聖なる母からの愛

全国的に寒いお天気のようで、沖縄も澄んだ冬空の色をしています。とは言え、気温は23度まで上がり相変わらずすごしやすいこの頃です。

最近のマザーアースときたら、本当にすごいです。皆さんぜひマザーを瞑想してくだい。必要な浄化を促し強力に波動を引き上げてくれると思います。

やりたいものだけど、マザーを瞑想するってどういうこと、思われる方へ、今日は瞑想について書きます。

瞑想には絶対的に決まったやり方はない、と言われます。それは絶対に決まった祈りの方法がないのと同じです。

瞑想にもなになに法とかなになに瞑想ってありますが、それをしないとできないというものではありません。お祈りにも形式や文句がありますが、それじゃなきゃ神さまに届かないわけではありません。でももちろん、瞑想の目的はあります。

わが師であるパラマハンサ・ヨガナンダジは「瞑想は神をみつける方法」であり「神への愛を伝える方法」であると言います。また私は祈りは神への信頼を示し、委ねることへのコミットメントだと理解しています。ですからみなさん、遠慮せずに神にどんどん祈ってください。こんな願いしてはいけないとか、こんな祈りはだめなんじゃないかという心配は要りません。ただし、祈りはすべて届けられますので、そのお返事、つまり結果を「神からの贈り物」としてちゃんと受け入れるようにしてください。

神からの贈り物は往々にして、私たちの思考での予測を超えています。例えば私は仕事に出かけていくための靴をください、と願ったのに、サンダルでも出かけられる乗り物や、そもそも靴がいらない仕事そのものを与えられるというようなことが起こります。神の奇跡とはそういうものですので、それに気づくだけの心のスペースをあけておきたいものです。靴のほうに夢中になったり執着することなく、神のはからいに意識を開いておきましょう。信頼へとコミットしたのですから最後まで信頼を続けることです。

さて瞑想です。

瞑想は神に対して自分の心を向けることに始まりますが、私たちは神のことをよく知りません。神への通路の入り口はどこにあるかというと、私たちの心(意識)にあります。瞑想では、マインドを超えるとか、マインドを落とすとか言いますので、マインドに意識を向けてはいけないのかと思いがちですが、通過するにも落とすにも、そこを通過しないとどうにもなりません。

それで、多くの人が瞑想を始めるとなんだか嫌な感じを感じたりします。落ち着かないとか、嫌な記憶、気分を思い出す、などです。でも、そうだとすればその人は正しいところにいます。ですがこの時点で「なにかまずい方向へ向かっているぞ」と多くの人は判断し、瞑想を離れてしまいます。これは、ちょうど意識を奥へ掘り始めたところで、記憶の層で想念の岩盤にぶつかったことを示します。ここが潜在意識の領域です。ここを突破すると私たちはこの奥に座する普遍的な高次元の意識の層、つまり超意識(ハイヤーセルフなどの領域)、そして宇宙意識(神・愛の領域)へと進むことができます。

潜在意識の仕組みに気づいていったんお掃除を始めると、その領域は「「浄化」という方向へ流れ始めます。らせん状に上昇するなどと呼ばれる道筋です。自浄作用、身体で言えば自然治癒力のようなものです。これは何がしているかというと、内なる神がします。要は未消化、未浄化の想念を完全燃焼してしまうのです。これはプチ悟りです。気づきとはこれのことです。どのような体験にもその裏には神の光が神経細胞のようにいきわたっています。体験を完全燃焼してしまうとそこには神の光という骨組みだけが残ります。そうなると私たちはその体験を悟ることができます。そうならないうちは体験を昇華できませんから、何度も同じようなことを繰り返して反芻し、消化活動をするわけです。これがカルマです。

この潜在意識のお掃除を促して、その奥への風穴を開けて、さらにその奥への領域へと導き方向付けてくれるのが瞑想であり、祈りであり、ヒプノ(変性意識下で行う)ワークであり、エネルギーヒーリングです。あらゆるヒーリングの目的の多くはここにあります。

私たちが繋がるべきなのは超意識から奥の領域です。瞑想はそうあるべく自己をそこに開いていく行為です。ですがそれは自分がなにかを得るという目的で行うことではなく、「ただ(本来として)在る」ことなので、そこになにかを求めて望むと本来の目的からずれてしまうと言えます。それで、瞑想とは、というのを言葉にすると、あれでもなくこれでもなくそれでもない、というような表現になるのだと思います。でも、ヨガナンダジは「ただ純粋に無邪気に神を求めればいい」とおっしゃっていて、私も本当にそうんだんだなーと思っています。

ヒプノシス、エネルギーワークなどの仕組みを用いた成功哲学、自己啓発などが失敗(矛盾)するのは、ここを履き違えているからだと私は思います。こういったワークはもちろん自己のエネルギーの滞りをはずし円滑にしてくれますから調和的な成功は現実になります。ですが幻想世界(多くの人が現実と思っているこの世)の成功を追い求めた時点で私たちは現実世界(無限の神の源泉)から外れてしまいます。靴を求めたらとにかく靴を手に入れるだけが成功、と思い込むのがこのやり方です。さらに、成功哲学では潜在意識に刷り込むことに主眼を置いていますがそれは、お部屋を掃除することなしに家具を詰め込むようなものです。でも私たちはそんなことよりもこの人生ですべきことがあります。お部屋をきれいに掃除し、必要最小限のものを配置し、そこに神の光が差し込んでいることを感じることです。最小限というのは、貧乏であれということではなく、自分にとって本当に大切で必要なことをよく知ることです。あれがなければ幸せになれない、という生き方ではなく本当に自己を満たしてくれるものがちゃんと内側にあるということを実感する生き方をするということです。それにはがらくたは少ないほうがいいのです。気を紛らわすおもちゃがあちこちにころがっているよりも、ぴかぴかに磨かれた床や壁や澄んだ空間があれば、光がよく見えます。この光は無限の源泉ですから、その部屋に配置すべきものを誰よりもよく知っていてそれを現実化してくれます。現実化のワークに必要なのは、お掃除なのです。

マザーは今、お掃除強化月間を私たちに与え、集合的な意識の飛躍を助けてくれています。それはマザーの前進であり、マザーが私たちとともに進もうとする母なる愛の現れです。ですから今マザーを瞑想するのはとてもたやすいのです。

「聖なる母とその顕現である地球の魂よ、私を浄化し、あなたとともに私を前進させてください。あなたの愛に感謝します」
目を閉じ深呼吸してそう呼びかけてみてください。そして聖母からあなたへ戻ってくる愛を受け取るためにただ待っていてください。時間の許す限り、そうしていてください。応えは私たちの予測を超えるということをお忘れなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です