解毒。


1日1クリックの応援、本当にありがとうございます。

21世紀は平和な時代になるものだと思っていましたが、実際は毒出しの時代が続いています。形あるもの、生命あるものが成長と進化のプロセスと歩むにあたって必要不可欠な段階でもあります。

古い習慣がたとえどんなにみすぼらしいものだったとしても、それが崩壊し手放されていく過程では、立派な解体の儀礼が必要になります。

私たちは自身を改善しようとするとき、もっとすばらしいものを手に入れようとすること以上に、今を掌握し、整理し、そして古いものから学べるものを再吸収し、手放すに充分な準備をする必要があります。そうでなければ本当の意味で過去から自由になることはできません。

私たちは、今持っているもので充分に生きられることを知る必要があります。それは何よりも過去からの恩恵です。今持っているものによって生かされながら、役割を終えてしまった古い慣習に礼を尽くしてそれを葬ること。これは心のワークも家庭内の雑事も、国家規模の運営でも、世界間の外交というコミュニケーションにも言えることであるように思います。

今一度、多くの人が立ち止まり、自らの立ち位置を再確認してこんな作業でできるといいと思います。

そして本当は、手に入れるべきもっとすばらしいものは無いということに気づけるといいと思います。今あるものの中にだけ、それはみつけることができます。

強烈な香りや色や奇抜な形をしたものの奥に、それらはひっそりと隠れています。私たちがそれらの刺激にそれ以上求めなくなり、手放すという勇気ある一歩を踏みだしてみようと思うその瞬間、それはその存在を見せ始めます。

そしてそれはずっと在ったと同時に今にだけ出会うことのできる、無限の宝だということに気づけるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です