魂の学び

梅雨の中休み

しがらみや事情や、葛藤や、いろいろあるけど、今度の参議院選挙だけは、いったん手放して、平和を選びたい。みんなで。そうしたらきっと、これまでと違った世界が見えてくる。

私は命というのは肉体ではなく意識、魂、スピリットだと思っている。だから、肉体の命が一番とは言わない。命が一番なら、悪人も利己主義者も命が一番だと思ってやっている。自分の命をばかり優先し、他人の命を軽んじる姿勢。

大事なのは全てを尊ぶという意識だ。子供たちの命を守るのは正しいけれど、全ての人の存在を尊ぶ姿勢がなかったら、その子供たちはいつまでも学ぶことができない。おとなになりまた奪うことで自己を守ろうとするかもしれない。みんな、子供だった。命は神が迎えてくれる瞬間まで全て等しく大切だ。これでも人間か、と言われるような言動をする、利己主義者の命も誰のものでもない、神のものだ。ただ、その人たちは神を忘れ、あるいは神を誤解しているだけ。それゆえに自己を誤解している。

私たちはおそらく、自己の命尽きるまで、すべてを尊ぶということについて学び続ける。喧嘩してでも、間違いをおかしてでも。しかし、その喧嘩はいづれ和解をもたらす余地をもたなくてはならない。赦すということを前提にする必要がある。

戦争は一部の人が全体を利用し支配する姿勢の表れだからまっとうな喧嘩ではない。しかし一旦巻き込まれることを許してしまったら、そのカルマは負わなくてはならなくなる。アンフェアな喧嘩に加担したことになる。まして核というものを世界に許している私たちにとって戦争はいつも最終戦争になりうる。

私たちはもう、戦争というものを卒業しなくてはならない。それを今選べる貴重な岐路に全ての人が立っている。どうかこの権利を粗末にせず、全ての命のために、全てを尊ぶことを選ぶチャンスとして扱って欲しいと願う。全ての人にできる、とても勇気ある、価値のある行動を願う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です