前世とのかかわり。


1日1クリックの応援、いつもありがとうございます。
今日も書きました。

前世というものについて、いろいろなことが言われているし、いろいろな捉え方がされている。興味のある人も多いと思う。私はどうだっただろうと思いだしてみると、出会う前はあまり興味がなかったな、と思う。

私は自分の人生に精一杯だったし、一生懸命生きて、自分で考えて、自分で選んで、人生を生きていると思っていた。なかなかうまく行かないのは、まだわかっていないかまだ努力が足りないか、そういった理由だと思っていたと思う。

だからブライアン・ワイス博士の『前世療法』なんて、読みはしたけど特に感慨を抱かなかった。20代最後の頃、江上真吾さんという役者さんのプロデュース公演に出た時、共演した女優さんが『前世療法』を読んで魂が震えるほど感動した、と言っていたのだけど、どこがなのかよくわからなかった。彼女は確か、お母さんが今で言うヒーラーのような存在だったと思う。しかし精神を病んだクライアントさんに殺されてしまったと伺った。尋常でない何かを感じた。きっと彼女には何か導きがあったのだろうなと思う。江上さんは美輪明宏さんの舞台の常連俳優で、私は今はなき渋谷のジャンジャン(芝居小屋)の楽屋で美輪さんにご紹介いただき、この舞台を美輪さんが見に来てくださったりもした。本番直前に美輪さんが洗面所に行かれたため10分押しで開演になったのを覚えている。暗い舞台袖でスタンバって、舞台監督から開演押しの理由を聞いて無性に興奮した。当時はもちろんスピリチュアルブームの前である。

(余談だが、先日父と話していたら、父は以前美輪さんからごはんをごちそうになったことがあったそうだ。誰かの芝居か何かの後、共通の知人がいてそういう流れになったと言っていた。そして母は母で結婚前、母の姉と一緒に芸能界にいて、美輪さんグループとよく一緒に遊んでいた、などと言っていた。あと丹波哲郎さんとか。あれ?死後の世界はある、的な・・・。縁というのはやはりあると思う。)

私は夢物語があまり好きではなくて、とても現実主義なところがある。なんでも現実が変わらないなら意味がないと思う。それは昔も今も変わっていない。いくら天使がいても、現実と関わらないのならそれがわかっても仕方がない。私の現実と天使との関わりを体験し実感して初めて天使は存在すると言えると思う。同じように前世を知ったとしても、それが自分の人生にどう関わるのか、そして関わることでどう変化するのかがわからなければつまらないと思う。

しかし、今と昔で変わったのは、現実というものに対する捉え方である。

以前現実だと思っていたものは今では幻想だとわかった。そして現実というのは事実と真実からなるものだと思う。現実が変わらないと意味がない、というのは本当だけど、その現実を創っているのは自己の意識だということもわかった。だから、変わらなくてはならないのは常に自分なのだ。

前世というのはあるとかないとか信じるとか信じないとかいろいろと言われる。でも私が現実として付き合っている前世というのは、意識に確実に影響を与えている何かだ。しかも通常そこは無意識だ。だから自分の理論的な理解や努力ではなかなか改善できない。しかしそれを意識化し、さらに言語化して理解することで通常では考えられないほどの変化をもたらす可能性を持つ。多くの人がそれを体験している。当たり前だと思っていた自分の癖に気づいて一気に返上する、というようなことが起こり得る。癖というとちっぽけに感じるが、観念とか、価値観、世界観なども同じだ。

信じようと信じまいと、現実としてそれが起こるから、私はそこに原理という法則を見つけることができる。

原理を知ることは楽しい。一見無秩序のカオスに法則を見つけることができたら、私たちはそれを扱うことが可能になる。これは科学のテクノロジーと同じだ。

ただ、意識の世界は顕微鏡で見ることができない。それを見るめがねのレンズは心で、正しくそれを見るにはそのレンズを磨き続けるしかない。

心はその奥深くではみんなと繋がり、神と繋がっている。この世の不条理と言うが、不条理なのは人間の狭い視野からくる思考や欲望であり、すべては精密に緻密に秩序がかたちづくっている。私たちがまだ世界を知らないだけだ。

世の中が便利になって本当にありがたい。体力のない私がこうして探求を続けられるのも洗濯機や掃除機などの助手が優秀だからだと思う。便利な世の中だからこそ本当は人間はもっとどんどん世界を知るといいと思う。便利だけで満足したり、自分が機会や部品のようになって生きるのではなくて、世界を創る意識の一部であり、時にはすべてであるという自覚を持って生きられたらすてきだと思う。好きなことを見つけるために旅なんかしなくていい。適職を探すために旅なんかしなくていい。自分を探すというのは旅なんかしていてもできない。今ここで、自分と、自分の内面を深く知ることを始めるかどうかだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です