前世とのかかわり。


1日1クリックの応援、いつもありがとうございます。
今日も書きました。

前世というものについて、いろいろなことが言われているし、いろいろな捉え方がされている。興味のある人も多いと思う。私はどうだっただろうと思いだしてみると、出会う前はあまり興味がなかったな、と思う。

私は自分の人生に精一杯だったし、一生懸命生きて、自分で考えて、自分で選んで、人生を生きていると思っていた。なかなかうまく行かないのは、まだわかっていないかまだ努力が足りないか、そういった理由だと思っていたと思う。

だからブライアン・ワイス博士の『前世療法』なんて、読みはしたけど特に感慨を抱かなかった。20代最後の頃、江上真吾さんという役者さんのプロデュース公演に出た時、共演した女優さんが『前世療法』を読んで魂が震えるほど感動した、と言っていたのだけど、どこがなのかよくわからなかった。彼女は確か、お母さんが今で言うヒーラーのような存在だったと思う。しかし精神を病んだクライアントさんに殺されてしまったと伺った。尋常でない何かを感じた。きっと彼女には何か導きがあったのだろうなと思う。江上さんは美輪明宏さんの舞台の常連俳優で、私は今はなき渋谷のジャンジャン(芝居小屋)の楽屋で美輪さんにご紹介いただき、この舞台を美輪さんが見に来てくださったりもした。本番直前に美輪さんが洗面所に行かれたため10分押しで開演になったのを覚えている。暗い舞台袖でスタンバって、舞台監督から開演押しの理由を聞いて無性に興奮した。当時はもちろんスピリチュアルブームの前である。

(余談だが、先日父と話していたら、父は以前美輪さんからごはんをごちそうになったことがあったそうだ。誰かの芝居か何かの後、共通の知人がいてそういう流れになったと言っていた。そして母は母で結婚前、母の姉と一緒に芸能界にいて、美輪さんグループとよく一緒に遊んでいた、などと言っていた。あと丹波哲郎さんとか。あれ?死後の世界はある、的な・・・。縁というのはやはりあると思う。)

私は夢物語があまり好きではなくて、とても現実主義なところがある。なんでも現実が変わらないなら意味がないと思う。それは昔も今も変わっていない。いくら天使がいても、現実と関わらないのならそれがわかっても仕方がない。私の現実と天使との関わりを体験し実感して初めて天使は存在すると言えると思う。同じように前世を知ったとしても、それが自分の人生にどう関わるのか、そして関わることでどう変化するのかがわからなければつまらないと思う。

しかし、今と昔で変わったのは、現実というものに対する捉え方である。

以前現実だと思っていたものは今では幻想だとわかった。そして現実というのは事実と真実からなるものだと思う。現実が変わらないと意味がない、というのは本当だけど、その現実を創っているのは自己の意識だということもわかった。だから、変わらなくてはならないのは常に自分なのだ。

前世というのはあるとかないとか信じるとか信じないとかいろいろと言われる。でも私が現実として付き合っている前世というのは、意識に確実に影響を与えている何かだ。しかも通常そこは無意識だ。だから自分の理論的な理解や努力ではなかなか改善できない。しかしそれを意識化し、さらに言語化して理解することで通常では考えられないほどの変化をもたらす可能性を持つ。多くの人がそれを体験している。当たり前だと思っていた自分の癖に気づいて一気に返上する、というようなことが起こり得る。癖というとちっぽけに感じるが、観念とか、価値観、世界観なども同じだ。

信じようと信じまいと、現実としてそれが起こるから、私はそこに原理という法則を見つけることができる。

原理を知ることは楽しい。一見無秩序のカオスに法則を見つけることができたら、私たちはそれを扱うことが可能になる。これは科学のテクノロジーと同じだ。

ただ、意識の世界は顕微鏡で見ることができない。それを見るめがねのレンズは心で、正しくそれを見るにはそのレンズを磨き続けるしかない。

心はその奥深くではみんなと繋がり、神と繋がっている。この世の不条理と言うが、不条理なのは人間の狭い視野からくる思考や欲望であり、すべては精密に緻密に秩序がかたちづくっている。私たちがまだ世界を知らないだけだ。

