慰霊とともに新たな指針を。


1日1クリックの応援本当にありがとうございます。

先日6月23日は慰霊の日でした。沖縄戦の終戦記念日で、学校も休日となります。沖縄に住むまでは私もこの日がこんなに大切な日だということは知りませんでした。

毎年この日は用事と重なったり仕事をしていたりでしたが、今年は定休日と重なったため、平和祈念公園へ行き瞑想することができました。

Twitterのハッシュタグで慰霊の日を検索すると、たくさんのうちなーんちゅ(沖縄人)のつぶやきを見ることができます。若い世代、男女問わず、多くの人がこの日に平和について思いをはせ、平和を損ねるものに対してノーの意志を表わしていることがわかります。

私が生まれたのは戦後21年年目の夏です。子供の頃は、戦争は遠い昔のことだと漠然と思っていました。日々の暮らしの中で戦争の傷跡に触れることができたのは、父母と祖母から聞くものがたりの中でのことでした。

母と祖母は、終戦直後の混乱の中を満州から帰国してきました。30歳になったばかりの祖母は幼い子供3人をたった一人で満州から連れ帰り、またその戦争で夫を失いました。その祖父は沖縄戦で戦死し、この島に骨を埋めています。

日本はまた戦争の犠牲者を作りたいのでしょうか。

私は戦争を恐れます。戦争という暴力は恐れるに値するものです。戦争に恐れを感じないのは、それ以上の暴力的思考に感覚が麻痺し、想像力という人間と神をとつなぐアンテナを折っているからに違いありません。暴力に麻痺している人に必要なのは愛と癒しですから、私は日本を戦争へと導こうとするリーダーが癒やされることを願います。世界で戦争という手段によって利己的な欲求を満たそうとする人が癒やされることを祈ります。またその暴力に無意識に力を貸し、賛同している多くの人が眠りから覚め、暴力の魔力から解放されることを祈ります。

また私自身がこの恐れに絡め取られることなく、自分の意志で平和に向かって歩みを進めることができるように、祈ります。

私は今では戦争というものをとても身近に感じることができます。沖縄には戦争という人類の病をじょうずに包み隠し、目をくらまし、自分たちがどこへ向かっているのかをわからなくする隠れ蓑が少ないのです。そんな隠れ蓑が通用しないほど、戦争の傷は心と身体にしっかりと刻まれているのです。その傷の痛みを家族が引き継いてくれています。私たちはその痛みを、今のうちに自分のものとして、贈り物として、受け取らなくてはなりません。私は、そして夫は、そうしたくて沖縄に来たのだということが今ではよくわかります。

少し前まで、日本では戦争は過去の(負の)遺産だと思われてきたはずです。でもその時にも今も、地球では戦争が消滅した瞬間というのはありません。日本の平和は、休火山のようなものなのではないか、と私は考えていました。そしてその脅威を多くの人が忘れた時、再び噴火するのではないか、というふうに。

戦争を終わらせること、というのは、今地球に乗り合わせている人類にとって最重要で最も直近の目的なのではないか、と最近では思います。多くの人が気づかなくてはならないのは、戦争を終わらせることに本気を出さなくてはならない、という命題なのではないでしょうか。私は瞑想を通じてはっきりとそう受け取っています。

暴力の魔力から人間が目覚めるには、多くの人が自分を癒やさなくてはならないでしょう。癒し、満たし、そして力をたくわえなくてはなりません。愛という最高で最強のパワーを。

多くの人が自分の課題に取り組んでいます。自己への取り組みは尊く永遠です。しかし、自分の欠点を探しまわって虱潰しに問題にしてく必要なんて全くありません。私たちは今にいて、今を感じ、内なる理想の霊である神を自分に投影し、自分を全てに投影し、一つになることが個の目的だと気づき、そしてそれに対して自己を開いて足元からできることをしていけばいいだけです。人生はシンプルなのです。

そのシンプルさを受け入れることさえできたら、私たちは自分の存在の目的や使命もはっきりと感じることができます。多くの人がものごとを複雑に煩雑にし、多くを追い求める方向へ自分を駆り立てています。完璧を目指したりないものを手に入れようと努力することにちからを注いでいるように見えます。でも、本当の目的はシンプルですし、人生で為し得るもの為すべきことは本当に限られています。

きらびやかなタイトルに惑わされないでください。目の前にあるもの、いる人、与えられた関係に目を向け、現状に耳を澄まし、余分なものを手放し振り落とすことに集中することです。他者と比べないでください。隣の芝生はいつも青く見え、比べた瞬間にあなたは負けます。青く見える隣の芝生は、他者に見抜かれることを恐れて青くなっているだけです。いつでも人の恐れの中身は同じです。

進んで他者に弱みを見せることができたらあなたは勝者です。それは愛への一歩に繋がります。

その勝利はひとつなるものを隔てる迷妄の壁を突破し、恐れが駆り立てる攻防の争いからあなたを目覚めさせ、あなたを平和の柱として光り輝かせます。

私たちが恐れの闇を光でひとつひとつ照らしていく時、私たちは戦争を終わらせ、地上に愛を構築するというもっとも重大な任務を果たしていると言えます。

私は、全てのひとりひとりがその内に光を灯し、そのおおもとの光の源と繋がるビジョンを慰霊の日の瞑想の中で観ました。それを実現するのはまず自分、そして一番身近な人たちと分かち合うことからです。そうしながらも、最上の、魂が喜びで膨れ上がるような最上の目的をいつも胸に灯しておくこと。慰霊の日にしるすことができることに感謝します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です