開発していく。でもギリシャのこういうやり方が日本には失われているのではないか、という論旨だったと思う。この意味はとてもよくわかる。沖縄の美しさの部分は圧倒的にこのようにしてしか残されないだろうと思う。

しかしそもそも台風はなぜ存在するのだろう。私はこの破壊力は人間界の戦争に似ていると感じる。この一瞬で奪われる命とエネルギーの多さに私は呆然としてしまう。台風のあとはしばらく生命力が奪われ若干虚脱してしまう。多くの敏感な人は気圧のせいだと思っているかもしれないあのなにか脅かされる感じは、エネルギーの次元ではやはり、暴力的な破壊力に細胞や意識レベルでダメージを感じているのではないか、と私は仮説してみる。というよりそう感知している。

意識界では地震について、極端なエネルギーの溜め込みや偏りをこまめに浄化、バランスすることで小さく頻発させ大地震を回避できると考えられている。台風も同じ原理ではないか。人間の感情についてはまったくこの通りだ。

台風が自然界に絶対必然のものであれば、私たちは起こるべくして起こることに対処することを学習するしかない。しかし、台風がそもそも過剰なエネルギーの沈滞や抑圧に対するバランス現象であるなら、エネルギーの次元で意識的に働きかけることで結果を変えることは、自然に付加をかけるようなエゴ的行為にならないはずだ。

同じ原理で、私は人間には戦争は不要となっていくと確信できる。多くの人が過去から推察して、また現在の自己意識の結果として、戦争は人間にとって避けられないものだと認識しているだろう。だから現時点で戦争は存在している。その存在が消えたことは有史以来ない。しかし本来の仕組みはそうはなっていない。

私たちはエネルギーによって存在し、そして変化を遂げる。私たちは進化する。創造する。意識によって。その意識の源を神と呼ぶなら神のみこころに沿って、私たちは出現し続ける存在である。

もし、ひとりひとりのすべてが武器を置くという選択を今する意識状態に至れば、武器は消滅してしまう。それは難しい、と思う人がいるならその人が意識を変える手助けをすればいい。私は、私自身の自己意識を浄化しバランスし続ける。そして内なる神を求め続ける。そして願わくばそれに出会い続ける。難しいと感じている自分が訓練によって、体験を重ねることで難しいことも難しくなくできるようになった時、初めて難しくなくそれを伝播することができる。自分に難しいことを人に強要することはできない。私にとって、愛であること、愛をもって伝えることが難しくない、易しく優しいことであるとき、それは難なく実現する。それは毎瞬の意識的選択と、愛のためにのみ存在する神の愛を求める意志によってなされる。

台風がまずは沖縄から消滅することを私は神に願ってみようかと考えている。そのために神から求められることはなんだろう。それを受け取ってみよう。人間が本当の平安と愛を自己のうちに実現する道の創造のひとつのしるしとして。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です