どこを掘ってもハートに繋がる

前回紹介した映像最悪な間違いだった・・・(目覚め始めたアメリカ兵)は、多くの方がシェアしてくださったようで閲覧カウントが伸びてきているようです。少なくても私のごく親しい人たちは涙が止まらない、涙なしには見られない、とおっしゃっていて、そうだよな、と、少し安心しました。

あの後TPPについても少し情報を見ましたが、一番思ったことは、これらの政策はどこの国民をも幸せにするためのものではないんだな、というものでした。当たり前ですが、前回書いたように、本当に戦争をやりたい人が世界のほんのほんのほんの一部の人間だけであるように、TPPという制度は多分同じ範疇の人が世界を牛耳るための制度です。とてもとても末期的な症状だな、と感じます。

原発の問題が浮上したとき、あまりに多くの国民が洗脳されてきてしまっていた事実と対面して圧倒されそうだったこともありました。ですが、私たちはすべての人が幸せである方向へ向かう選択というものが可能であることを知っています。私ですら知っているこの真実がすべての人に理解されないはずがなく、またその幸せというものが個々の心に届かないはずがありません。

私たちはまず、自分の心に立ち返って、幸せというものを感じてみる必要があります。幸せというものは人間にとって普遍的な真理です。そしてそれは心を通してしか知ることができません。頭で考えても分析してもまったく理解できないものです。

心は恐れによって閉ざされます。ですから私たちは心の領域に立ち返り、恐れによって閉ざされたハートをそっと開いていかなくてはなりません。恐れはすべてこの3次元で五感から来る記憶から作られた幻想です。私たち人間という存在が、3次元を圧倒する無限から創られた存在だということ、その無限の創造力のエネルギーである愛によって生かされている存在だということを思い出すことで、恐れという棘を取り去ることができます。

ですから世界平和や環境問題の解決、またあらゆる社会問題、社会の仕組みに関する問題のすべても、ここ、つまりハートに立ち戻ることで変えていくことができます。このやり方は、後戻りのない最も着実で優しい近道です。

洗脳、コントロール支配というのは私たちの肉体レベルの記憶にある恐れを触発することで行われます。ですから、目覚めるには自己の恐れを愛によって洗い流すことが大切なのです。目覚めた人は周囲をさらに目覚めさせることができます。抽象的でも観念的でもない、原理による鉄則なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。