癒されるとどうなるのか

私は長い年月を経て
癒しとは赦しだと思うようになりました。
潜在意識のワークは赦すことを奇跡的に助けてくれます。
しばらく前にお電話でお問い合わせをいただき
こんなやり取りがありました。
「これまで良さそうなことはなんでもさんざんやりました。
だから潜在意識の仕組みや催眠、瞑想なんかもやりましたし知ってます。
だけど、変わったと思えないのです。」
知識の力から行えるのは整理整頓、理解、意思決定などです。
でも恐らくこの方は心の中になかなか平和が訪れないのだと思います。
癒しによる変化というのは
心に平和があり、満ち足りており、スペース(余裕)があり、信頼がある
という風に自己の内面が変わることです。
この状態を一言で言うなら「愛」という状態と言えます。
人間は結局のところ、心の奥がこういった状態でない限り
決して落ち着くことはありません。
そして、なにかを見つけるために、得るために、奔走することになります。
でもそのなにかがなんなのか、また本当に必要なものなのかどうか、
多くの人がわかっていません。
そのことに気づくのに私も人生の多くの時間を費やしました。
みなさんは赦しというものをどんな風に捉えていらっしゃるでしょう。
心に平安がある、ということをどんなことだと感じてらっしゃるでしょう。
過去を赦すと、その出来事を詳細に思い出してみても痛みを感じません。
出来事がただの出来事になります。
完全に痛みを消し去ることができるのです。
それこそが赦しであり赦せた状態なのです。
多くの人はもうあの時(人)のことは許した、と思っても
その時のことを思い出したり話していると
やっぱり胸が痛んだり苦しかったりするのではないでしょうか。
もう会わなければいいんだ、考えなければいいんだとか、時間が解決する、と
よく世間では言われていますが
実際は無意識なだけで、癒されない痛みや苦しみは
潜在意識という時空を超えた心のポケットにしっかりと保存されていて
似たようなシチュエーションや出来事をきっかけにうずきます。
癒し=赦しは、この痛みの根を消し去ります。
ですから、それに付随して起こっていた痛みは人生から消えてしまいますし
その出来事の原因となった人や出来事は
無罪放免、その罪が完全に許されることになります。
逆に言えば、その相手をどうしても許すべきではない、と思っている間は
いくらどんな方法を使ったとしても心が癒されることは難しいのです。
自分が許してしまったら、世界の秩序はどうなるんだ、と感じる人は
自分が裁かなければ、ジャッジメントしなければ、という思いに駆られています。
そういう人は知らず知らずに自分を被害者の立場へ追いやり
被害者でいることによって世界の秩序を守ろうとしているので
なかなか自分自身の幸せに意識が向かいません。
赦しは自分の幸せのために行うことです。
自分の幸せに積極的に努力をすることは
周囲を幸せにし、世界を愛で満たすことと同じです。
また赦すことは自らが内なる神とともにあることと同じです。
神が正しいのは、裁くからではなく、赦すからです。
痛みが消えるとそこには光しかないのです。
平安とはこのことであり、
私自身がこの世で体験した最も大きな奇跡はこのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。