世の中が便利になって本当にありがたい。体力のない私がこうして探求を続けられるのも洗濯機や掃除機などの助手が優秀だからだと思う。便利な世の中だからこそ本当は人間はもっとどんどん世界を知るといいと思う。便利だけで満足したり、自分が機会や部品のようになって生きるのではなくて、世界を創る意識の一部であり、時にはすべてであるという自覚を持って生きられたらすてきだと思う。好きなことを見つけるために旅なんかしなくていい。適職を探すために旅なんかしなくていい。自分を探すというのは旅なんかしていてもできない。今ここで、自分と、自分の内面を深く知ることを始めるかどうかだ。

沖縄生活アルバム。


1日1クリックの応援、本当にありがとうございます。
今日も幸せです。

沖縄はもしかしてこのまま梅雨にはいっちゃうのかな~という感じの空模様です。
写真はそうなる少し前の休日。みいばるビーチの食堂かりかで本格キーマカレーをいただきました。
P1000038

そしてこちらは垣の花をお散歩していてあまりの見事な咲きっぷりに心惹かれたブーゲンさん。
P1000039

このお散歩の目的はこちらのヒスイカズラ。あるお宅がお庭解放して見せてくださるのですが、昨年偶然発見して今年もおじゃました。
P1000041

すごくないですか?この色とかたちと。
P1000042

10年位咲かなかったとおっしゃっていました。もとは一本の木ですが果樹園のようになっています。
P1000043

さらに別の日。これは近所のお散歩コースです。
P1000046

好きな木。紋羽の木というのですが方言ではハマスーキ。この木で糸満の玉城さんが作ったのが最初の水中ゴーグル(みーかがん)だそうです。
P1000045

まるでプライベートビーチのようにひそやかな楽園。
P1000053

そしてどうしても流木を拾ってきてしまううちのヨガダンナ。奥さん大変だね~とご近所さんに笑われました。
P1000055

これは先日初めて作ったスコーン。クラッシュアーモンド入り。おいしかった。
P1000058

ので、味をしめてリピート。今度はレーズンとカシューナッツ入り。
P1000062

それから最近、みょうがの苗が買えることを知り
P1000032
根っこみたいなものをホームセンターで買って、プランターに。
今は写真よりだいぶ育ってます。
収穫は9月だそうですが、できるかな。
今日はこのへんで^^

人生という旅を通して知るもの。


1日1クリックの応援、本当にありがとうございます。
感謝としか言いようがありません。

P1000029東京の母のところからアロエベラを連れてきました。

少し前に、2012年作品の映画、レ・ミゼラブルを見ました。久々に、これぞという感動をしまして、それからちょっと感動づいています。私は玉川大学の芸術学科、演劇専攻で学びまして、授業でたくさんのミュージカルナンバーを歌いました。野宮勲先生というなんというか、スペシャルな先生が指導なさっていて、校舎ではあちこちからレッスンする歌姫の歌声が聞こえておりました。

同級生には天才がいて、いつもその子の表現にはドキドキさせられました。歌っても無言で動いてもセリフを言っても、それがシェークスピアの叙事詩であろうと、完璧な話し言葉に聞こえてしまうような、才能でした。高校生ですでに地元の社会人劇団で演出をしていたと聞きました。まだ脚本というものをどう読んだらいいのかさえわからない、日常の話し言葉しか知らないような私たちの中にあって、彼女の「舞台表現を読む力」はいつも圧倒的でした。彼女の発言を聞いて勉強になったことははかり知れません。

彼女もいつも私の表現を事細かく見ていてくれました。そしてずいぶん後になってから「あの時の美緒のあれにはまいった」などと話してくれました。私にすれば、そんなふうに見ていてくれる、見守り理解し、認めてくれる存在というのは何よりの支えでした。

玉川の演劇専攻にはそういった存在がたくさんいました。自分のことで精一杯のはずのあの時期にあって、そういうふうに心の目を注いでくれる同輩、先輩がたくさんいました。卒業して10年以上経ってお話する機会のあった先輩が私のことを語ってくださったりしました。最近では昨年夏に我が家に来てくださった先輩がそうでした。私にとってはそういうかけがえのない心の眼差しが愛として自分の生命を支えてくれたと今でははっきりとわかります。20年目のクラス会の時にも、あの時の美緒について、今もそこにそうして佇んでいる女の子を語るように話してくれた同級生がいました。たった一度、アルバイトで一緒になった私の弟のことまでずっと気にかけていてくれた同級生もいました。この人たちの心はどうしてそんなに広いのだろうと思いました。私が思う何倍も、ただ思っていてくれたのだと思うと、私はただの一期一会では片付かない、魂の仲間という世界を思わずにはいられません。

