家族のワーク

2013年もあとひと月ですね。昨年はアセンションという、何年も前から注目を集めた年でした。アセンションという言葉もスピリチュアルという言葉も知名度、市民権を得てきた一方、誤解や誤認や言葉のひとり歩きと言っていい現象もあり、進歩というのは本当に一歩一歩なのだと実感します。

厳密な意味で、私は「これがアセンションだ」と言えるような体験と実感をしました。きっとこんなだろう、という思い込みの予測なしに体験を見なおして見れば、きっと多くの次元上昇の証を見つけることができることと思います。

私にとってのアセンションは、家族と家族関係の中に最も色濃く顕現しました。

昨年春は父の喜寿のお祝いということで、妹が付き添って沖縄でお祝いするというイベントがありました。妹と父のツーショットの旅行、私と主人でホテルを用意し、そして何より私の心が、一片の曇りなく父への愛でいっぱいだったことが奇跡でした。これは私の家族の涙無くして語れない歴史を知らなければごく当たり前の光景ですが、私の内なる世界においてはすべてが奇跡でした。

父の心からも私や家族や世界への愛が溢れているのを感じることができました。私と父の間が「すべてわかっている」という感覚で埋め尽くされた至福の感覚でした。地上にありながら天国にいて、これがすべてだったのだ、という思いに満たされたのです。南城市のカフェのテラスで美しく眩しい海を眺めながら「お父さんこんなに幸せでいいのかい」と言った父の目や声やセリフのトーン(笑)を心で再現するといつでも天国が私の中で蘇ります。

そして、この年の秋に妹が結婚しました。私が結婚したのは40歳。きっと妹は私よりは早く嫁ぐのではと漠然と思っていましたが、妹は更に1年遅く41歳での結婚でした。私は子どもの頃に家族の不和から結婚というものに疑問を持ち、自分は結婚しないと決めていました。けれども意識の世界を探求し、愛、人間の幸せというものに取り組むにつれ、結婚の重大さに気づき始めました。また世間で言われている結婚というものと、実際の結婚というものの神聖さとのギャップにも気付かされました。父と母なしにこの世に肉体を持ってくることはできません。誰もが肉体の父と母を持ちます。戸籍がどうであろうと、呼び名がなんであろうと。そして私たちは、その父と母の世界観を通して愛と、そして神を体験し始めることを最初に選びます。

私はヒプノセラピストの仕事を通して、幼少期にインプットされる体験の記憶が人間の意識にどのように影響し続けるかを学び続けています。すべての舞台措置や人物設定は、そこから愛を体験し始めるために魂が選ぶのですが、それは必ずしも望む、という選び方だとは限りません。選ぶというのは、過去のデータ(カルマ)から今とこれからの魂の学びにふさわしい波長、波動で設定されるということです。ですからそれは個の感覚としては望ましく感じられないこともおおいにあり得ます。選んだからと言って、望んだとは言えないのですが、魂という高次元の人格があるとするなら、その高次元の人格はそれを望んだということです。

結婚は、この世で愛を学ぶためには最も近くて対等な鏡だと私はよく語ります。子どもの目から見れば「どうしてお父さんとお母さんはけんかばかりしているのに一緒にいるんだろう」というように思えても、近くて密接で同等な波長である互いは強く引きつけられる一方でよく反発もし、ぶつかり合いもします。互いはその解決を、相手が変わることに求めることが多いのですが、ぶつかってしまう時には自分が一歩下がって視野を広げるか、自分が一歩抜きん出て成長すると、膠着した状態から脱して、また互いに磨き合う流れに変えることが可能です。このようにして結婚という神聖な絆は洗練され高められる可能性を秘めた土壌となっているのです。

私は主人との結婚を切望して叶い、主人は結婚してからその良さ、素晴らしさを実感してとても喜んでくれました。結婚してからこの方、2人で行うワークは絶え間なく継続し、そしてその気づきと感謝と愛からもたらされるギフトは私たちにとってかけがえなく最上のものだと言えます。妹の結婚には長い物語がありますが、この物語もまるで奇跡のようです。結婚から1年を過ぎ、彼女が日々創りだされ満ちていく幸せを体験している様子がよくわかるのも私の何よりの幸せであり、人生への問いかけに対する応えでもあります。

それからつい先日には、主人の弟の結婚と挙式がありました。私と彼の関係を思う時、家族というものの神秘を私は感じます。本当の家族、きょうだいのような絆を感じるからです。元々主人と弟は仲の良い兄弟ですが、私に対しても絶大な信頼と尊敬を託してくれています。私と主人とのワークを彼はお手本にし、実践者となってくれ、リトリートツアーだと言って沖縄へ度々来てくれていました。その彼が生涯の伴侶と、愛と光と出会う旅を共にする決意をしたことは、これも私たちへのかけがえのない贈り物となりました。披露宴では主人と、義父と義弟がそれぞれスピーチをしたのですが、それぞれが本当に愛に満ちた言葉を贈り合っていて、これまでのすべてに感謝が満たされる体験でした。

主人の両親は、こんな私たちを見て最近では自分たちもワークに参加してくれます。ワークというのは要するに、自分と愛する人が幸せであるために、向き合い、話し合い、和解と修正に取り組むということです。自分の内側で感じていることを明らかにして、互いの誤解を解き、または関係を微調整し、整理し、新たな繋がりを築いていくことです。家族でこのような作業をすることは本当に素晴らしいことだと最近では確信しています。このことにより、家族に対する愛が格段に深まることが実感され、その実感は魂の充足そのものです。

私の家族のほうでは過去あまりに過酷な問題が多すぎて、半ば強制的にこのワークをしなくてはならない面もあり、また、時には機能不全により断絶せざるを得ない時期もありました。そんな時は個々が傷つきながら内面に取り組んで、時間をかけて乗り越えなくてはなりませんでした。しかし近年になり、その多岐に渡る互いの努力のすべてが導きであり、神からの応えを受け取ることだったのだという思いを家族で共有できるようにまでなったのです。

この秋には父の健康に大きな異変があり、久しぶりに家族で全力で取り組まなくてはならない局面がありました。しかしどんなときでも、互いが互いの幸せのために向き合うという姿勢からぶれることなく、協力が実を結んで大きな峠を愛とともに乗り越えることもできました。出来事は一見不幸に見えても、歩む足は神の懐の中にあります。

私と主人の家族のひとりひとりが、寸分の狂いなくこうでなくてはならなかったようにかけがえのなさを感じることができ、この一見偶然に見える現実がすべて神の絶妙なはからいだと信じざるをえません。妹のだんなさんのご家族へもきっとこの光は広がるだろうと楽しみにしています。

世界はこのようにして確実に変化するものだと感じています。世界を平和にしたければまず身内から、というのは喩え話ではなくて現実であり、また家族の関係を刷新していくことは意識的に取り組まなければ叶わない、とても高度なワークなのだと思います。家族関係は放っておけば、幼いころに信じた窮屈な絆によって繋がれています。結婚すれば情熱は薄れ、互いに窮屈な関係を維持する努力しかないように語られています。しかし真の関係性は常に刷新されていきます。この刷新を認識しあう努力こそが、関係性を光輝かせ、愛をエネルギーとして感じさせてくれます。その恩恵ははかり知れず偉大です。このギフトを思う時、私は神と天国を見たと、胸を張って語ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。