こころを見つめる 神を見つける

今日のの空は黄砂が多いみたいです。煙っています。
それでもプラーナはいっぱいに満ちています。
最近では金色の網目のオーラはキリスト意識と呼ばれているものなのでは、と
考えるようになりました。
網目のオーラは一説では第7層のオーラと言われていますが
人体に関係がなく充満しているものなので
オーラを生体エネルギーと捉えるとするなら
第7層って関係あるの?見えるのはまあありがたいけど・・
というような程度の存在なのではと思います。
私も金色の網目が見え始めて数年ですが、
とにかくとても高い次元の光だ、という風に思い
寄り添って感謝するに留まっていました。
なぜ次元が高いと思うかというと
深い瞑想に入り、内なる神と繋がるほどに
それははっきりくっきりと表れ
時にその網目がぎゅーーーっと凝縮されて大きな金色の塊になったり
それがいくつも表れてぐーっと迫ってくることがあり
そうしたときの神々しい、聖なるものに触れた感覚は例えようもないからです。
マスターやアバターの出現と同じような感じですが
私の目には金色の網目が毛糸だまのようにまるまったものに見えます。
体感もオーバーライティングと呼ばれている
重圧が乗っかっている感覚があります。(最近はあまり感じなくなりました。慣れたのかな)
それで家にいてリラックスしているときはほとんど
この網目とともに暮らしています。
壁と天井と床が白いので、黄色い網目模様がくっついているように見えます。
洗面台はしみがあるのかと思ってこすったことが何度かあります。
でも幸せです。
こんな風に暮らしていて少し前、
もしかしたら私は神と出会っているのかもしれない、と思いました。
ヨガナンダやダスカロスのいうエネルギーや宇宙の仕組みの中でいうなら
この網目の光はなんだろう、と思いました。
もしかしたらこれは、オーラの一部みたいなものではなくて
根源的なとても重要なものなんじゃないかな、よし、ではそう捉えてみよう、と思いました。
それまではこの網目がそんなにすごいものなら
なにかしらの働きかけがあるだろうというふうな感覚で捉えて待っていました。
でもそれはただそこにずっとあり
見え始めて以降は私がだいたいどんな状態であろうと
消えてしまうこともありませんでした。
これは実はすごいことを私に教えました。
私たちがどんな状態であろうと
それはそこにある、ということです。
当たり前に聞こえるかもしれませんが
今多くの方がスピリチュアルの教えを学ぶなかで
自分が招いた、引き寄せた、ということに罪悪感を強めている方が多いのです。
でも出来事が起こるたびに罪悪感を感じるなんて本当に本末転倒なことです。
ジャッジメントを手放す、なんて言葉で言うのは簡単ですが
ジャッジメントの連続だからこそ私たちは
(都合の)悪いことを常に恐れ(都合の)良いことだけを歓迎しようとします。
でも神と愛は、そんなこと気にしません。
私たちがばたばたとしている隣で待機してくれています(笑)。
でももしそこに待機している神に
手伝ってください、とお願いしたらどうでしょう。
神は私たちのばたばたをなしにしてくれるわけではないですが
私たちがのびのびとちからを発揮できるように助けてくれるはずです。
ばたばたを解きほぐして片付けやすいように整頓したり
(波長が上がると理解力が増します)
「起こっていることはすべて正しいんだ」という安心感を与えてくれます。
網目のお話に重ねますと
網目をただ眺めていても良かったのですが
それを神の愛(意志)だと私が意識することで
神に介入していただけるようになるのでは、とある日気づいたわけです。
それで、この光を通してヒーリングをお願いしてみると
これまでの何十倍どころではないパワーを感じました。
私はこの光を根源であってすべてである光だと認識しました。
レイキや瞑想を通して、ここにつれて来てもらったのだ、と感じました。
神とともにあると、日常の捉え方が変わります。
先ほども触れましたが多くの人が
正しい選択ができているか、ということを気にします。
過去の間違った選択によって、間違った場所にいるのではないだろうか、と恐れ
その結果今のような不幸があるのでは、という風に。
ですが、神の在り方をお手本にするなら
(この因果律の世界において)起こっていることはすべて正しい。
今からする選択も最善です。
その「信頼のこころ」の中で生きる人は「幸い」です。
そしてその信頼こそが私たちの「今」を作ります。
私たちの思考の理解の仕方とは違っていて
今この発しているエネルギーの質こそが今を形作っています。
ですから過去の因縁によって起こる出来事は起こりますが
それをどんな質感として捉えるかは自由なのです。
お釈迦さまは肉体としての人間は「生老病死」の苦を避けることができないと知り
だからこそどのような状態であれ人が幸せであることができる道を示しました。
病気にならないように努力する姿勢は大事でも
病気は敗北ではありません。
肉体は病気になりえます。
でも病気でも人は幸福でありえます。
本当は関係ないのです。
なぜなら私たちが苦に縛られた肉体という存在ではなく
霊(スピリット)という意識であるから、です。
意識こそが私であるという認識を私たちのこころが受け入れ教化されると
私たちは幸せでいることができます。
それは真実だから私たちを満たすのです。
網目が見えなくても
そうなんだな、と受け入れて生きることでそれを体験できます。
今日もすばらしい一日を。