私は以前から周りの人を好きになりすぎて、自分ばかりがそうなってしまうのが恥ずかしいと思っていたことがありました。記憶力が良すぎる点もそうです。多くの人がさらっとその時期を過ごして前に進むのに、自分は愛着がありすぎるように思っていたのです。ですが、年月が経ち、時間を経て仲間に再会する機会が出てきたこの頃、あの頃の愛はずっと生きていたんだ、と思える体験が重なり、自分の感じていたことは思い過ごしでも一時的な気の迷いでもなく、実在したのだと教えてもらうことができた気がしています。そのことは私の人生に大きな価値を与えてくれています。愛は不変であり普遍なのだという証をもらったのです。

私がずっと生命を注いでいた表現の世界はそうした純粋性と、そして大局的なエゴの欲望の両極を内包する修羅場でもありました。そしてそこでは王道のセオリーとか、成功の秘訣などは効力を持ちません。私たちはそこで多分、ただ巻き込まれるしかないのです。私が見つけたただひとつの平安への道は、そこから目覚めることだけでした。

人生というのは不思議なからくりでなされています。目に見える目的と魂の目的はだいたいにおいて違います。多くの人が気にしている運命と実際の運命は違います。学んでいると思っていることと、実際の大切な学びは違っています。得たと思っていることと、実際に得ているものは違います。

ですが、それでも、すべてが無駄であるわけではありません。すべてに意味があるというよりは、あらゆる出来事は、すべてには生命が宿り、神が宿ることを知る機会となるということです。やがてはすべてが解かる時が来る。私たちが何をしているのか、ということを、というようなチェーホフのセリフがあります。キリストが磔にされた時「神よ、お許しください。彼らは何をしているのかわからないのです」と言いました。そしてキリストにはわかったのです。それがわかったら、それがわかったらね!。

(チェーホフ、三人姉妹より。)

「・・・やがて時がたつと、わたしたちも永久にこの世にわかれて、忘れられてしまう。私たちの顔も、声も、なんにん姉妹だったかということも、みんな忘れられてしまう。でも、私たちの苦しみは、あとの生きる人たちのよろこびに変わって、幸福と平和が、この地上におとずれるだろう。そして、現在こうして生きている人たちを、なつかしく思い出して、祝福してくれることだろう。ああ、かわいい妹たち、わたしたちの生活は、まだおしまいじゃないわ。生きていきましょうよ!楽隊は、あんなに楽しそうに、あんなにうれしそうに鳴っている。あれを聞いていると、もう少ししたら、何のためにわたしたちが生きているのか、なんのために苦しんでいるのか、わかるような気がするわ。・・・・それがわかったら、それがわかったら、それがわかったらね!」

私のセッションにご興味を持っていただけたらこちらをご覧ください。
RUACHルーア 心のセラピー

美しいものを美しいと感じるこころ。


1日1クリックの応援、いつもありがとうございます!
メッセージが届きますように。

10155032_489116214550924_4430481331966526896_n主人が撮影した桜です。

先週末は家族の所用で東京に行きました。普段離れているので家族とみっちり過ごしました。全員とそれぞれ話す、ということができたのは初めてのことかもしれません。とても大きな仕事というか、人生における大事なミッションを遂行したような充実した気持ちです(笑)。

人生において家族というものがこんなにだいじなものだということが実感としてわかるようになったのはやはり自分が家族を創るようになってからかもしれません。

今回は調布、狛江に泊まったのですが、ふるさとの美しさを再認識することもできました。

私は22歳で家を出てから狛江という場所は居心地が悪く、間で2年住んだこともあるのですが、意識の中ではそこにいなかったように思います。実家に帰るというようなこともほどんどありませんでした。あまりにしんどいことばかりあったので、行くときは体調を崩す覚悟で行かなくてはなりませんでした。

高校時代(都立狛江高校)はとても苦しく、今で言えば鬱状態で、身体もいつも極度に具合が悪く、成績も入学当時はトップクラスだったのに最後は真ん中以下に下がりました。大学に入れたのが奇跡的でした。最初の頃の成績の良さが貯金になって、指定校推薦の枠をいただいて入れたのですが、貴重な枠をいただき玉川大学の演劇専攻に行けたのは私の人生でももっとも幸運なギフトのひとつです。3年で中退してしまいましたが、その後の人生を大きく支えてくれた宝物です。今となっては本当に感謝しかありません。担任だったしゃくちゃん(顎がしゃくれた数学の先生)にもまったく心を開かず困った存在だったと思いますが、よく最後まで面倒をみてくださったと思います。

