ソウルメイトは劇団員。


1日1クリックの応援、いつも本当にありがとうございます。

百名ビーチのお散歩
百名ビーチのお散歩

よく「この世は舞台、人はみな役者」と例えられますが、演劇には舞台上のルールがあり、そして脚本という筋書きがあります。私は演劇に出会い、舞台上で演じている時に初めて「自由」ということを実感しました。ルールというのは例えば、切迫した感情をぶつけ合いながらも絶対に自分自身や他者を(肉体的にも精神的にも)傷つけず、信頼を築く、というようなこと。役者はそのようなルールがあるからこそ、全力でぶつかり合うことができます。また、脚本や設定があるということは、その結末や目的地が見えているということです。

それで、実際の人生の中でそのようなルールや目的地を見つけられれば、或いはそれらがあるかのように生きられれば、もっと幸せになれるのでは、と考えました。

ただ、私が言いたいのは、人生のストーリーや未来に起こることを予知することがそうだというのではありません。スピリチュアルというと最近は占いとよく一緒に扱われますが、出来事を予測することと仕組みを知ることは違います。ルールや目的地というのは言い換えれば仕組みのことです。

私たちは意識を使って世界を創り、認知し、人生を生きています。しかしながら私たちはこの意識というもの自体をよく知りません。仕組みを知らないまま使っているので誤解と混乱に満ちています。誤解と混乱があると、苦が生じます。私たちが幸せになるためにはこの苦から自由にならなくてはなりません。

過去世についての説明をするとき私は、魂を役者、肉体を役柄に例えます。

ソウルメイトは同じ劇団の劇団員です。何度も一緒に演じている気心の知れた、信頼できる役者同士です。

同じ劇団で何度も違う演目の公演を繰り返しています。これが転生です。

一つの魂は数千という役柄を演じてきています。魂はベテラン役者で、人間を演じることには慣れているのですが、毎回役に没頭するので、その役柄の人生観や価値観、性質も意識に刷り込まれています。これが潜在意識の記憶です。時には自分が役者で演じているのだということを忘れ、舞台のルールを忘れて、本気で相手役を憎んだり殺したりしてしまうこともあります。そして、今の演目で今の役柄を演じて相手役と絡んでいるときにふと、前回の役柄の時の記憶や癖が頭をよぎり、動作やセリフに表れてしまいます。これが過去世の影響です。

そうすると、相手役は戸惑いながらもつい、そのアクションにつられてリアクションをとってしまいます。自分も前回の役柄の気持ちで反応してしまうのです。今回は仲のいい親子を演じているはずなのに、前回の敵対していた兵士の時の記憶が出てしまうのです。一触即発なピリピリとした空気が互いの間に流れます。そんなつもりはないのに、そのピリピリムードに乗っかってしまいます。前回演じた時のリアルな感触が肉体感覚に刷り込まれているのでそれを演じるのはお手の物なのです。

こんなことが起こると、今回の演目はぶち壊しです。そして頭では軌道修正しなくてはと思っているのに、顔を見るとつい慣れ親しんだ方のリアクションが優位になって、互いに悪循環が起こります。

こんな感じで、私たちは数千回と繰り返された過去の役柄の反応の蓄積を持ちながら今回の新しい演目に取り組んでいます。これは演技の引き出しが多いようで良いことのように見えますが、実は無駄も多いのです。そこであまりにも過去の役柄の影響を受けすぎているならそれを意図的に解放することができるということです。それにはイメトレが効きます。イメトレというと軽いですが、これが瞑想、或いは催眠療法です。

瞑想は、いろいろな役柄のイメージでいっぱいになった意識をいったんからっぽに近づけて、魂だけの存在だった自分を思い出そうとする試みです。着込んだ衣装を外し、自分に染み付いているセリフや感情や自己イメージに気づいて、それを返上します。そして自分は役の人間である以前に、役者であり、どのような役にも愛を持って演じているだけだということを思い出すのです。

そうすると、演目のストーリーに巻き込まれずに、演じていることへの喜びと感謝が戻ってきます。役者は悲劇をも感謝と喜びと使命感を持って演じます。その根底にあるのは愛です。

ヒプノセラピーで退行催眠を体験すると、このような意識の仕組みに実際に触れることができます。そうすると、自分はこんな性格、こんな人格、こんな人、という自己認識は単に感覚的な記憶であること、また感情は物質のように扱うことができるエネルギーだということもだんだんわかってきます。

多くの人が、自分という存在を誤解することで苦しんでいます。その苦から自由になるには本当の自分を知ることであり、自分に対する自分の誤解を解くことなのです。

AZU 心のセラピーはこちらへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です