“こころを見つめる 神を見つける” への7件の返信

  1. AZUさんこんにちは。
    最近、雲で覆われていても
    地球の裏側でも
    太陽はあるんだ、いつでもどんなときも
    太陽は同じ場所にあるんだ、
    とそんなことを思います。
    ですが、物事が思い通りにいかないとき、
    そんな風に「何があったって本質はいつも同じさ」
    とか考えて毅然としているのは
    難しいと感じる時があります。
    例えば転んでヒザをすりむいても、
    仲良しの友達となぜか疎遠になってしまっても
    それはそれ、幸せとはまた別の話、と
    颯爽としていられたら
    どんなにかいいだろう…と思います
    それって、真の強さであり優しさであり、
    気づきが消化されていくと そんな風になるので
    しょうか。
    またAZUさんはそんな状態でしょうか。

  2.  第7層クラウンチャクラからのオーラフィールドがそんな風に見え、日常で神との臨在の中で意識できる人は、なかなかいらっしゃらないように思われます。
     私自身、イメージワークによって意識を宇宙に飛ばす瞑想で一度、神的な存在に触れ一体化した経験があったのですが、同じような経験をしたチャネラーを自称する方にそのことを指摘されたことがあり、その出来事を意味付けた経験があります。
     常にそのパワフルな存在とともに日常を経験できるなら、過去に囚われず、すべてを新しい経験としていけるのでしょうね。
     何だか希望を与えられるブログ記事で、仕事仕事していないところが非常に安心して閲覧させてもらっています。信者、ファンになってもらわないと生きてゆけない雰囲気を強烈に発信し続ける指導者に疲れたことがあり、これから新たな学びと経験をしていくことを許そうと思えました。ありがとうございます。

  3. peonyさん
    >AZUさんこんにちは。

    >最近、雲で覆われていても
    >地球の裏側でも
    >太陽はあるんだ、いつでもどんなときも
    >太陽は同じ場所にあるんだ、
    >とそんなことを思います。

    >ですが、物事が思い通りにいかないとき、
    >そんな風に「何があったって本質はいつも同じさ」
    >とか考えて毅然としているのは
    >難しいと感じる時があります。

    >例えば転んでヒザをすりむいても、
    >仲良しの友達となぜか疎遠になってしまっても
    >それはそれ、幸せとはまた別の話、と
    >颯爽としていられたら
    >どんなにかいいだろう…と思います
    >それって、真の強さであり優しさであり、
    >気づきが消化されていくと そんな風になるので
    >しょうか。

    >またAZUさんはそんな状態でしょうか。

  4. >peonyさん
    >—–
    >こんにちは。メッセージありがとうございます。
    >そうですね、お天気のことだったら受け入れられても友達とかからだの痛みになると心だって体だって硬くなったり縮こまったりしやすいですよね。でも、土砂降りの日にお日さまのぽかぽかをイメージできるのでしたらきっと、大丈夫^^他のこともそうなるのでは、と思います。
    >実際は本当に同じことです。
    >ヒザが痛くて大泣きしてもいいんですよ。疎遠になって寂しくて泣いてもいいんです。それからその泣いている自分を思い切りゆるしてあげるのがコツなんです。そうやって「ゆるされる体験」を積むと人は強く優しくなります。ゆるされる体験は愛と癒しそのものなので、やがては最初からゆるされているのだと「知っている」状態が普通になります。そこには真の安心があるのでいろんなことに揺さぶられなくなるんですね。私はわりかしそういう状態です。泣いたり笑ったり怒ったりしても「ああしあわせ」というところにすぐ戻っちゃう感じです^^

  5. Shouさん
    > 第7層クラウンチャクラからのオーラフィールドがそんな風に見え、日常で神との臨在の中で意識できる人は、なかなかいらっしゃらないように思われます。
    > 私自身、イメージワークによって意識を宇宙に飛ばす瞑想で一度、神的な存在に触れ一体化した経験があったのですが、同じような経験をしたチャネラーを自称する方にそのことを指摘されたことがあり、その出来事を意味付けた経験があります。

    > 常にそのパワフルな存在とともに日常を経験できるなら、過去に囚われず、すべてを新しい経験としていけるのでしょうね。

    > 何だか希望を与えられるブログ記事で、仕事仕事していないところが非常に安心して閲覧させてもらっています。信者、ファンになってもらわないと生きてゆけない雰囲気を強烈に発信し続ける指導者に疲れたことがあり、これから新たな学びと経験をしていくことを許そうと思えました。ありがとうございます。

  6. 私も先生と同様金色の網目がクリアーに常時見えるように成り、最近では太極拳やヨーガの瞑想を行うと段々とまぶしい光が見えるように成りました。以前より空を見上げると銀色の軽い羽のような光がみえていましたが、これが金色の網目〈私は金色の鎖の
    格子状)になってきていまこの光に集中し自己暗示で数秒でセルフヒーリングと深い瞑想に入れます。人との出会いに感謝します

  7. satosikojyaさん
    >私も先生と同様金色の網目がクリアーに常時見えるように成り、最近では太極拳やヨーガの瞑想を行うと段々とまぶしい光が見えるように成りました。以前より空を見上げると銀色の軽い羽のような光がみえていましたが、これが金色の網目〈私は金色の鎖の
    >格子状)になってきていまこの光に集中し自己暗示で数秒でセルフヒーリングと深い瞑想に入れます。人との出会いに感謝します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です