言葉を聞く、観る

私は傷つきやすい子どもだったので、他人の言葉で何日も具合が悪くなったりダウンして動けなくなったりすることがよくあった。大人になってもひどかったので仕事や社会に出て行くということにとても抵抗があったし疲れやすく、何事にとりかかるのも億劫だったりもした。

この状況をどうしたかというと、私は自分のエゴ解体に取り組んで解明と転換に成功しました。実際多くの敏感な人は他人の言葉にも敏感だ。それで不用意な言葉に傷ついたりショックを受けて、悲しくなったりそれから腹が立ったり憎んだり或いは自己か他者を責めたり、それも嫌になるとそういうことを感じていないふりをして自分の感性にふたをするようになる、というような反応をする。とても大変なことで、莫大なエネルギーがここに消費されることになる。

これを解決するきっかけをくれたのは時々紹介するシャクティー・ガーウェインの『マインドトレーニング』という本。読みにくかったり難しいと言われることが多いようだけれど、私にはこの本はまさにドンピシャだった。20年前のことですが。

エゴの解体というとどうしてもエゴがわるもののように印象付けられるがそうではない。エゴには特性(くせ)があってそれはあるパターンになっているので、そのくせをちゃんと理解し、自分に当てはめて、自分の意志に関係なくパターン化されて反応してしまっている自分に気づきましょう。その気づきがあって、そのパータンを返上できると、本当の自分が見えてきますよ、ということです。

だから、本当の自分をみつけたければ、エゴを解体するしかないのです。旅したり新しい何かを手に入れたり習得したりというのはあくまでそのきっかけや背景にすぎず、主役は内面です。

言葉を使ってコミニュケーションしている人間の多くがエゴの解体に取り組んでいたりしたらまた世界は変わるでしょうがそうではないので、無意識に言葉を使い言葉の意味で何かを伝えようと多くの人がしています。人間が伝えたいのは意図や内面であって言葉の意味ではない。ですが言葉に傷つくとき、傷つくほうはその言葉の意味を自己解釈していて、相手の意図は見ていない。相手の気持ちには気づいていない。たとえるなら異国の言葉と風習を自国風に解釈しているようなもの。白いハンカチを手渡されたから決闘だと思ったら、愛の告白だった、というような。

エゴを解体するというのは自分のくせにとことん向き合って反応のくせを再教化するので、他者のくせに対しても寛大になります。みんな思い込んでいるし、みんな囚われているし、みんな恐れているんだ、ということがよくわかる。そうすると相手の不用意な言葉に即座に反応して攻防体制に入る前に、相手の内面にそっと入って確かめることができるようになる。自分に対していつもしているように。

だから、強くなると同時に優しくなるのがエゴの解体です。霊的な成長は常に強く優しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。