迷妄を斬る

痛み、苦しみ、という感覚を実際に感じているとき
それは幻想ですよ、と言われても信じることは難しい。
痛いとまで言わなくても
心や頭にもやもやを感じたり、重たいと感じることは
ほとんどの人が体験していると思う。 
 
それが「あなたの考えからきている」
つまり原因はあなたの思考を信じることで起こっていますと言われたら
多くの人はかちんとくるとか心をぎゅっと閉ざすとか、
つまり防衛的な反応を示すだろう。
この防衛的な反応は何かを恐れる時に起こる。
動物的な本能の反応で
敵が来た、という認識だ。
自己を守らなければ危害を被るぞ、という警笛だ。
幼少のころに周囲から傷つけられたり
思うようにならないことから恐れを感じたり(思うようにならないのが普通だ)した記憶から
人間は自己を守ろうとして
いろいろな防御の仕方を身につける。
幼少のトラウマというけれど
トラウマ自体というよりも
そのトラウマに対する自己防衛の方法が無意識に習慣化して身についていることが
実は心を苦しめたり何か見えない枷となって
自由になることを妨げ
同じ過ちを繰り返させたり堂々巡りのジレンマにはめている。
出来事に対する反応や対処法が習慣化されているので
同じような道順をたどったり同様の結果を導き出すのだが
その時人はさらに恐怖を感じる。
努力しているし毎回理論的に冷静に考えているはずなのに
どうしても思わしい結果へといたらない。
その努力が自分を幸せな結末へと導いてくれないと感じる。
あまりにそういうことが続くと
私は不幸の星の元に生まれたんだ、とか
のろわれているんじゃないか、とか
悪霊のせいじゃないか、とか
前世でよほど悪いことをした罰じゃないか、とか
神さまに見捨てられたんじゃないか、とかいう風に感じるかもしれない。
(私はすべて感じたことがあります)
つまり、自分より強い何かが自分をコントロールしていて
自分ではどうにもならないに違いない、と考えているわけです。
多くの人が恐れや痛みを感じた時に
瞬時にその理由(ストーリー)を考えます。
まじめで平和的な解決を望む人ほどその傾向が強いのですが
その理由探しの追求は留まるところを知りません。
そして自分がこうなっていることを納得するために
あらゆる知識を使ってそのストーリを膨らませます。
私は過去世セラピーを行っていますが
それを希望して来られる方の中にも
今の私がこうなっている(苦しんでいる・葛藤している・思うようにならない・
夫を愛せない・子供を愛せない・自己実現できない・親とうまくいかない・
対人関係がうまく行かない・人に心を開けない・恋愛ができない・続かない・結婚できない・
結婚したのにしあわせでない・天職・使命がみつからない)のは
前世で決められた何かがそうさせているに違いないから
あるいは前世の記憶が思い出せないためだから
それを知りたいとおっしゃる方がみえます。
例えば、自分の夫がソウルメイトじゃないから
自分は幸せになれないのでは?
私はこんな生活の中で苦しんでいないで
ソウルメイトを探すべきなのでは?というような期待を持って。
だけど、その考えは見当違いだと言わざるをえません。
そんなシンデレラ的ストーリーを信じて行わなくても
あなたは幸せになれるし
その考えを信じることがあなたを不安にさせ、
あるいは不幸だと思い込ませているとも言える。
話が前世に及ばなくても
例えばスーパーのレジで無愛想にされて気分が悪ければ
今日はついていないとか
これは私への罰だとか警告だとか何かの前兆だとかのストーリーを作る。
不当な扱いを受けたことへの冷静な苦情を考えるかもしれないし
非難されたように罪悪感を感じてさらに理不尽な怒りを増幅させるかもしれない。
この物理次元の世の出来事は因果律(原因と結果の法則)が原理なので
もちろん今すべてがこうであるには原因がありますが
私たちのたったいくばくかのストーリーなんかでは説明がつかないほど
あらゆる因を持って果をなしています。
ですがその法則は私たちがあたまで作り上げるストーリーよりも
ずっと科学的というか数学的というか、シンプルです。
化学反応みたいなものです。
とにかく今、ここ、これが、結果としての現象です。
感覚の生き物である私たちは
そのシンプルな現象に対して快・不快を分け、敵・味方を分け
そこに良し悪しの評価を下し、さらにその正当な理由をくっつけます。
今ちまたで流行っているスピ、とか引き寄せ、というやつの中の
ポジティブ信仰もこの領域を出ていないものがほとんどではないかと感じています。
実際はこの世にあるものの一側面をポジティブと呼び
そのうらっかわにある部分をネガティブと呼んでいるだけです。
もとは一個の個体を二極に分けて対照的に分析しているだけなので
そのどちらも単なる特性です。
それをさらにある視点から見れば好都合で、ある側面から不都合だということ。
人間が成熟した見識を持つには
この両面もしくは全体性を率直に見ることができる必要があります。
ポジティブ信仰も本来は通過儀礼に過ぎないものです。
人間は感情や思考を持ちながら
長いことサバイバルの歴史を歩んできた悲しい動物であるがゆえに
私たちの記憶の中ではネガティブと言われるような痛みのほうがとてもリアルです。
それでバランスするためにはポジティブなほうにフォーカスしてみるのは
一つの方法だと思います。
でも、それはバランスするための一つの方法です。
ああ、いい側面もあるじゃない、というだけのことです。
だからと言って、好ましい側面だけを求めるのは執着であり苦しみをもたらす行為です。
でも両側面、あるいは全体像が見え始めると
これまでこわいと思い込んでいたこと、不快で望ましくないと思い込んでいたことが
単なる自分の中の信念だったということがわかり始めます。
つまり投影です。
その投影にはそれを映し出すための映写機があり
その映写機から出ているのはすべて光なのです。
その映写機は、私たちの内側にあり、外にあるのはスクリーンだけです。
スクリーンに映る幻影をに気をとられていると
まるでそこに、光と闇が実在しているように見えます。
陰影によって像が映し出されているから当然そう見えますし
そのスクリーンでは終始、あなたの頭が作り出したストーリーが
上映されているという仕組みです。
そのスクリーンの幻影を見て一喜一憂したり
評価したり
それを見て苦しみや痛みを感じたり
光と闇が存在していたり
正義と悪が出てきたり
それと戦っている気になったり
私たちはしてます。
でもそんなことをしても真実には出会えませんし
平安になれるはずもありません。
写し出されるストーリーを変えたいなら
映写機のほうに戻って、つまり意識の内面に戻って
フィルムを取り替えたり
あるいは実在はその光だけなのだということを理解する必要があります。
ポジティブ信仰している人の多くは
そのスクリーンの幻影を見て、
いつかこれが光だけになるのだと思い込もうとしているけれど
その時にはそのストーリーは映し出されることはなくなります。
真っ白、以上です。
そんなことを待つことなく
映写機のことを思い出すことが
愛の天国に還るということです。
愛の天国に戻り、そこから自在に美しい幻影を映せばいい。
それにはレンズの曇りを除くことです。思い込みという曇りを。
思い込みのストーリーの中から自分で出ると決めると
私たちはすぐにそこから出ることができます。
それには理由は要りません。
でもそのストーリーはあまりにリアルで
またどうしてもそこから逃げるなんて不可能だと私たちに思わせます。
でも逃げるわけではないのです。
ただ、真実を理解し気づくだけでいいのです。
真実に気づくと、人はそれ以下の嘘にはもう魅力を感じなくなるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。