狛江高校は私の心さえ乱れていなければ理想的な環境でした。まずなにより多摩川沿いにあるのです。窓の景色は広々とした河原です。母校の狛江2中から大勢が進学し、付属2中などと言い合ったりしていました。当時の学校のランク付けより実際のほうが優秀で、先輩方はスマートで洗練された印象でした。

規則にがんじがらめの中学から一気におとなの世界に行ったようで、先生も生徒を信頼していて、細かいことで注意を受けることなどありませんでした。一度、多摩川の土手でタバコを吸っていた同級生が見つかった時は担任のえーっと、名前をど忘れしましたが、顔を覚えているのに。いい先生でしたが、涙を浮かべて、信頼を裏切らないでほしいと訴えておられました。そういう規則違反以外は本当に自由で、昼休みにはお弁当を持って多摩川に行き、はたのさんという文具屋さんですももキャンディーやチェリオのジュースやアイスキャンディーを買ったり、男子の間では狛江の駅前まで自転車で走り、都堂のみやこ焼き(今川焼きです)を買って食べるのが流行ったりもしました。知っている人はなつかしいでしょ。

近くの土手には古い松林があり、桜並木があります。五本松と呼ばれ、当時の時代劇の撮影にはよくよく使われていました。それくらい古い感じが出ていて、周りに建物も映らない環境でした。

1年生の時は同級生が亡くなるということがありました。元々長いこと病気だったので、身体も小さくて色が白くて静かな男の子でした。死というものを身近に感じたのはそれが初めてでした。1年生のときの私はまだ学級委員をするほど元気があり、連絡網の最初だったため担任の先生からうちに電話がありました。地面が崩れるほどショックでした。先生も泣いていました。一緒に泣きました。(どうしてこの先生の名前が出てこないんだろう。しゃくちゃんよりもうんと仲良しだったのに。)

終業式の時など、アメリカ映画の卒業式のような感じで、クラッカーを鳴らしたり歓声が上がったりする不思議な校風で、先生方も笑顔でした。そして、これだけは当時の私も気に入っていたのが、この学校の校歌です。

先ほども、狛江の情景を思い出しながら口づさみましたが、本当にその情景そのもののような見事な描写です。当時の音楽の先生も芸術家で、校歌の素晴らしさをよく語っておられました。まず、この校歌には学校の名前が入っていません。そして、和歌になっていて、一番と二番の間に反歌が入ります。歌詞、曲ともに雅やかです。

1.多摩川の堤のほとり
朝日さすわが母校
風わたる銀杏(いちよう)のつらなり
中洲(なかす)めぐりたゆたふ水に
いにしへを想うひととき
老い松はきのふを語り
葦(あし)のはら明日(あす)をささやく
ここ狛の里
青春のわがふるさと

2.武蔵野の西なる野辺に
入り日燃ゆわが母校
目路(めぢ)はるか富士の夕かげ
雲の色は川面(かはも)を染めて
水鳥の憩(いこ)ふひととき
語りゆくわれらが胸に
新しき明日は宿(やど)らん
ここ狛の里
青春のわがふるさと

反歌(歌う時は1、2の間に)

高麗(こま)びとの伝へしわざをうけ継(つ)ぎて
あづま少女(おとめ)は布(ぬの)さらしけり

作詞 坊城俊民
作曲 田崎篤次郎

歌詞からもわかるように、ここ狛江(こまえ)市は古くは高麗(こま)から流れ着いた人が暮らしていて、布を織り染色をして多摩川の水でその布をさらしたという歴史があります。それで隣接する調布市には染地(そめち)という名がついています。美しいですよね。

当時は咲き乱れる桜さえも憎らしく感じるほど私の心は乱れ塞いでいました。美しいものを美しいと感動し感謝できるというのは本当に幸せなものだと思います。そういう心がまた次の瞬間の幸せを創っていくものなのです。

でももし今、幸せを感じることができない人がいたとしても、必ずそれを変えることはできます。私はその道を開くことができました。私のようなものにできたのですから、その道はすべての人に必ず用意されているのです。

今日もお読みくださりありがとうございました。
私のセッションはこちらです。ご興味があればご覧ください。
http://ru-o.jimdo.com